2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

あの騒動に思うこと

誰かの熱烈なファンになるということは、その想いの強さと同じくらい、苦い想いも味わうことになる。
試合の結果で一喜一憂するのはいいのだ。それは本来のスポーツ選手のファンに付き物の想いだから。

やりきれないのは、ファンを巡るゴタゴタだ。


2012年春、ニースロミオでゆづにハマり、彼について調べるようになってすぐのことだった。Yahooの検索窓に名前を入れると、検索結果のページにさまざまな情報に混じって2ちゃんねるのアンチスレが引っかかった。

クリックして中を見ないまでも、多感な17歳の高校生に向けるには酷すぎる、胸をえぐるような中傷の言葉を羅列したタイトルや内容の一部が表示されていた。本人がこれを目にしなければいいがと思った。

気になって一度だけ中を見てみたことがある。演技の後で疲れてリンクに寝転がってしまったことや、ショーのフィナーレで4回転ジャンプを跳ぶことなど、こんなことで? と思うような、実に他愛ないことで叩いていた。

アンチの正体がわかったのはNHK杯の頃だ。その頃にはだんだんとバッシングがエスカレートしてきていて、嫌でも目につくようになっていた。初めてアンチスレを覗いた時は、なぜショーでジャンプ大会をやるのが気に入らないのかわからなかったが、正体がわかってみればなるほどな、と納得した。

NHK杯では、最後の方のスピンでよろけて手をついてしまうという、見た目に大きなミスをしたにも関わらず、ゆづが優勝したため、手酷く叩かれた。

続く全日本は思い出すのも辛い大会だった。
高橋選手がフリーで鳥肌の立つような演技を見せたのに対し、ゆづは会場の空気を支配するような演技はできなかった。

それでも結果はゆづの優勝。
NHK杯もそうだが全日本でも、ショートでの貯金やフリーの高難度プログラム構成など、プロトコルをきちんと見れば納得のいく結果だったにも関わらず、見た目の印象と願望だけで、不正だ出来レースだと叩いた高橋ファンがどれほど多かったことか。ネットだけではなく、会場でもそういうことが起こったと聞く。

この時のことは青嶋ひろの氏がWEBRONZAの記事でも危機感を持って触れていた(彼女は癖のある記事を書くが、この時は現地観戦したファンからも彼女の危惧を裏付けるような言葉が多数出ていたし、この記事に関しては大げさに書いているとは思えない)。

また、常に競技と選手に敬意をもって記事を配信してくれているPigeon Postさんも、優勝したにも関わらず、なぜか「今までで一番元気のない」ゆづを気遣ったツイートを当時している。


そして、産経新聞の2014年3月28日の記事(配信元は共同通信)では、もっとはっきりとそれについて書いている。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140328/oth14032822570011-n1.htm

>急成長で日本のエースに進化を遂げたが、高橋を応援する熱狂的なファンから心ない言葉を浴びせられて周囲に「スケートをやめたい」と漏らしたこともあった。


二度のリンク閉鎖とあの大震災を経てさえ、彼はスケートを続けることを選んだ。何ものも彼からスケートを奪うことはできなかった。そんな彼が自らやめたいとまで思いつめるほどの、どれだけ酷い言葉が投げつけられたのだろう。


産経の記事にもあった通り、全日本後のテレビインタビューで、彼は実際に「スケートから離れたい」と言っている。当時は言葉も文化も違うカナダに練習拠点を移したばかりで、怒涛の試合ラッシュの中、GPFでも体調を崩していたし、心身ともに疲れが溜まっているんだろうなとしか思わなかった。まさかそこまで追い詰められていたとは気づかなかった。

もちろん心身の疲労も影響しなかったとは言えないが、決定的なダメージを与えたのは、18歳の少年が命を削るような過酷な鍛錬の果てに、ようやく結果を出したことに対しての、心ない言葉の刃だったのかと思うと胸が痛む。

全日本の頃に出た別の報道記事では、オーサーが「僕もチャンピオンにふさわしくないと言われたことがあるよ」とゆづを慰めたと書かれていたので、会場で彼の優勝を快く思わない者から何か言われたのはもはや間違いない。

(2015/5/26追記。2015年上海ワールド後のプレカンで、オーサーのアドバイスで最も役立ったものは何かという質問に対し、羽生選手は2012年の全日本で高橋大輔選手を抑えて初優勝した後、「精神的にとても辛かった」が、自分の力を信じるということをオーサーに教えてもらって乗り越えたと答えている。
「ノイズというか、日本ではフィギュアに対して賛否両論があるので・・・」と彼は婉曲的に表現しているが、優勝したことへのバッシングという意味ととらえるのが自然だろう。

自分たちの評判が悪くなることを嫌い、会場で彼への暴言などなかったと主張している人もいるが、実際に会場にいたいろいろな選手のファンから、暴言やブーイング、拍手しない、仁王立ちして腕組みでにらみつけるといった目撃談が出ているし、織田信成さん、浅田真央選手、羽生選手自身も「リンクにいると観客席からの声はよく聞こえる」と別の話題の際にTVで話していたことがあるので、羽生選手の耳にブーイングや暴言が届かなかったとは考えにくい)

そして、後日読んだ記事では、ゆづがネットで自分の評判を見て夜も眠れないほど落ち込んだこともあること、そんな彼にオーサーが「あんなのはいじめっ子のようなものだから見てはいけない」と言ったという記述もあった。

これはいつの頃の話なのかは明記されていなかった(と思う)。全日本だったのか、四大陸か、世界選手権か。とにかく私が知っているだけでも2012年のニースの後からずっと叩かれ続け(ジュニアからアンチはついていたと言う人もいる)、日増しに酷くなっていったので、ゆづがネットを見て落ち込んだのは1回や2回ではなかったかもしれない。


五輪後、テレビで櫻井翔のインタビューに答えていた時、仙台からカナダへ逃げたという表現をゆづ自身が使ったことがある。

櫻井翔「自分が思い込んでしまった?」
羽生「思い込んでしまったのかもしれないし、誰かが思っていたのかもしれない」

この時、私は確信した。「被災地の仙台を捨て、恩師を捨てて、自分だけカナダへ逃げた」とネットでバッシングされていることを彼は知っているのだ。


なんて残酷なことだろう。


世界選手権初出場でいきなり銅メダルを獲り、世界のトップスケーターに駆け上った選手が、充分な練習時間の取れない環境から、よりよい環境へ拠点を変えるのは当然のことだ。何も引け目に感じることはない。

