2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

舞台版「オペラ座の怪人」

私は日頃、あまりファンブログを見て回らないのですが(公式の情報を追うので精一杯)、こちらのブログは毎回更新を楽しみにしています。

イケメン用クリスタルを募集@∞

アニメネタやネットスラングがふんだんに出てきますが、意味がわからないものでもなぜか面白い。

中にこんな記事がありました。

「羽生結弦のオペラ座の怪人は凄いらしい。」羽生結弦氏が今季フリー曲を発表、狂気の沙汰としか思えない構成でまたしてもパリを焼き尽くすようです。

タイトルなげ~よ(笑) ←ゆづ風に

記事内容も面白くてクスッと笑ってしまうところが何か所もあるんですが、こちらで紹介されていたのがこれ、舞台版「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」 [Blu-ray]




レンタルで借りようとしたんですが、地元の店に置いてない。
で、TSUTAYAのネット宅配レンタルを利用しました。

ツタヤ ディスカス

無料お試しで、映画版サントラCDも一緒に借りました。
Amazonで試聴ができますよ。





「イケメン用クリスタルを募集@∞」さんの記事では、「これオススメです。映画よりこっちを鬼推しします!」と強くプッシュされていました。

推薦の理由は記事を読んでいただくとして、見てみて確かによかったですよ。

私は最初に映画版から入って、その印象が強烈にインプットされてしまったので、どちらかと言われたら、やはり映画版の方に軍配を上げるんですが(舞台を映像化するというのはどうしても野暮は免れないというのもあり)、登場人物の心情は舞台版の方がより伝わってきたような気もします。

とはいえ、映画を先に見ていて下準備ができてから舞台版を見たからっていうのもあるのかな~。ちょっとわかりません。

でもね、フィナーレのサプライズ、これはとってもお得です。これだけでも見る価値あり。

ゆづの2季前の「ノートルダム・ド・パリ」はあらすじしか知らずに終わったので、今度の「オペラ座の怪人」はしっかりと登場人物の心の動きやストーリーを頭に入れた上で演技を楽しみたいです。


ゆづが言った「僕なりのファントム」
どんなファントムなんでしょうね。彼はあっけらかんとした単純なキャラよりも、ダークなところのある陰影の濃いキャラを演じた方がハマるような気がします。

衣装も楽しみ。
初お披露目のフィン杯はもう来月ですよ。ワクワクしますね。

8月のあれやこれやで技術の勉強をしそびれたので、これから急いでスピンの勉強をすることにします。

自分用メモ
スピン表記の見方とか各種規定、レベル要件などパッと見で分かるようまとめてみた

助かる~! 助かります。フィギュア詳しい人はぜひこんなふうに初心者のレベルアップにご協力を。
ジャンプの見分けまではみんなできるようになるんだよ。その後ですよね。挫折しちゃうの。

そうそう、J Sportsでは9月から2014年6大会を振り返りや宮本賢二さんの新番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」も始まります。
この機会にぜひ!

J Sports

[ 2014/09/03 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(6)

娘スケオタ化計画、失敗

滋賀県立アイスアリーナで、フィギュアスケートのサマーカップという大会をやっている。

まさに今、この時間!

サマーカップ 2014 フィギュアスケート競技会
2014年 8月8日(金) ~ 8月10日(日)
(日程は昨日からになってるけど、試合は今日と明日の2日間みたい)

滋賀県スケート連盟
スケジュール(PDF注意)
エントリー、SP滑走順(PDF注意)

下は中学生以下から上はシニア(だよね?)まで。
選手権:男子3名、女子19名
ジュニア選手権:男子6名 女子(中学生以下)23名 女子(高校生以上)29名

女子の競技人口多いな~。

シニア男子には田中刑事選手がいるし。
ジュニア男子には山隈太一朗選手や友野一希選手がいるし。

土曜は8:00~18:35、日曜は8:00~20:05と長丁場だから全部は見られないけど、できるだけたくさんの選手の演技を見たい。技術はまだまだでも、中学生以下の選手の演技も。

観戦料金はタダだし。
ジャッジ席の後ろで、じっくり演技を見られる!
技術の勉強にもってこい。
もしかしたら、ジャッジの方とお話できるかも!?

さらに、フィギュアに無関心な娘も、「タダなら行ってもいい」←何様
と、のたまうので、これは娘スケオタ化計画を実行するチャ~ンス!

泊るのは実家があるし。母親に孫の顔見せて親孝行もできるし一石二鳥。



と思ったんだけど・・・。


競技は予定通り開始したものの、滋賀は豪雨と強風らしく、高速道路を走るのも不安があるし、明日帰って来れないと困るので泣く泣く諦めた。


台風めぇえ~~~~~~~~!!!!!

