2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スピンを楽しもう(8) ~レイバックスピンの難ポジションを覚えよう~

難ポジションを覚えようシリーズ、今回はLSp(レイバックスピン)です。

テクニカルパネルハンドブックP8によると、

レイバック・スピンとは、頭部および両肩部が後ろに傾き背が弓形のアップライト・スピンである。フリー・レッグの位置は自由である。
サイドウェイズ・リーニング・スピンとは、頭部および両肩部が横に傾き上体が弓形のアップライト・スピンである。フリー・レッグの位置は自由である。


とあります。

要は背中をアーチ型に後ろに反らせたり(バック)、背中を反らせて横に倒したり(サイドウェイズ)した姿勢を言います。


レイバックスピンは他のスピンに比べて難ポジションのハードルが高く、このような姿勢でも難ポジションとは見なされません

sm-usc-l
Satoko Miyahara 2015 US International Figure Skating Classic SP
左が基本のバック姿勢、右が基本のサイドウェイズ姿勢です。


基本形はそれぞれ単独で2回転しただけではレベルは獲れませんが、バック姿勢からサイドウェイズ姿勢へ、またはサイドウェイズ姿勢からバック姿勢へ、それぞれ2回転ずつして姿勢変更すると、レベルが一つ獲れます

必ずしも基本形でないといけないわけではなく、バックとサイドウェイズのどちらかを難ポジションにして、一度にレベルを二つ獲ってくる選手も多いです。

このレベルの獲り方は女子特有です。男子では見たことがないんですが、誰かやっている選手はいるのかな。
【2015/10/29追記】フィンランディア杯でアダム・リッポン選手がやってました! バックからサイドへの姿勢変更。美しい! さすがスピナーです。
動画はこちら→https://youtu.be/zzzXmEQGJfQ?t=3m58s

ちなみに、昨シーズンはそれぞれ3回転ずつ必要だったので、規則が緩和されたということですね(昨シーズンの演技を見るときはご注意ください)。


J Sportsの試合解説で元ISUレフェリーの杉田秀男さんが、テクニカルパネルはレイバックスピンの背中のアーチがきれいに出ているかどうかを見るとおっしゃっていました。
アーチが浅いとアップライトストレートと判定されることもあるようです。



ではどういった姿勢がレイバックの難ポジションと見なされるのか。

テクニカルパネルハンドブックのP20に例が載っていますが、フリーレッグのブレードを持った姿勢をとることで難ポジションと見なされ、レベルを獲得することができます。

hand-ul

【2016/6/7修正】ブレードの持ち方を頭に近いか遠いかでキャッチフットとヘアカッターの2通りに分けて紹介していましたが、Jスポーツの解説で岡部由起子さんが、頭から離れた持ち方も「ヘアカッター」と呼んでいたので、ヘアカッターに統一します。

UL(アップライトレイバック)のヘアカッター
フリーレッグのブレードをつかんで、エッジで髪を切っているかのように頭に接近させた姿勢。



具体例を見てみましょう。
YouTubeの動画を画像の下に貼ってあります。再生速度の調節は歯車マークをクリックしてください。

yn-ont-ul
Yuka NAGAI 永井優香 FS - 2015 Ondrej Nepela Trophy


jb-ont-ul
23rd Ondrej Nepela Trophy 2015. Men - Free Skating. Jason BROWN
(ヘアカッターと呼ぶには頭から遠いような気もする…)
ジェイソン・ブラウン選手のようにコンビネーションスピンの中に組み込み、レイバック姿勢になる前にキャメルフォワードのような姿勢をとられると、どのスピンに分類したらいいのかちょっとわかりにくいですね。
(キャメルはフリーレッグの膝がヒップより高くならないといけません)


ys-log-ul
2015 ISU JGP - Logroño Ladies Short Program Yuna SHIRAIWA JPN


af-log-ulb
2015 ISU Junior Grand Prix - Logroño Ladies Free Skate Alisa FEDICHKINA RUS



これらの難ポジションで2回転するとレベルが一つ獲れます。



UB(アップライトビールマン)

次にビールマンスピンについて見てみましょう。

ma-jo-ub
Japan Open 2015. Mao Asada - FS

テクニカルパネルハンドブックP15の「ビールマン姿勢」によると、

“ビールマン姿勢”は、スケーターのフリー・レッグが後方から頭より高く頭の天辺に向けて引き上げられ、スケーターの回転軸近くに位置している姿勢であるとき、アップライト姿勢の難しいバリエーション(UB)となる。
他の難しいスピンのバリエーションと同様に、ビールマン姿勢は1つのプログラム(ショートまたはフリー)の中で最初に試みられた一度のみ数えられる。