それに、彼がリンクで練習中に大地震に遭ったのは16歳の時。まだ子供と言っていい。波打つ氷に翻弄され、天井のずれる音が聞こえる中で、先輩にしがみついて泣き叫びながら、死を覚悟するほどの恐怖を味わったという。生まれ故郷が壊滅的な被害を受け、つながりある誰かかれかが被災した現実は、彼の心に深い傷を残したことだろう。

避難所から出て、幼少時の恩師を頼り、横浜で練習していた頃、大きな余震が襲った。
彼は誰よりも早くリンクを飛び出すと、その日は戻って来なかったという。
それほどまでにあの日の恐怖が刻み込まれているのだ。彼の体にも心にも。

その後、ショーで全国を転々としながら、自分だけが逃れて好きなことをしているという罪悪感に彼は常に苛まれていた。被害が大きかった人に対して、自分の被災程度は軽かったという後ろめたさも同時に抱えていたのかもしれない。

彼の中の子供は、震災に遭った時の16歳の彼は、まだ充分に癒されてはいない。
24時間テレビで石巻を訪れた時の言葉からは、それを伺わせるものがあった。

まだやっと3年。3年しか経っていないのだ。それほどまでにあの震災は、震災がもたらした喪失は大きかった。


そんな少年を、まだ傷の癒えていない少年を、彼の最も疼く傷の部分に指をつっこみ、引き裂いて叩く。それも大の大人が寄ってたかって。


人間のすることじゃない。


叩かれている相手が彼だから私は怒っているのではない。
被災した子供の心の傷を、その倍以上生きているような大人が自分の醜い欲望を満たすためにえぐっている。
その非道さに怒っているのだ。


試合会場でもネットでもバッシングに遭い、彼はそれを自覚している。オーサーも知っている。ご家族も当然知っているだろう。


金メダルパレードが企画された時、宮城県庁や仙台市役所に抗議の電話をかけたり、反対を唱えるツイを発信したり、一般人のそれをRTしたりする者がいた。阻止できないとなると、今度は規模を縮小しろと言い出した。パレードなどに浪費する金があるなら復興に使えという、一見もっともらしい言葉を掲げていたが、それを必死にやっているのが高橋ファンばかりという、まことに異様な光景が見られた。

しかも彼女らの多くは日頃ゆづを口を極めて中傷している人たちだ。「Story」をゆづが滑った時に、神戸のチャリティに使っていた曲だからと、泥棒扱いして叩いていた人たちでもある。チャリティを主催することを「手柄」としか捉えられない人たちが、どの口で震災復興を語るのか。

パレードは無事開催され、中継した宮城のローカルテレビの番組で、スタジオにいたお笑い芸人のサンドウィッチマンが、ゆづにこんな言葉をかけた。

「みんな味方だからね」

不思議な言葉だ。

普通、アスリートに贈る言葉といえば、「応援してるからね」「頑張ってね」が順当なのではないだろうか。「味方」という言葉は、それを贈る相手に敵対するものが存在することを想定していなければ出てこない。もちろん、あの場面では競技上のライバルのことを言っているのでもない。

あの言葉からも、彼の周りにいる人たちは少なくともパレードを阻止しようとした者がいること、そしてそれがどういう人たちなのかを把握しているのだろうなと思った。

ソチ五輪後のアンチのバッシングは、人として超えてはいけない一線を超えてしまった感があり、もはや彼女らも自暴自棄になっているのではないかと思うほどの狂乱ぶりである。
何でもかんでもどんな些細なことでも、無理やりこじつけて叩こうとする。ゆづが息をしているだけで叩く。限界まで膨らんだ風船に更に息を吹き込むような、実に危ういものを感じる。


そんな時、とんでもない情報を知った。

アンチを批判する記事を書いたりすることもあるせいか、同じファンの方から時々いろんなことを教えてもらう。
だからといって私にはどうすることもできないのだけど(私も一ファンに過ぎないんですよ。血の気は多いとはいえ(^^;))。

しかし、これは見過ごすわけにはいかなかった。


アンチがネットのある掲示板に彼の実家近辺の地図を貼り、家を突き止めようとしているという。


何のために?


ゾッとした。

直接嫌がらせをするため? それともご家族の様子や彼が帰国した時の動向をつかんで叩きネタにするため?
考えるのもおぞましいが、危害を加えられる可能性もある。
ご家族に罵声を浴びせるだけでも、彼への精神的ダメージは大きいだろう。

とんでもないことだ。

すぐにサイバー警察に通報した。それとスケ連へも。

他にできることはないか。どうすればいいのだろう。


そう考えているうちに、あのツイッターでの「震災をアクセサリーにしている」発言による騒動が起きた。


名前を見てギョッとした。発言者は、そう、忘れたくても忘れられない、悪質中の悪質のアンチだ。
孫までいるような歳でありながら、十代のアマチュア選手を些細なことで理由をこじ付けては、毎日のように叩き続けてきたあの人。
彼と同じ仙台の人間であるだけに、なおさら許せなかった。

以前、この人の一見まともそうな、高橋選手のモチベーション低下への擁護ツイ(若手への嫌味つき)がRTされてきた時も、体がこわばり動悸がした。RTした人のフォローを外そうかと反射的に考えた。それほど、私にとっては蛇蝎のごとく忌み嫌ってきたアンチの一人だった。

炎上は自業自得だった。そもそもは自分たちが悪質なファンとしてまとめページを作られたことへの恨みを呟くために、羽生ファンのツイをアカウント名を伏せ、一部分だけ切り取り、主旨を捻じ曲げて利用したことが発端なのだ。元ツイ主が不快感を表すのも無理はない。マナー違反は明白なので、質されたら謝るしかないはずだった。だが、よほど負けず嫌いなのか、腹立ちまぎれに「震災をアクセサリーにしないでもらいたい」を捨て台詞に使った。それで炎上した。


大ごとにならないようにと願った人もいたと思う。でも、私には違う思いがあった。
もっと大ごとになればいい。追い詰められて失言を重ね、もっと炎上して大恥をかいて、二度と彼への誹謗中傷ができなくなればいい。

震災をアクセサリーにしているなどという、この上ない侮辱発言をしては、どうごまかしたって最後には謝るほかない。彼への謝罪を引き出せれば、同じ口で二度とバッシングはできまい。
そうすれば、これを機に、エスカレートする一方のアンチ活動が少しは収まるのではないか。


そう望みをつないでいたのだが、甘かった。やはりああいう人たちにはまともな考えが通じない。そもそも、まともな人ならアンチ活動なんてしない。

その人は夫のつてを通して、彼に直接謝罪を伝えると脅迫してきた。

同じ仙台市在住なだけに、ハッタリとも言い切れない。

そう言えば批判の矢をかわし、反対に自分が優位に立てると考えたのだろう。うまくいけば逆に相手から自分を批判したことへの謝罪を引き出せると考えたのかもしれない。
実際、羽生ファンは震えあがった。言いがかりだとわかりきってはいても、震災をアクセサリーにしているなどという言葉を知れば、どんなに彼は傷つくだろうか。