なにもこのタイミングで直撃しなくても・(つд`。)・。

なかなか間近で演技を見られる機会なんてないもんなあ。ううう、返す返すも残念無念。

来年行くか…。

今日はおとなしく家で志村どうぶつ園と炎の体育会とTOI見るか…。

うう。゚+(。ノдヽ。)゚+。 ←諦めきれない

【8/10追記】
10日の競技は中止になったと滋賀県スケート連盟のHPに告知があった。

>大津市及び草津市に大雨、洪水、暴風警報が発令された為、
> 安全を優先し競技開催を中止致します。

直撃だもんな。
選手や関係者の皆さんは現地に宿泊している人もいるんだろうか。
無事に帰宅できますように。

SPのみ行って中止というのもなかなかないことだなあ。

[ 2014/08/09 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(4)

今季FS「オペラ座の怪人」

ついにゆづの今季FSが解禁!

トロントで7日(日本時間8日未明)、報道陣に練習を公開。

時事ドットコムの記事より(>~<部分を引用)。

フリー4回転3度に挑戦=羽生の新プログラム-フィギュア男子

>フリーのプログラムに選んだのは中学時代から憧れていたという「オペラ座の怪人」。前半にサルコー、トーループの4回転、後半に4回転コンビネーションを組み入れ、昨シーズン以上に難易度の高い構成に挑み、「今年の自分は、今年の自分で勝ちにいく」と、金メダリストとしての気概を示した。<

「オペラ座の怪人」、しかもボーカル入り!
3季4季連続で悲恋ものですよ(オペラ座も一種の悲恋ってことでいいの?)。ヒロインに屈折した愛情を抱く男が・・・って設定はダムパリに似たところがあるのかな。
恋愛経験初心者マーク(おそらく(笑))の彼にはハードル高い物語では(^^;)

今季はちょっとストーリー性のあるものから離れて、今までのFSとはガラッと違うタイプのものをやってほしかった気もするけど、それでもすごく楽しみ。

衣装はぜひぜひ、黒をメインにしたクールなもので! ぜひ!!
ジョニーにはちょっとあっちを向いててもらって(笑)、あっこちゃんにアドバイスもらうとか。

ツイッターで「右半分がファントムで左半分がクリスティーヌとかはやめてね」とか「ラッキーカラーのピンクとグリーンはこの際やめとこうか」みたいなつぶやきがあったけど、激しく同意(笑)

8日(金)に放送された番組の動画を紹介してくれている人がいたのでツイを貼ります。



気になるジャンプの構成はこちら。



映ってた4Sの回転速度がものすごく速かった。さらに進化してない?

番組によって映ってるジャンプが違ってて、後半のクワドコンボは4T-3Tなのか4T-2Tなのか4T-2T(両手タノ)なのか? とか、仙台の「てれまさむね」だけに映ってた3A-1Lo-3Sは本番でもやるのかどうか? とか、いろいろと不思議な点が。

まだ振付が確定してないんだろうか?
3A-1Lo-3Sはぜひやってほしいな。試合で見たい!
(やるよねきっと。「てれまさむね」しか映してなかったのは、他局がこの技のすごさに気づいてなかったからだけかも)


エブリでは「後半の4回転ジャンプのコンビネーションを公式戦で成功させた選手はいない」とのことだったけど、こちらの方によるとハビがリカバリで成功させているとか。恐るべしハビエル。



しかし、こういうデータをさらっと出してこれるあたり、スケオタのみなさんすごい。


ところで、テレビ朝日の「ワイドスクランブル」で注目していたのは、クワド3本でも後半クワドコンボでもプログラムが更にとんでもない鬼畜構成になっていたことでもなく、「公式戦で跳べば世界初の4回転ループを跳んだ!」ということだった。

4Lo跳んだのはこれが初めてじゃないから。
ショーのフィナーレで何度も跳んでるから。
本邦初公開みたいに、そこだけ取り上げることじゃないってば。

しかも、いくら練習で跳べても今季は公式戦ではいれないのが確定してるってのに。

ほんとに世界初とか世界一とかの言葉に弱いよね。

マスコミの、そこじゃなくてこっち! っていうイライラモヤモヤ感は相変わらずだなあ。
いやしくもGPSを独占放送する局なら、もう少しフィギュアスケートという競技を知っててほしいと思った次第。


私がゆづの今季FS初公開のニュースを知ったのは、会社の休憩時間にスマホいじってた時だったんだけども、クワド3本、うち1本は後半コンボで、さらに後半3A2本と聞いた瞬間、思わず笑いが出てしまった。

なんという爽快感。

まるで、ゆづが暗く垂れこめる雲をカーンとかっ飛ばして、その上に広がる青い空を見せてくれたようで。
その空の高みに、上だけを目指して駆けてゆく彼の姿が目に浮かんだ。

彼はいつでもワクワクさせてくれる。

アスリートはこうでなくっちゃ!

