2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スピンを楽しもう14 ~難エントランスを見分けよう~

さくさくやらなきゃ、今シーズンが終わっちゃう~~(´Д`lll)

トップページに「スピンを楽しもう」シリーズの目次を固定してありますので、他の記事を見たい方はどうぞ。

さてさて、今回は「ターンが見分けられなくても難しい入り方を見分けちゃうコツ」です。

この記事では難しい入り方のことを「難エントランス」と呼ぶことにします。

資料はこちら→テクニカルパネルハンドブック


テクニカルパネルハンドブック(以下、ハンドブック)のP11、「レベル特徴」には、スピンでレベルを獲るための要件が13箇条挙げられているのですが、その中に、

5) スピンへの難しい入り方

というのがあります。これが「難エントランス」です。

「スピンを楽しもう」10でスピンへの難しいフライングの入り方について説明しましたが、フライングではない難しい入り方でもレベルが1つ獲れるんですね。

では、どういうのを難エントランスと言うのでしょうか。

ハンドブックP13、「スピンへの入り方」の「難しい入り方」にはこのように書かれています(赤線は私が引きました)。

diffent1


要約すると、こういうことです。

・ 難エントランスとはスピンを始める直前の動きで、スピンの初めの部分にかぶってもよい

・スピンのバランス、コントロール、実行にかなりの影響を与えるものでないといけない。

・ そのまますぐに意図した姿勢に達して、2回転保持しないといけない。

・もしもその入り方が難しいものと見なされなければ、トランジション(つなぎ)と見なされる。したがって、その後のスピンで難エントランスを使ってレベルを獲ることができる。



とにかく難エントランスをやったら、すぐにスピンを始めないといけないわけです。間が空いてしまい、スピンの実行に影響を与えないようであれば、それは難エントランスをやったとは見なされないのです。

スピンの「バランス、コントロール、実行にかなりの影響を与える」ものでないといけないというのは、難ポジションや難フライングの定義と一緒ですね。
バランスを崩すようなことをやりながらでもコントロール出来れば、この選手はスケートの技術があるなと評価されるということです。

すぐに意図した姿勢に達して、その姿勢で2回転保持というのも、難ポジションや難フライングと同じです。

ただ、難フライングの場合は「着氷後2回転以内に」その姿勢に達しなければいけないという条件が付いていましたが、難エントランスの場合は「躊躇や遅延なく」とあるので、難エントランスの動きをやったらすぐにスピンの姿勢を取りなさいということです。

そして、もしも「難しい」とテクニカル・パネルに認めてもらえなかったらレベルは獲れず、その動きはトランジション(つなぎ)と見なされます。
難エントランスでレベルが獲れるのはプログラムの中で1回きりなので、たとえば1つ目のスピンでやって認定されなかったら、その後のスピンでやって認定されればそこでレベルを獲ることができるわけです。

それを見越して保険をかけているのかどうかはわかりませんが、難エントランスのスピンを2つ入れている選手もいますね。GOE(出来映え点)加点狙いかもしれませんが…。


それとこちらの注意点、「難しいエントランスとフライング・エントランス」は、さらっと流してもいいかと思います。

diffent2

1つのスピンで難エントランスとフライングを同時にやったら、フライングが優先されて難エントランスとしてはレベルは獲れないということですかね。

例えば、難しいターンからバタフライをやってスピンを始めたら、難エントランスとしてはレベルは獲れず、難フライングでのみレベルが獲れるということかと。

また、例えば難しいターンから通常のフライングキャメルをやったとしても、フライングをやっているので難エントランスは認められないということのようですね(通常のフライングキャメルは難フライングとは見なされず、それだけではレベルは獲れません)。

うん、とにかく前に難エントランスがあっても、後にフライングがくっついてたらフライング優先になるようです。

まあ、このルールを気にしなければいけないケースはめったにないとは思うんですが…。



*****


で、早い話が「難エントランス」ってどうやって見分けたらいいのよ!? ってことなんですよね。

ターンが見分けられないと難しいと思いますよね…。

でも、おおざっぱに分けて、この3パターンのどれかに当てはまるかと。

・イリュージョンを1回する。

別名ウィンドミル。頭とフリーレッグを斜め上下に振り回す動きです。
女子のレイバックスピンの入りで非常によく使われます。
1回やれば十分です。

2016 四大陸FSより長洲未来選手

mn

動画はこちら→https://youtu.be/EtfHDjCuSWs?t=4m37s
LSp4
難エントランス(イリュージョン)①-(レイバックサイド→バック(ヘアカッター②))③-アップライトビールマン④