結局それは粘り強く対応した人たちの尽力でなんとかやめさせることができた。が、自分が彼に対して悪意を抱くようになったのは間違った報道のせいで、選手本人がそれを正すべきなのを怠ったのが悪いのだし、ファンもメディアに抗議して正すべきだと最後まで詭弁を弄していた。

報道を誤解していたと主張すれば責任を逃れられると思っているなら甘すぎる。名誉棄損罪(3年以下の懲役もしくは禁錮、または50万円以下の罰金)は、たとえ事実であっても相手の名誉を損ねたら訴えられるし、彼女らの場合は事実ではなく捏造して中傷しているのだから確実にアウトだ。

最近ではネットの書き込みで訴えられるケースも増えてきている。相手が大勢いる場合は見せしめに一人を訴え、抑止効果を狙うこともあるらしい。「赤信号みんなで渡れば怖くない」は通用しないのだ。そういう覚悟を持ってやっているのだろうか。

後から口を挟んできたお仲間も報道のせいにしていた。彼の被災の程度が実際より大きく報じられることが「困惑」を招くのだそうだ。

困惑?

なぜ困惑することがある?

海外のメディアが彼の家が津波で流出し、それでカナダに避難したのだと誤って伝えたとしても、ああ、取材もせずに適当に書いたんだなと普通は思うだけだ。
なぜ彼女らだけが、そこまで彼の被災の程度にこだわるのか。

彼女らこそ、震災を選手を飾るアクセサリーとしか考えていないからだ。

そういう人にとっては、被災程度の大きさは宝石の大きさに匹敵する。だから、嫌いな選手の被災程度が実際より大きく報道されれば、贔屓選手よりも世間の注目を浴び、同情を買ってしまえると「困惑」するのだろう。

「津波で家が流出」という、きらびやかなダイヤモンドをつけているのが許せない。実際は「全壊認定」というちっぽけなガラス玉のくせに。贔屓選手の「チャリティー主催者の一人」というエメラルドが霞んでしまうじゃないの。


吐き気がする。


震災をアクセサリーにしているのはどっちだ。

大切な人を喪った悲しみを、故郷を奪われた苦しみを、出来るなら時を巻き戻せたらと全ての日本人が願ったあの大震災を、選手を飾りたてるアクセサリーとしか考えていないのはどっちの方だ?

あの人たちにとっては、贔屓選手も自分を飾るアクセサリーでしかない。

選手の抱く痛みも、苦しみも、そっと見守ろうという気すらなく、自分がこうであってほしい理想の形に押し込もうとする。そこからはみ出る贔屓選手の姿は見たくもないのだ。
だからすべては他人のせい、存在しない悪の組織のせい、陰謀のせいなのだと思い込む。

現実逃避もいい加減にしろ。

こういう人たちはもはやファンではない。
二度とフィギュアスケートを、選手を語るな。


あの騒動の後、少しはましになるかと思ったが、炎上が収まった途端、あの連中は批判した人たちが業者に雇われてリプした工作員だと言い出した。炎上の原因を作った当人は、あろうことか今度は多数の犠牲者が出た広島の土砂災害に絡めて、全壊認定についての嫌味ツイをしていた。
(この人は1年以上経った今も誹謗中傷を繰り返しており、お仲間はそれを止めるどころか同調している)

あれだけ痛い目にあっても反省しない。
いや、反省どころか、恥という概念がないのだ。

もはやつける薬などない。


だからあの選手のファンは嫌いなんだよ。

○○選手のファンと一括りにするべきではないとの意見も目にした。確かにそうかもしれない。

騒動の中で知ったが、普段はある女子選手を叩いているくせに、ゆづが叩かれることには文句を言っているゆづファンを見てしまった。嫌いな選手は叩いてもいいが、好きな選手が叩かれたら文句を言うのでは悪質な連中と同類だ。そんな人がゆづのファンでいることに腹が立ったし情けなかった。

そう、どの選手のファンにも悪質なのはいる。

しかし、ゆづのPCSの急上昇に文句を言ったり(贔屓選手の高PCSは当たり前と思っているくせに)、他の選手をsageては贔屓選手を褒め称えるといったことは、悪質もまともな人も全部ひっくるめて高橋ファンのよくやることで、むしろやらない人を見たことがない。

まともだと思っていたらそうではなかったと失望させられたことが幾度もある私には、どうしても高橋ファンに対してはそういう厳しい目で見てしまう。なかなかこの思い込みは払拭できない。

(※追記 あくまでも私の知っている範囲内ではこうだという意味で、これは私の主観である。もちろん、マナーのいい高橋ファンもいるとは思うが、あまりにもゆづが叩かれてきたため、そして今も継続中なため、高橋ファンというだけで身構えてしまう)

今度のことでは、怒って、嘆いて、呆れて、一つ一つの言葉に過敏になって、疑心暗鬼になって…。

結局何も得られず、徒労感だけが残った。


これからも気に入らない者を叩いて、何でも陰謀のせいにして、現実から目を背けて生きていくんだろうな、あの人たちは。
他人を憎み、貶めることだけを生きがいにしている人たちにかかずらって、人生の大切な時間をくれてやる必要はない。その価値もない。


私自身も憎しみのあまり頭に血が上り、視野の狭いままでいる自分を思い知った。自分の中にも悪質化する要素があると自覚できた。何も得るものはなかったと書いたけど、そういう意味では教訓になったのかもしれない。


その後に続いて起こったセクハラ・パワハラ問題については、日本はまだまだ旧態依然としたジェンダーがはびこってるなあと痛感した。セクハラ・パワハラに男だとか女だとかはいっさい関係ないということだけは強調したい。

橋本聖子は即刻スケ連の会長職を辞するべきだし、こんな人間に五輪やスポーツに関わってほしくない。

スケ連については、利潤を追求しない組織だけに、きっと半官半民みたいなヌルくて杜撰で風通しの悪いところなんだろうなあと、そういう組織で働いたことのある者としては、その限界も内部にいる人のジレンマもわかる気がする。

それにスケ連の人たちは選手たちを小さい頃からかわいがって、一緒に遊んであげたり、コンビニに連れて行ってお菓子を買ってあげたりしているという話を聞いたことがあり、そういうのを見ても、私たちが思っているよりもっと内輪的な組織なんだろうなと思う。それがあるから、あまり悪の組織みたいにして叩く気にはなれない。良くも悪くもユルいのだと思う。