[ 2014/08/09 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(2)

「覚醒の時」1回目

この中二病全開なタイトル、誰がつけたんですか?(´д`ι)

家族がいない休日、ようやく見ることができた羽生結弦の初ブルーレイ「覚醒の時」。
正味2時間30分ほど。見応えあった。

最初は収録しない予定だったニースロミジュリがファンの要望で急遽入ることになってよかったな~。

あのロミジュリを入れない予定だったなんて、どんだけ無知なのポニーキャニオン&フジテレビ。
(「シングシングシング」のカメラアングルが残念なのも困ったもんだけど)

しかし、発売が2か月延びた間に金メダルパレードも入ったし、ボーナストラックが他にもいろいろ充実したみたいで、待った甲斐があったよ。

1回見ただけだけど、印象に残った点を二つ。

その1
ゆづの小1の時の演技がちょこっと収録されていること。

映っている部分のエレメンツは、ジャンプが1Lz、1Lo、スピンはキャメル1回転→シットフォワード4回転→足換え後3回転でした。

これってスケート始めて2年の小1としてはレベル的にどうなのかな?
素人目にはシングルといえどルッツ跳べるのとスピンで足換えが出来るのがすごいんじゃない? と思ったけど。


その2
2011年全日本SP「悲愴」

4Tが途中で開いて3Tになるミス。

演技後のインタビューで「ああなったら基本的に曲を通さないっていうのが自分の中の練習の仕方だったので、(ミスをして)はっきり言って緊張はしましたけど、それでも(演技を最後まで)出来たので、またこういったパターンも頭の中に入れておかないとなというふうに思っています」と言ってた。

最初のジャンプをミスしても最後まで通して練習するというやり方をパトリックから学んだのは、昨シーズンのエリボン杯だった。

それまではミスしたらそこで中断というやり方をしていたわけで、このインタビュー当時からそうだったことがうかがえる。


他に印象深かったのは、ジュニアの頃から繊細で美しい演技をしていたんだなあってこと。

特にスピンが美しい。軸がまったくブレないし速い。
ジャンプばかりが注目されるけど、本来彼はスピンの美しさと表現力が注目されていた選手なんだよね。

これからもスケーターとしての成長を見ていきたい。

また違った切り口での第二弾が発売されないかな。

[ 2014/07/21 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(8)

バランス感覚と自浄作用

12日にアップした「スケーターとつながるということ」をたくさんの方に読んでいただけて、びっくりするやら嬉しいやら。

ありがとうございます。

フォロワーを多数抱える方や読者数の多いブロガーさんに紹介していただいたのが大きかったようで、辺境のこのブログに、13日と14日だけでも通常の10倍のアクセスが。

TLに紹介ツイが何度か流れていくさまは、まことにこそばゆいものがありましたですよ。

なんか過分なお褒めの言葉もいただいてるし(・∀・;)

お~い、買いかぶり過ぎですよ~。ブログ主はアンチ憎しでダークサイドに片足つっこんだこともあるようなやつですよ~。

特別なことを書いたとは思ってません。
きっとみんなの胸の中にモヤモヤと膨れ上がっていた想いが爆発寸前になっていたのと、私がそれを文章にしたタイミングが合っただけなんでしょう。

それより、肝心のナムくんの言葉を勘違いしたまま記事に起こしてしまったので、改めて訂正します(記事は訂正済み)。

ナムくんが1000RT達成時にやると言っていたのは、ゆづの画像アップではなく、ゆづにツイッターかインスタグラムのアカウントを取らせるということでした。

全然違いますがな。

すみません。
ちらっと見て早とちりしてしまった(´;ω;`) ←英文科卒

教えてくださった方、ありがとうございます。


きっとスケーターはみんなアカウント持ってるから、ゆづも取れよ取れよって言われてるんだろうな。

取らない方がいいと思うよ。
激励ももらえるだろうけど、粘着されてとことん攻撃されるだろうから。
そんなものに無駄なエネルギー使わないでほしい。

嫌いな選手に常軌を逸した形で憎悪の念を向ける、攻撃するという気持ちが私にはさっぱりわからない。
わかりたくもないけど。
その前に嫌いな選手っていないわ。アンチさんのせいで扱いに困る選手はいるけど(下手に記事に名前を出すと呼び寄せるから)(笑)

