2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

イナズマロックフェス2010レポート(19日)その1

2日目、今日もゆるキャラまつりを見て、11時半頃に昼食。コラボの雷神そばを食べたかったが並んでるので断念。娘は食欲がないと言ってイナズマポテト(螺旋状にポテトが串に刺してある)を、私は焼きそばを食べる。ブロック別の待機場所には立ったり座ったりして並んでいる人がいたが、私たちはイートエリアの日陰で体力温存。

2日目も開場が大幅に遅れ、12時をだいぶ過ぎて入場。B2ブロックの400番台。なるべく前へ。2列目に入れて昨日よりよく見える。ステージではFM福井のホリケンさんがトーク。この人好きなんだよな~。そういや昨日は井上麻子さん(滋賀出身)が出てたっけ。

A2ブロックの後方にいる水着姿の女性たちにホリケンさんがツッコむ。そうそう、初めて見たときはびっくりしたわ。娘いわく、ライブで水着の人ってけっこういるらしいね。私の価値観ではアウトだけど(^^;) オレンジは貴教の好きな色だってんで、全身オレンジのファンが何人も。去年も今年も確かかぶりつきの位置にいた目立つオレンジ二人組の女性はVIPファンなんでしょうか? 終わってから子供連れのお母さんに頼まれて子供と一緒に記念撮影してて、もはや芸能人なみだったな。

オープニングアクトはジン。ジンって誰さ? と思ったけど、終わってから「大将ありがとう」とボーカルの女性が言ってたので、貴教が親しくしてるのかな。4人組のバンドでした。すごく熱いステージだったんだけど、ちょっと私の好みとは違うかな~。

さて、オープニングは草津市の橋川市長。「去年は名乗るのを忘れてましたんで」と、しっかり名乗ってはりました。今回もイナズマTシャツの上に着たジャケットをがばっと脱いでみせるパフォーマンス。さらにそのジャケを上に放り投げて受け止めるという(失敗してたけど)進化したパフォを!(笑) 相変わらずお茶目な市長さんでした。

さあてしょっぱなのアーティストは土屋アンナ。実を言うとauのCMでしか知らんし、あまりいいイメージじゃなかった。けど、ライブ終わってみると好感持ってしまった。「auのCM知ってる?」と、しっかりCMソングを歌って盛り上がった。

子供2人もいると思えないほどスタイルよかったな。体に刺青してたけど、あれホンモノだよね? ペイントとかシールじゃないんだよね? わわわ;

アンナの次はハロー・キティ。なぜにキティちゃん?? サンリオピューロランドからのお越しだったけど、なんでキティちゃんが絡むんだろうという疑問が観客の頭の中に渦巻く中、歌を2曲披露。1曲目はオリジナルらしいけど、2曲目は「君の瞳に恋してる」のカバーだった。かわいらしい声だったよ。誰が出してるのか知らんけどw
こんな感じでした→キティちゃん

次は「トイレの神様」植村花菜。ロックフェスなのに思い切りアコースティック! ってことで、話題の「トイレの神様」、炎天下に10分近くも辛気臭い歌を聴かされるのは正直カンベンと思ってたんだけど(まあTPOってあるじゃないですか。いくら名曲でも時と場所によっては聴く気になれないってこともあると思うのよ)。

その点、雲が垂れ込めてきて、風も吹いてちょっとは涼しくなってきたのでラッキーだった。かわいい人で声も澄んでよく通ってきれいだったんだけど、やっぱりロックフェスの会場にはそぐわなかったかな~。屋内のライブ会場でじっくり聴きたい感じのアーティストですね。「トイレの神様」はセオリー通りの歌というか、ああやっぱりおばあちゃん最後には亡くなっちゃうのねと醒めた気持ちで聴いてしまった。ライブで聴いて涙する人もいるらしいけど、私はそんなにいいとは思わなかったな。

でも、バラエティ豊かなのがイナズマのいいところ。ふだんは聴かない歌、触れないアーティストに触れられるのもイナズマの醍醐味だよね。

次のアーティストをつなぐ芸人はTKO。メガネかけて鶴瓶のマネしたりとおなじみのネタなんだけど、やっぱり売れてるだけあってネタが安定してる。

芸人はさらっと流しちゃいますが(^^;)、次はDAIGO率いるBREAKERZ。実はちょっと期待してました。うぃっしゅやりたかったし(笑) この頃になると曇り空からポツポツと雨が。後で聞いた話ではDAIGOは強力な雨男だそうで。

バラエティ番組で笑いを取ってるDAIGOしか知らないんで、歌ってる姿は新鮮だった。「俺ら全員ドMなんで」←えっ、そうなの!?
と、ドMの歌を披露。胸の前に掲げた右腕を斜め前方に差し出すという、ジークジオンな振り付けをみんなでやる。