それでもこのままではいけないし、猛省して悪弊をたたき直してほしい。民間から人を呼び、風を入れ替えて組織を刷新してほしいと思う。選手たちを泣かすな。ファンもいつまでも忍耐強くはないぞ。

性懲りもなくアンチ連中が何の関係もない彼をこの騒動に巻き込んで穢そうとしているのを見ると、ますます憎悪が募る。リークしたやつは誰だと躍起になっているが、質すべき問題はそこじゃないだろ。会長のご寵愛はこのままにしておいてほしいようだが、ほんとに被害に遭った選手のことなんてどーでもいいんですね。

そして、このゴタゴタに乗じて小金を稼ごうとする連中や陰謀論者が暗躍しているようなので、ツイッターのRTやブログの閲覧には神経を使わないといけないと痛感した。

スケ連をもっともらしく批判するツイに、ゆづを中傷しているブログのURLが貼られていたり、橋本聖子を弾劾するツイに「セクハラ宴会に未成年がいた」とまるでゆづも参加していたかのようにしれっと嘘が書かれていたりするのを、気づかずRTしているゆづファンを見るにつけ、無警戒だなと思う。

いや、私も引っかかりそうになることが多いので、人のことは言えんけど。

胸のつかえを吐き出して、やっとすっきりした。

今回のことでは怒り疲れたよ。
もうこういうことで思い煩うのはやめて、今度こそ技術とルールの勉強に勤しもうと思います。おわり。

【2014/9/24追記】
高橋ファンのMさんからのコメントを受け、「今、思うこと」という記事を書きました。一括りにしてしまったことに対するお詫びも載せていますので、ぜひ合わせて読んでいただければと思います。

***********************
【2016/1/3追記】
状況がますます酷くなり、看過できなくなったので、追記を書き換えます。

フィギュアスケートのファンには、競技を愛し、選手に敬意を持って接している人たちとは別に、ルールを覚えるつもりもなく、スケーターに自己投影してライバルを叩く人たちがいます。

そういう人たちはスポーツとしてフィギュアスケートを見ていないので、好きなスケーターが過密スケジュールだと「潰そうとしている」、回転不足やエラーを取られると「不当な判定」、他のスケーターがいい成績を収めると「不正採点」、メディアの露出が増えると「黒い組織との癒着」などなど、被害妄想と八つ当たりに終始します。

好きなスケーターそっちのけで嫌いなスケーターにストーカーのように執着し、それが生きがいのように叩くさまを見ていると、人生がうまくいかないストレスを発散しているだけなのではという気がします。

しかし、標的にされるスケーターはたまったものではありません。
彼らも生身の人間なのですよ。

今、そんな悪質な自称スケートファンに最も叩かれているのが羽生選手です。

この記事の最初の方に、演技後に疲れて倒れ込んでしまったり、ショーの後のジャンプ大会を叩かれる話を書きましたが、そんなことすらかわいく思えるほど、今のアンチ行為は凄まじい酷さにエスカレートしています。

それを見ると、怒りや悲しみといった感情より先に、「はぁーっ、こんな発想があるのか」という純粋な驚きの溜息しかでません。
それほど、まっとうな育ちの人間には想像もつかないようなおぞましいことが書かれているのです。

訴えられたら即、逮捕でしょう。


アンチの多くはこの記事でも取り上げた高橋大輔元選手の一部のファンですが、嫌韓を絡めてキム・ヨナ元選手を叩いてきた「フェアジャッジメント」を標榜する連中が合流し、キム・ヨナ元選手にやったのと同様の汚い手口で叩くようになりました(彼らの理屈は自分に理解できない高得点=不正、ヨナ元選手と同じコーチについている=不正という短絡的なものです。そこに贔屓にしている女子選手の成績が振るわない鬱憤も加わっています)。
これら以外のスケーターのファンがアンチをやっているのも見かけましたが、最も多いのが上にあげた二つのグループですね。

嫌いな選手が勝つとフィギュアの採点は不正ばかりだと文句を言うのに、自分の贔屓が勝った試合についてはダンマリどころか受け入れるのはなぜでしょうね。同じように不正だ八百長だ贔屓は爆盛りで勝たせてもらったんだと言えばいいのに。不思議です。

こういう人達の中にはあからさまにアンチとわかる人もいれば、いかにも良識的なスケートファンを装い、選手や競技のためを思って羽生選手に苦言を呈すという形で誹謗中傷する人もいます。
それに気づかずその人をツイッターでフォローしたり、その人の“苦言”ツイをRTしてしまう人がいることが残念でなりません。

アンチは震災も、2014年中国杯の衝突事故による大怪我も、開腹手術も、他選手の怪我や引退までも、捻じ曲げてこじつけ、叩きの手段に使っています。

中国杯での衝突事故は、どちらの選手もジャンプの助走に入っていて、死角から振り向きざまという不運な事故であったにも関わらず、事故直後にすかさず「羽生選手がルール違反の逆走をしてハンヤン選手のジャンプを妨害した」と嘘をつくツイートをしています。このツイートは専門用語も使っていかにもフィギュアをよく知っている人が中立的に語っている風を装っていたため、スケートファンではない一般の人も含めて多数RTされてしまいました。

その後も、羽生選手がルール違反をしたという捏造をさも事実であるかのように、ツイッターやブログなど色々なところで広めています。

逆走も何も、いろんな方向に滑走するのがフィギュアスケートであり、「6分間練習では逆走がダメ」という謎ルールなど、いまだかつて聞いたこともありません。

逆走がルール違反というなら、あの6分間練習の映像を検証してみればいいでしょう。全員がどこかで「逆走」しているはずです。

あの試合で羽生選手は2位になり、アンチは不正採点だと騒ぎ立てましたが、ジャンプの転倒やスピンのレベル取りこぼしによる基礎点の低下など、ミスについては引くべきところでしっかり減点されており、ベストスコアより40点も低い、通常の羽生選手ではありえないような得点です。

減点されてもなお彼の演技構成は世界トップレベルの高難度で、他の要素で点を稼いでいるのと、事故前に滑ったショートの得点との合算で2位となったのです。

***

また、ソチ五輪のエキシビションの群舞練習の際に、バタフライという跳び技をやるとき、振付を忘れたのか後から羽生選手に近づいてしまったパトリック・チャン選手の脇腹にエッジが当たってしまった事故がありましたが、アンチは意図的に跳び蹴りしたと見えるよう一部を切り取り加工した中傷動画を拡散したり、いろんな試合の公式練習やショーで他選手に接近した映像を加工し、いかにも危険行為をしているかのように捏造した動画も拡散しています。