とありますね。


要はビールマンスピンというのは、ご存じの通りあの涙のしずく型で、アップライトの難ポジションの一つであるということ、プログラムの中でビールマンでレベルが獲れるのは1回だけだよということです。これは他の難ポジションと同様ですね。


それと、女子はショートプログラムでレイバックスピンを必ずやらなければいけないのですが(2016-2017のルール改正で、代わりに足換え無しのキャメルかシットでもよくなりました)、レイバックのバック姿勢かサイドウェイズ姿勢で8回転した後でないと、ビールマンを入れてもレベルは獲れません。これはショートプログラム特有の規則です(テクニカルパネルハンドブックP10より)。


ユリア・リプニツカヤ選手の「キャンドルスピン」も、ブレードを持っているわけではなく、直接フリーレッグをつかんでいますが、「スケーターのフリー・レッグが後方から頭より高く頭の天辺に向けて引き上げられ、スケーターの回転軸近くに位置している姿勢」なので、ビールマンです。

yl-ub
Yulia Lipnitskaya's Phenomenal Free Program - Team Figure Skating | Sochi 2014 Winter Olympics


*****

では、最後に浅田真央選手の復帰記念(^^)にフリープログラム「蝶々夫人」のレイバックスピンのレベル判定をしてみましょう。
今回の記事で取り上げた特徴が出てきますので、わかるところをご自分でもやってみてください。

プロトコルによると、LSp4とあるのでレベル4ですね。

https://youtu.be/3n8odc0iymo?t=3m38s

レベル1:イリュージョン(ウィンドミルを1回やる)からスピンを始めると、難しい入り方としてレベル一つ獲得。
ma-jo-lsp1


レベル2:バック姿勢で2回転→サイドウェイズ姿勢で2回転の姿勢変更でレベル一つ獲得。
ma-jo-lsp2
ma-jo-lsp3


レベル3:難ポジション(レイバック姿勢でのヘアカッター)でレベル一つ獲得。
ma-jo-lsp4


レベル4:難ポジション(ビールマン姿勢)でレベル一つ獲得。
「レイバック姿勢からビールマンへの姿勢変更でレベル一つ獲得」に訂正します。
ma-jo-ub

計四つレベルを獲ってレベル4です。

どうでしたか? できましたか?
すぐにできなくても、慣れたらできるようになるので、もう少しおつきあいください (^-^)

ついでと言っては何ですが、他の二つのスピンについてのレベル判定もしてみましょう(丸数字がレベル)。
今までにやったことも出てきますので、難ポジションの見分けだけでも挑戦してみてください。


一つ目のスピン FCSp4(フライングキャメルスピン レベル4)
https://youtu.be/3n8odc0iymo?t=1m52s
難しいフライングの入り方(バタフライ)①→キャメル基本形→キャメルサイドウェイズ②+そのまま8回転③→キャメルアップワード④
(テクニカルの吉岡伸彦さんが講演会でジャパンオープンのような「花試合」ではテクニカルは極端な判定をしないというようなことを言われていたそうですが、実を言うとこのスピンの判定も甘いです。バタフライ着氷後2回転以内にキャメル姿勢を取っているものの、バランスを崩して2回転回り切れていないように見えますし、キャメルサイドウェイズでの8回転は7回転しか出来ていません。たぶん他の選手のスピンの判定も同じような基準ではないかと思います)

三つ目のスピン CCoSp3p4(チェンジフットコンビネーションスピン 3基本姿勢入り レベル4)
https://youtu.be/3n8odc0iymo?t=4m34s

キャメル基本形+そのままチェンジエッジ①→非基本姿勢の難ポジション②→足換え→シットフォワード③→アップライトストレート④

いかがでしたか?
それでは、次の記事でまたお会いしましょう♪



【おさらい】

レイバックスピンには背を真後ろに反らせたバック姿勢と、背を反らせて横に倒したサイドウェイズ姿勢がある。

バック姿勢からサイドウェイズ姿勢へ(各2回転)、またはサイドウェイズ姿勢からバック姿勢へ(各2回転)姿勢変更をするとレベルが一つ獲れる。これは女子特有のレベルの獲り方。

フリーレッグのブレードをつかんで頭に引き寄せた姿勢をヘアカッターと呼び、難ポジションとしてレベルが一つ獲れる

ビールマンも難ポジションとしてレベルが一つ獲れる。ただし、ショートプログラムの場合はレイバック姿勢で8回転した後にビールマンをやるのでないと獲れない。
スポンサーサイト
[ 2015/10/04 ] スピンを楽しもう | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する