あ、そういや、ゆづの目つき悪い世界王者コラ画像についての記事(「最近、へぇ~と思ったこと」)のURLがアンチさんによって某掲示板に貼られてた。

やっぱりあのコラはアンチさんの仕業だったんだな。海外の羽生ファンにまで喜ばれて、作った甲斐がありましたね。

他の記事も紹介されてたことがあり、以前からちょくちょく訪問いただいているようだけど、アンチさんのお相手してるほど暇じゃないし、その義理もないので、どうぞお引き取りくださいね( ´∀`)
ログは記念にとっておきますねー。


さて、「スケーターとつながるということ」の話に戻ると、コメントをいくつかとメールをいただいた。

無断でカメラを向けることに抵抗を感じる、ということに共感されている方が多かった。

出待ちは競技前はNGでも、ショーはある程度仕方ないのではというご意見もあった。

アンチに叩かれ過ぎて、委縮してしまっている人がいるという話もあった。

うちの記事に関係なく、ツイッターでたまたま見かけた意見では、ネタTシャツも楽しいけど、殺到するようになったらスケーターたちが困るからほどほどにしといた方がいいのでは・・・というのや、ゆづの使っている私物を次々に特定してしまうことが、エスカレートしてストーカーみたいになってしまわないかという危惧もあった。

一理あると思う。

ショーのレポツイなどを肴に、リアルタイムでファン同士が盛り上がれるツイッターでは、誰かが回した面白ネタをRTで回しているうちに、どんどんエスカレートしていくことがある。

特に日本人は同調圧力が強いので、ネットだと余計にワッと同じ方向に押し寄せてしまう。

そういうときに、ちょっと立ち止まって考えようよと冷静になることを諭すツイがあると、熱くなっていた頭がフッと冷める。

同じひとつのことについても、「これくらいは許容範囲では」、「いやそれはやりすぎでしょう」、「いやいや、むしろもっと突き抜けたっていいんじゃないの」というように、いろんな意見があることで、かえってうまくバランスが取れてほどほどのところに落ち着くんじゃないだろうか。


だから、みんなして一気に一方へ押し寄せてるときに、頭を冷やそうよっていう意見がポンと投げ込まれるのって、その集団が健全に機能しているってことなんだよね。

こういう自浄作用が働いている限り、私たちはよきフィギュアスケートファンでいられるだろう。


【追記】
(こういうマナーが絶対正しいからみんな従えとか、お互いに監視し合って他人のマナーを批判し合うようなピリピリした状態がいいと言っているのではないですよ念のため。)


だから、自浄作用のない人たちっていうのは、スケーターにとって困ったファンなんだよな。

今回のことで、フォロワー数や読者数の多い人の影響力を実感したけど、自分がそれだけの人に支持されているということを、ちゃんと良識を持って受け止められる人はいいけど、逆に誤った方向への自信に変えちゃう人は困ったものだ。

捏造した情報をさも真実であるかのように使い、嫌いな選手を毎日のようにねちねち叩いたり、陰謀論を展開したり。

どんな酷いことも平気で言えるのは、何を言ってもお仲間から注意されないどころか、フォローも外されないからだよね。ランキングが急降下しないからだよね。

結局はそういう人たちってみんな同類なんだと思う。自分では直接悪口を言わなくても、中傷するような悪質な人をフォローすることで(読者になることで)、支持していますよという意思表示を与えている時点で同類でしょう。

悪質な人とつながってない良識派の人たちも、気にしているのは彼女らが暴れることで贔屓選手の名前に傷がつかないかということと、自分たちの評判だけなんだよね。
叩かれている選手やそのファンの心の傷には無頓着。こういう人たちも所詮は同類だと思う。

最近ようやく、スケーターを攻撃する人たちの言動に対して声を上げ始める人が増えてきた。これは喜ばしいことだ。
イヤなことは見ないでスルーというのも場合によりけりで、言うべきときにはNOと言わないと。
私はそう思う。

***

ご意見のある方はできるだけ公開コメントでお願いします。
その際、差しさわりのある部分は伏字で結構です(爆弾投下しろという意味ではない(笑))。
内緒コメに返事を書くのって、どのあたりまで相手の書いたことを明かしても大丈夫か結構気を遣うので。

といっても別にコメ募集しているわけじゃないですよ(^^;)

ここんとこフィギュアファンのマナー啓発ブログみたいになってきたので、次は違う記事書きま~す♪
[ 2014/07/21 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(8)