「チャン選手に謝罪もしていない」とまるで事実のように決めつけていますが、ぶつかった後に羽生選手がおそらく謝罪のためにチャン選手に近づいてゆく映像が残っています。当然、アンチはそこは切り取るわけですよ。卑劣なやり口です。

チャン選手がSNSで傷口の画像を公開していたのは羽生選手にこんなに酷いことをされたと訴えるためではありません。彼はレジャーなどの怪我のときも同じように載せています。
ただの不運な事故だったとチャン選手が言っているのに、アンチだけがことさらに羽生選手を叩くために利用しているのです。

***

2015年12月の全日本の公式練習で、羽生選手は振り向きざまに前進してきた村上選手とぶつかりましたが、双方が受け身を取れたため、大事には至りませんでした。

村上選手はこの練習時間中、トリプルアクセルを跳んだ際に足を痛め、試合で痛みが出てきて実力を思うように発揮できませんでしたが、アンチは羽生選手を叩く口実が出来たことに大喜びでこれに食いつき、ツイッターやブログで彼のご家族も含めて、ここに書くのもはばかられるような酷い言葉で誹謗中傷を繰り広げています。


羽生選手の「優しくぶつかられたので」という発言の揚げ足をとり、「加害者のくせに被害者ぶるとは何事だ」とアンチは主張しますが、村上選手にぶつかられたという意味ではなく、「衝突する瞬間にとっさに受け身を取り、優しくぶつかることができた」という可能の意味でしょう。「ぶつかることができた」「ぶつかれた」と言った方が誤解を招かず良かったとは思いますが、よくある言い間違いです。
彼はソツなくコメントをこなしますが、四字熟語の漢字を間違ったり、二重敬語を使うこともあったりして、必ずしもいつも完璧な言い回しをしているわけではありません。ちょっとした言い間違いにそれっとばかりにアンチが食いつくということは、逆にそういうことしか羽生選手には叩くところがないということです。


吐き気がするのは、彼らは村上選手の不調に同情するふりをしながら、実際のところはまったく気遣ってなどおらず、単なる嫌いな選手を叩くための道具として利用していることです。

それは、村上選手のインスタグラムに羽生選手を傷害罪で訴えろなどというコメントをつけたことからも伺えるでしょう。


アンチ臭を巧みに隠しながら、良識あるスケートファンとして、「衝突やニアミスの多い」羽生選手に苦言を呈すという形で批判ツイートをしている始末の悪いアンチもいますが、スケートファンの中にはそれにコロッと騙されて、羽生選手は周りが見えなくなっていて衝突やニアミスが多いから気を付けてほしいなどと思い込んでいる人がいるのが歯がゆくてたまりません。

2014年中国杯のような大事故は稀にしても、どの選手にも衝突やニアミスはあります。どちらが一方的に悪いということはありません。
これは競技経験者の方もツイッターでそう言っています。
羽生選手だけが突出して多いなんていうことがありうるでしょうか。

注目される選手であれば、映像に撮られることも多いでしょう。何かあれば些細なことでもセンセーショナルに報道するでしょう。
実際に全日本の練習時の衝突も、「激突」と大げさに表現した記事がありました。
そういったことによる、「なんだかそういうニュースをよく見る気がする」=「衝突・ニアミスが多い選手」と印象を操作されていないでしょうか。

【追記】*****
この顛末も付け加えておきます。

2016年の世界選手権の公式練習中、海外の選手が羽生選手の曲かけ練習をたびたび中断させてしまい、トラブルになったことがありました(このトラブルそのものについてはここでは触れません)。

アンチは日本の報道でその選手の名誉が傷つけられたとし、BPOに彼の名誉回復を訴えるための署名活動をネットで始めましたが、どのテレビ局のどの番組が問題だったかを明らかにしない内容だったので、活動じたい意味をなさないものでした。

彼らの目的は、故意に妨害したとその選手を名指しして彼の名誉を<傷つけた>羽生選手に謝罪会見を開かせ、引退に追い込むという支離滅裂なものでした。

同じ日本人の選手、それもフィギュアスケート史に残る数々の栄冠に輝く五輪金メダリストを、こうまでして陥れようとするわけですから常軌を逸しています。

しかし、実に間抜けだったのは、首謀者が表向きは海外選手の名誉のためにという大義名分を掲げたこの署名の呼びかけを、あろうことか2ちゃんねるの羽生選手のアンチスレで始めたことです(捨て身のギャグかと思いました)。

これでは署名活動をやっているのがどんな連中で、真意は何か、絶対にバレてはいけないことを自分たちで暴露しているようなものです。

実際、署名ページには羽生選手への誹謗中傷コメントが渦巻いていました。

最終的に彼らは一人でいくつものアカウントを作り、人数を水増しして署名をまとめ、BPOに送り付けたようです。

当然、そのようなイカレた署名は相手にされるはずもなく、徒労に終わりました。


最近、ツイッターで羽生ファンがこんなことを呟いていました。


アンチがいくら必死になって羽生選手の評判を落とそうと画策しても、世間の人たちは何ひとつ信じていない。

十分な実績を積んでなお、さらに向上しようとひたむきに努力を続ける姿、周りの人に感謝し、みんなの期待に応えようと誠実に向き合う姿。そんな羽生選手しか見ていない。

アンチの悪あがきは何の成果も生んでいない。
徒労、ご苦労。
今はそんなふうに思う。


あ~なるほどな~その通りだわ~と私も思いました。
今はアンチが何を言っているのかなんて、まったく見ていません。
連中の目的の一つは、誹謗中傷を目に入れて羽生ファンを悲しませたり怒らせたりすることなので、わざわざそれに応えてやる必要もないわけです。

*****

アンチは技術の見分けもできなければ、ルールの知識もないような人がほとんどで、ルールを知ってそうに見えても半可通であることが多いです。
彼らが贔屓にし、アイコン画像に使ったりプロフィールに「ファンです」と挙げたりしているスケーターのイメージはどんどん悪くなっていきます。

スケーターを貶め、フィギュアスケートを貶める。
それが本当にファンのすることですか。
そんな人たちに「あるべきフィギュアスケートの形」など語られても片腹痛いだけです。
「フィギュアスケートは死んだ」と言うのなら、嫌いな選手が勝つ姿を見るのが悔しいのなら、どうぞフィギュアから離れて他の楽しみを見つけてください。
アンチの存在はフィギュアスケートにとっても、真摯に競技に向き合う選手にとっても害悪でしかありません。

最近になって羽生選手に関心を持たれて検索している方は、どうか彼らのでっち上げを信じないようにお願いいたします。


この記事は事実を指摘しているだけなのに、書いたことへの非難、罵倒、嫌味や当てこすり、反論記事を書いたから読みに来い(←そんな義理も興味もないので行きません)などのコメントが寄せられました。

自分たちの評判を落とされたのが腹が立つというなら、贔屓を褒め称えたその口で見るに耐えない他選手への誹謗中傷を垂れ流すお仲間に注意すべきでは?