近くにいたBREAKERZファンが、「西川さんのファンって、ちゃんと振り付けやってくれる」と喜んでくれていたのがうれしかった。普通はファンじゃなけりゃやらないもんなの? フェス楽しみたいし盛り上げたいし、やるのが当然と思ってたけど。

DAIGOは悪く言うとしゃべり方がバカっぽいんだけど、なぜか憎めなくておかしくて。雨が降ってるのを「めーあーりーふー」なんて表現するのも、なんか可愛くて。

「ドMの歌が新曲です」って、タイトル言えよ(笑) ほんとおもしろいやっちゃなあ。

歌の途中でギターの人と思いっきり顔を近づけて歌ってたかと思うと、最後にはキスしてた。エロい! 顔の角度がめちゃエロい!! 狙ってるだろ。腐女子ウハウハだぞ(笑)
近くにいたファンが絶叫、悶絶しとりましたわ(笑)

「琵琶湖に来たんで、予定にないけどこの歌やります」って言うので何かと思えば、サザンの「TSUNAMI」をワンコーラス。それがまたすんごく桑田のモノマネうまい。びっくりした。最後は「エリーーーー♪」で締めたのがまたなんとも。

貴教については、「最近、週5くらいで会ってます。めちゃリスペクトしてるんで」とのこと。なんかうれしいなあ、こういうアーティスト同士のつながり。

「うれしうぃっしゅ」の3連発をポーズとともにみんなでキメた。

終わりかけの頃、雨がやんだ。「オレたち、雨吹っ飛ばしたよね」ってうれしそうに言ってた。

イナズマの翌日、新聞見てびっくりしたよ。お祖母ちゃん(故・竹下元首相の妻)亡くならはったんだね・・・。ずっと体調悪かったんだろうか。来てくれてありがとうね。

そして、BREAKERZの後は「ゴチャ・まぜっ!」「イマドキッ」の公開録音。ケンドーコバヤシ、TKO、小倉優子、桜井裕美が登場。
昨日と同じでジングルを録音。強い風になびくゆうこりんのミニスカを心配するケンコバ。あとから土屋アンナも出てきて、琵琶湖のほとりに流れ着いたゴミやアオコの臭いに、アンナが「くさっ」と言ってたことを暴露するケンコバ。
アンナが「パックンたまご」の掛け声をするのに、ケンコバがみんなで掛け声と共に腰を落とそうと提案すると、1万5千人が一斉に腰を落とす壮観な眺めを写メしたいとアンナが言い出す。結局、自分も腰を落とすのでうまく撮れなかったみたいだけど。

SADS登場。貴教の盟友・清春が出てくるってんで期待大。
うわ~ガリガリガリクソンやなあ。低血圧そう。この人もいっぱい刺青入れてはりますが…貴教はやらんといてね。
将校風の帽子を斜めにかぶり、上半身はほぼ裸っぽい感じ。

この人も雨男らしく、パラパラッと雨が。すぐやんだけど(バッグにはウィンドブレーカー入れといた。やっぱ雨具っているよな)。

貴教の誕プレに卑猥な物をあげたんだそうで…。「使いようによっちゃすごく卑猥なもの。みんなが想像してるより170%卑猥なもの。SADSのメンバーのバッグの中にひとつずつ入ってる」と言われりゃ、何か気になってしょうがないんだけど、最後まで教えてくれなかった(後日、貴教のツイッターで判明→例のブツ)。

「琵琶湖を、イナズマロックフェスをブラックホールにする」と宣言。観客のノリに「まだテンション高い。もっと落として。寝ててもいいから」とのたまうw

歌は別に好みというほどでもなかったけど、この人の曲もがっつりロックなんで、楽しまなきゃ損とばかりにノリノリで踊ってたら、後で娘に「お母さん、ラリってる人みたいやった」と言われて涙目。
会場の反応はかなり好意的でしたよ。

次はウーマンラッシュアワー
いろんなCMの歌を歌っている○○という架空の歌手が女性ファンに電話をかけるという設定でのコント。
「○○です」
「嘘! 信じられない」
「伯方の塩♪」
「ホンモノだ!」
という感じで、そこは面白かったんだけど、
「会おう。君いくつ?」
「48」
「がちゃん(電話切る)」
っていう繰り返しがムカつきましたね~(笑) 会場の熟女を全員敵に回したわ。愚か者めが~!(笑)

そうそう、熟女といえば、うちみたいにお母さんと高校生くらいの娘のペアっていう観客ちらほら見たよ。郷ひろみ効果か? と思ったけど、おそろいでタボくんTシャツ着てたから、あれは西ヲタだな。
スポンサーサイト
[ 2010/09/22 ] 西川貴教 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する