レイバックスピン特有のレベルの獲り方にサイド→バック、またはバック→サイドの姿勢変更というのがあります。
バック姿勢をヘアカッターという難ポジションにすることで、その姿勢自体でもレベルを獲っています。
最後のビールマンも難ポジションでレベルを獲っています。


・片足で連続ターンをしながらスピンになだれ込む。

なんじゃそりゃ(笑)
いやいや、こういう考え方でも十分見分けられるんですよ。むしろターンの見分けができない私たちは、こういう見分け方をしましょう。開き直りだいじ。

2015 GPF FSより羽生結弦選手

yh

動画はこちら→https://youtu.be/WfcDb6rswWY?t=5m5s

難エントランス(トウアラビアンの連続からトラベリングキャメル)①-キャメル基本+チェンジエッジ②-シット基本-足換え-非基本姿勢③-アップライトストレート(トンプソン)④

これだけ見事なトラベリングキャメルはあまり見ませんね。しかも鬼畜構成のプログラムのラストでこれをやる体力、バケモノか!(←褒めてる)
キャメル基本+チェンジエッジという書き方をしているのは、キャメル基本の姿勢でチェンジエッジをやっているという意味です。
非基本姿勢とは、基本姿勢(シット、キャメル、アップライト)のどの定義にも合わない姿勢を言います。詳しくは(1)三つの基本姿勢を覚えよう を参照してください。
最後は難ポジションのアップライトストレート、通称トンプソンと呼ばれるフリーレッグを後にクロスさせた姿勢です。


もう1例、こちらは、2016 ユース五輪FSよりポリーナ・ツルスカヤ選手

et

動画はこちら→https://youtu.be/MLLsfF8nYms?t=37s

CCoSp3p4
難エントランス(連続ターン)①-キャメル基本-非基本姿勢②-アップライト基本-足換え-シットフォワード③-アップライトストレート④

トリプルスリー(スリーターンの3連続)なのかな? ちょっとわかんないや(^^;
とにかく、これでもかと片足でクルクルクルクル回りながら、そのままスピンになだれこんでますね。絵に描いたような難エントランスです。
ここの非基本姿勢はウィンドミルと呼ばれるもの。普通、難ポジションは2回転するとレベルが獲れますが、ウィンドミルに関しては3回転必要です。



・難しそうな特殊な動きから入る

またアバウトな(^^;)

2016 四大陸FSよりグラント・ホクスタイン選手

gh

どんな動きが難しいのか見分けるのが難しそうですが、何かいつもと違う、他の選手と違う難しそうなことをやりながら入ったなと気づいたら、獲得したレベルの数と特徴を照らし合わせてみましょう。他に当てはまるものがなければ難エントランスで合ってます。
テキトーですが、そんな感じでいいのです。

動画はこちら→https://youtu.be/kYpf92qgUw4?t=1m3s

CCSp3
難エントランス①-キャメル基本-キャメルサイドウェイズ②-足換えーキャメルフォワード③
他の試合も見ましたが、このスピンは元々レベル3構成のようです。

【2016/6/15追記】
トウアラビアン(つま先を突きながらフリーレッグを振り回す動き)の連続からただちにスピンに入るのも難エントランスです。


*****

難ポジションやチェンジエッジなどのレベル特徴については、目次ページ→http://rencadiary.blog14.fc2.com/blog-entry-469.htmlより、それぞれのページをご覧ください。


最後に、載せきれなかった羽生選手と無良選手のサンプルを置いておきます。

2015 NHK - 羽生結弦 Yuzuru Hanyu SP (NBC)
https://youtu.be/VYdmDViIcRs?t=2m7s
CSSp4
難エントランス①-シットフォワード②-足換えーシットサイドウェイズ③-シットビハインド④


Four Continents Championships 2016. Men - FP. Takahito MURA
https://youtu.be/4KEYicRy8n8?t=1m46s
CCoSp3p4
難エントランス①-キャメル基本-アップライトフォワード②-足換え-(キャメルフォワード③+シット基本+アップライト基本)④
④は前回の記事でやった足換え後3基本姿勢です。そのうちのキャメルで難ポジションのキャメルフォワードをやっているので、同時に2つレベルを獲っています。


スポンサーサイト
[ 2016/03/23 ] スピンを楽しもう | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する