怒りの持って行き場が違うでしょう。

直接関わる勇気がないのなら、せめて自分はそんな人たちとは違う、アンチや陰謀論でフィギュアを貶め、選手を傷つけるのは許さないとツイッターなりブログなりで意思表示するくらいは出来るのではないですか?

アンチを批判する者を攻撃するのでは、結局はそういう連中と同類だと自白しているも同然だと思うのですが。

そんな中で、Mさん初め、数名の方が「同じファンとして申し訳ない」とこちらの気持ちに寄り添ってくださったのは救いになりました。



【お断り】
羽生選手のアンチ専用のブログがあるようで、2014年9月にこの記事を書いた直後、そちらへ「れんか」というハンドル名の人が書き込みをしたようです。アクセス解析にブログ名と私のハンドル名を組み合わせたワードがちょくちょく出てくるので不審に思い、調べてみたところ、上記のことがわかってびっくりしました。

私はわざわざアンチブログを読みに行ったり、コメントを書き込んだりしません。
偶然ハンドル名が一致した人がいたのか、私のハンドル名を騙ったのかは知りませんが、私ではないことだけははっきりさせておきたくてこれを書きました。


※コメント受け付けは終了しましたので書き込みはご遠慮ください。


スポンサーサイト
[ 2014/09/18 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(164)

こんばんは

れんかさん、深夜にお邪魔します。

記事読みました。

「読みました」としか今はうまく言えません。

「読みました」は違うかな、この記事にれんかさんの強い意志を感じて、なんだかそれを受け取った気がして「気持ちは伝わりました」と言いたいのかも。

すみません、いつも文は下手なんですが、それなりに推敲してはいるんです。

今も、ちゃんと考えをまとめてから、書きたいと思うのですが、まず、れんかさんにこの記事を読んだとすぐに伝えたくてコメントします。

この記事の中の出来事について、思うことはたくさんあります。
記事を読み進めていく度に、泣きそうになりました。
でも、泣いてたまるかって気持ちで必死に涙を堪えました。
強くなりたいから。

いろんな言葉で傷つく時、いろんなことを考えます。
どう対処すればいいのか、どう相手に立ち向かうか、その中で一番強く思うのは「自分はどうありたいか」です。

他人の考えを変えることはとてつもなく難しいこと、
まして、相手は現実を現実と捉えていないから。

事実を誤って認識していて、真実を伝え、誤解を解いて納得してくれる人はまだいいです、そういう人に対しての訂正の行動ならいくらでもやろうという気になります。

でもアンチの人は頭の中のことだけが事実で、その事実にあう都合の良いものだけが真実、それ以外は捏造、こんな人を変えるなんて到底無理です。

以前、世界選手権の時に羽生君に手紙を書いた理由書きましたよね、「彼に+の気持ちを届けたいから」と。

その気持ちは変わらず、それに加えて、強くなりたいと思いました。

私は羽生結弦という選手のファンです。
誰に恥じることなく、私の意思で彼を応援しています。
皆がいいというから?そんな周りの評価なんか関係ない
私が、彼の演技をみて好きだと思った
私の感性を誰にも文句は言わせない
彼をいくら貶めようと、私の考えは変わらない。

そして、これも前にコメントしましたよね。
「羽生君のファンとして恥ずかしくない人でいたい」
この気持ちも変わりません。

これからも彼を応援するのみです。

う~、本当にぐだぐだ文ですみません(>_<)。
多分、あとで文のおかしさに恥ずかしくなると思いますが書き込みします。

※文のひどさに非公開にしたかったんですが、それで、余計な勘繰りを受けたくなくて公開コメントにします。
また、考えが浮かんだらコメントすると思いますが、その時はよろしくお願いします。

ではでは失礼します。
[ 2014/09/18 03:16 ] [ 編集 ]

Re: こんばんは

瀬都さん、読んでくださってありがとうございます。

感情的にならないようにと心がけたつもりでしたが、ところどころ気持ちが抑えきれず流された部分があります。


> いろんな言葉で傷つく時、いろんなことを考えます。
> どう対処すればいいのか、どう相手に立ち向かうか、その中で一番強く思うのは「自分はどうありたいか」です。
>
> 他人の考えを変えることはとてつもなく難しいこと、
> まして、相手は現実を現実と捉えていないから。

同感です。他人を変えようとするのは不可能に近いですね。
今回のことで特にそれをまざまざと感じました。
肝心なのは、その中で自分はどうありたいかを考えること。

> 私は羽生結弦という選手のファンです。
> 誰に恥じることなく、私の意思で彼を応援しています。

私もそうです。彼が勝つから、人気があるから応援しているんじゃない。
ただ好きだから。それだけです。
そしてそれは、彼が選手を辞めても続くのだと思います。

瀬都さん、いつもありがとう。
書くべきかどうか迷ったけど、書いてよかったと思いました。
[ 2014/09/18 08:00 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして。
ありがとうございます。本当にすっきりしました。
あの方たちは、色々なブログに立ち寄られては毒を吐いて行かれます。驚く事に他の方が諌めても、絶対曲げません。
ある意味、凄い!この方たちには、日本語通じないのかとも思いました。
そして唱える事は、最後はいつも同じです。
自分のファンが同じようになったら、絶対、羽生君は悲しむ。(あの人たちを見てきたから)
だから自分はそうならないように気をつけようと心から思います。
[ 2014/09/18 09:32 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして、れんかさん

読みました(*^-^*)
読んでいるうちに泣いてしまいました
言葉が上手くあらわれません
1つだけ言うなら「同感です」
そして短いブログですが、私のブログで今回のれんかさんのブログを紹介させて頂きました
事後報告で申し訳ないです<m(__)m>
私もスッキリしました・・・
自分が書いていないのにね
ありがとうございました\(^o^)/
[ 2014/09/18 09:36 ] [ 編集 ]

泣けました。

初めまして。読ませてもらって 涙が止まりませんでした。あたしは ゆづのファンになって 1年もたたないので 2012年の動画は見ることが出来ても その時の様子や 話は知りませんでした。そんな 酷いことがあったんですね。どうして あんなに 頑張って死に物狂いでスケートをしてる少年に 人の心を踏みにじるようなひどいことがいえるんでしょうか。同じ 大人として 恥ずかしいです。応援してる選手以外の選手もあたたかく見守ることができる そんなファンばかりになってほしいものです。どうか ゆづがこれ以上悲しい辛い思いをしないことを願ってやみません。
[ 2014/09/18 10:54 ] [ 編集 ]

これからも

はじめまして。
この記事を読ませていただいて、読み進めていくたび涙が溢れて、止まらなくなりました。

私もツイッターでのあの騒動は知っています。

あの醜悪な言葉自体には、もう慣れて心が麻痺してしまい「ああ、そんなことも言うだろうな」と思ってしまったのですが、それよりびっくりしたのは後から出てくる「(批判した人たちは)工作員」「集団リンチ」「選手の代理戦争」だという高橋ファンの人達の意見でした。

「震災を使って誹謗中傷するのはやめてください」と言うと、なにやら工作員扱いされ、集団リンチでいじめていることにされ、お互いのファンの代理戦争だと言われるのか、と。
世の中には自分の理解の及ばない人がいるんだなということが、分かっただけの騒動でした。


また、その騒動の発端のツイ主さん、昨日あたり「未成年を批判するなんてねー」とかいうツイをされてましたが、目玉が飛び出そうになりました。
お仲間の方が「未成年を批判するなんて!と普段言ってる人らが、宇野選手を批判してるのはいいの?」みたいなことを呟かれてたので、それに対する感想だと思いますが。(実際に、普段羽生選手をかばっている人達=羽生ファン?が宇野選手を批判しているようなツイッターなどがあるのかは知りません。色々検索しましたが見かけません)


彼らへの反論はこの3つで全ておさまることだけだと思います。
「お前が言うな」
「お前がそう思うならそうなんだろう、お前の中ではな」
「証拠もないのに話を作るな、なすりつけるな」

それだけ。

そして世代交代がそんなに許せなくて、何でもかんでも陰謀と結びつけるなら何のスポーツ見ても辛いだけだろうな、と。



2012全日本の演技はまだ見れません。
私もあの場にいたからです。
あの時会場で感じた空気は、忘れることができません。
目を逸らさずに録画を見直すことができるまでには、まだ少し時間がかかりそうです。

私も羽生選手が金メダリストだからというだけでファンをやってるわけではありません。

彼の演技に感動し、心動かされた。

あんな明るくて、優しくて、強い人を私は他に知らない。

そんな彼を尊敬し、勇気をもらっているのです。
このことだけは誰にも否定させたりしない、バカにされるいわれもない。

これからも成績にかかわらず、等身大の彼自身を尊重し、応援していこう。

心からそう思いました。
記事をあげてくださり、感謝しております。
[ 2014/09/18 12:52 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 15:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 15:56 ] [ 編集 ]

Re: No title

あやさん、こんにちは。

> 自分のファンが同じようになったら、絶対、羽生君は悲しむ。(あの人たちを見てきたから)
> だから自分はそうならないように気をつけようと心から思います。

同感です。絶対にゆづの悲しむようなことはしないでおきましょう。
反面教師として、あの人たちは実にいい教材だと思います。
[ 2014/09/18 19:16 ] [ 編集 ]

Re: No title

miyuさん、こんにちは。
ブログでご紹介くださってありがとうございます。うれしいです(^^)
これからも、ゆづを応援していきましょう。
[ 2014/09/18 19:18 ] [ 編集 ]

Re: 泣けました。

みーちゃんさん、こんにちは。
大人として恥ずかしくないように・・・ほんとにそう思います。
ゆづのファンは若い人も多いだけに、みっともないところを見せたくないですね。
ゆづはもう十分辛い思いをしたので、これからはきっと幸せなことがいっぱいあると思います。
というか、彼は自分で幸福を引き寄せていますね。
[ 2014/09/18 19:21 ] [ 編集 ]

Re: これからも

maiさん、こんにちは。
そうでしたか。あの2012全日本の会場にいらっしゃったのですね。

宇野選手については、批判しているゆづファンが仮にいたとしても、あの人たちがそれを言うのは笑ってしまいますね。
というか、宇野選手を高橋選手の代わりにゆづを倒してくれる選手とみなしているようなのが、ほんとに失礼だと思います。

> 彼らへの反論はこの3つで全ておさまることだけだと思います。
> 「お前が言うな」
> 「お前がそう思うならそうなんだろう、お前の中ではな」
> 「証拠もないのに話を作るな、なすりつけるな」
>
> それだけ。

墨で大書して、ぜひとも彼女らの部屋に貼ってきたいですね(笑)
それか、パソコンのキーを叩いて中傷ツイをするたびに、この3つの言葉がツッコミを入れてくれたらいいのにね。

> あんな明るくて、優しくて、強い人を私は他に知らない。
>
> そんな彼を尊敬し、勇気をもらっているのです。
> このことだけは誰にも否定させたりしない、バカにされるいわれもない。
>
> これからも成績にかかわらず、等身大の彼自身を尊重し、応援していこう。

同感です。
[ 2014/09/18 19:33 ] [ 編集 ]

Re: No title

匿名希望さん、こんにちは。

お返事を書くために、一部引用させてください。

> オーサーがネットで誰かに対する悪意の書き込みを偶然見つけ、「あんなのはいじめっ子のようなものだ」とスケーターにSNSを見ないよう言った、ということは2013年のInternational Figure Skatingの記事にありましたし、日本の記事にも同様のことが書かれていた記憶があります。
> ただ、「羽生選手がネットで自分の評判を見て落ち込んだ」と報道された記憶は私にはないのですが、どこでご覧になったのでしょうか?

すみません。いつ読んだのかははっきり覚えていないんです。確かネットで読んだ日本の報道記事の一つだったと記憶しています。オーサーのインタビューとしてではなく、羽生選手メインの記事でした。SNSという言葉は出てきませんでした。International Figure Skatingの記事はブログで翻訳されている方がいますね。確認してきましたが、私が読んだのはそれではなく、Yahooか何かのニューストピックで上がっていた記事の一つではなかったかと思います。

> 高橋選手ファン全員を敵視するような書き方では、ファンの間によけい対立を生んでしまうことになってしまう。そういう事態は羽生くんも望んでいることではないと思うのです…。

ご指摘を受け、本文にこれは私の主観であること、今までの経緯から、高橋ファンを見ると身構えてしまうような心理状態になってしまったという但し書きをつけました。

敵視と言われると、敵視かもしれません。とにかく今はそういう気持ちであるということです。自分の好きな選手があそこまで凄まじい叩かれ方をすれば、こういう心理状態になることもあるのだと知っていただきたいです。

もちろん、そんな状況がよくないこと、羽生選手も望まないであろうことは知っていますが・・・。
[ 2014/09/18 19:50 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

u*****さん、こんにちは。

まず、厳しい言い方をしますが、「特亜」という差別表現を使うのはご遠慮いただけますか。
お気に障ったら申し訳ありません。

仙台の方なのですね。震災では大変な思いをなさったことでしょう。お見舞い申し上げます。
彼も同郷の方が応援してくださると、より一層励みになると思います。
もうすぐ試合で彼の演技が見られるのは楽しみですね(^^)
[ 2014/09/18 19:59 ] [ 編集 ]

No title

ゆづが心無い人たちからバッシングにあってること、本当に心が痛みます(>_<) そして、わたしはもう一方の選手も好きなので、わたしの大好きな選手のファン(ある意味お仲間)が、もう一方の大好きな選手を叩くその行為が本当に不快でした。
相手の心を変えるのは不可能なこと、わたしはGPFのEXの件で思い知りました。STORYの振付が誰かを考えれば叩くのはお門違いなのは明らかなのに、全然改めないどころか、加速するばかり。

だから、せめてわたしたちファンがゆづのために何かできるか?
本当に考えました。
とはいえ所詮ファン、何か直接できるわけではありません。
きっとゆづは、心無い人が自分のことをバッシングしてることをイヤというほど知ってるだろうから、そんなくだらないことで思い悩むことがないくらい、それ以上に、沢山ゆづのことを応援してる人がいるんだよ、ということを知って、自信を持ってもらいたい。
沢山の愛で満たしたい。
だから、会場に出向いて沢山の応援をして、手紙などで応援の気持ちを伝えていきたいと思います。
だから、ゆづの試合はできる限り現地で見届けるつもりです。

きっとそう思って行動してるファン、わたし以外にもいっぱいいるんだろうなと思ってます(^_^)
そう考えると、アンチの行為って逆効果ですよね(^_^;
[ 2014/09/18 20:32 ] [ 編集 ]

因果応報

今晩は。

れんかさん、この件につきまして真っ正面から率直に書いて下さり有り難うございます。
これだけ書かれるのは覚悟も必要だったと思います。
流石、れんかさん。恐れ入りますぜい。

羽生君に対する誹謗中傷が益々エスカレートして今は本当に末期症状です。
今回の炎上は天からの最後通告だったのではないかと思うのであります。
あなた方はまだ続けるつもりですか、と。
でも、もう変わらないと決めている様ですね。これからも彼女達は変わらず執拗に誹謗中傷を続けるでしょう。
何だかレッドゾーンを越えてしまったみたいです。

でもね、自分で出したものは結局自分で受けとる事になるんですよ。
汚いものを出せば汚いものを、反対に綺麗なものを出せば綺麗なものが。
これは宇宙の法則です。いたってシンプルです。

彼女達が出して来たおぞましい毒素は、10倍になって自分達にかえって来るでしょう。それがいつかえってくるか知りませんけど。

私は間近でそうそう人達を見て来ました。恐ろしいですよ、本当に。


羽生君が24時間テレビで石巻の中学生に語った言葉がとても心に残りました。

《本当に大変な事ばっかりだと思うんですけれども、そこに全部『有り難う』って言えるくらい感謝の気持ちを持っていれば、いつか絶対いいことがあるなって、僕は信じています》


…きっと羽生君は誰も恨まず憎まず全ての事を受け入れて感謝して前に進んで来たんだなと思いました。

彼は沢山傷付いたかもしれない。でも同時に同じくらい磨かれたと信じています。だって、今の羽生君、凄く輝いているのだもの。
純粋な心で命懸けで努力してきた人は天が味方してくれますね。

何か宗教みたいな書き方は本来好きではないのですが、羽生君を見ているとそう思わせるものがあります。不思議な人ですよ。

誰が何と言おうが、私はこれからもずっと羽生君を応援してゆきます。
スケートを辞めても辞めなくても、勝っても負けても。羽生結弦という人柄に惚れましたわ。


現在、文化財の仕事に携わっておりますが、彼は本当に日本の宝です。生きているうちに彼に出会って幸せですわ。

[ 2014/09/18 21:26 ] [ 編集 ]

Re: No title

かずさん、こんにちは。

私ももう一方の選手が大好きでした。でしたって過去形で語らなきゃいけなくなったのがほんとに悲しいです。いっときは、その選手が五輪金メダルで、ゆづが銀メダルだったらいいなあなどと夢見ていたことすらありました。
今はその選手を見ると、その背後にあの人たちが見えてしまうので、演技は無心に見るようにはしていますが、前のような親近感は感じなくなってしまいました。残念です。

「Story」叩きはほんとに、意味がわかりませんでした。
まるで被害者のように、傷つけられたとあの人たちが嘆いているのを見て、ゆづが知ったらどんなに傷つくだろうと気が気ではありませんでした。あれ以来一度も「Story」を滑らなくなってしまったことが気がかりです。

> きっとゆづは、心無い人が自分のことをバッシングしてることをイヤというほど知ってるだろうから、そんなくだらないことで思い悩むことがないくらい、それ以上に、沢山ゆづのことを応援してる人がいるんだよ、ということを知って、自信を持ってもらいたい。
> 沢山の愛で満たしたい。

ほんとうに。

> だから、会場に出向いて沢山の応援をして、手紙などで応援の気持ちを伝えていきたいと思います。

ええ。ただ、あの人たちがやったみたいに、人気アピールにならないように気を付けないとね(^_^;)
ほんとに、アンチのやっていることって逆効果ばっかりですね。
[ 2014/09/18 21:36 ] [ 編集 ]

Re: 因果応報

碧さん、こんばんは。

> これだけ書かれるのは覚悟も必要だったと思います。
> 流石、れんかさん。恐れ入りますぜい。

ははははは(^▽^;) 骨は拾ってくれぃ。

考えもまとまらなくて堂々巡りしてたし、書いても虚しいだけだと思ってたんですが、スルーしようとすると、化膿した傷がそのまま塞がってしまうようで・・・。
切開して、溜まっていたものを出してしまったらすっきりしました。

> 彼女達が出して来たおぞましい毒素は、10倍になって自分達にかえって来るでしょう。それがいつかえってくるか知りませんけど。

うん、ほんとに。ブーメランですよね。絶対かえってくると思います。ただ、今はなぜか彼女らの贔屓選手がとばっちりを受けているようで、とても気の毒です。なんでやねん。

> 《本当に大変な事ばっかりだと思うんですけれども、そこに全部『有り難う』って言えるくらい感謝の気持ちを持っていれば、いつか絶対いいことがあるなって、僕は信じています》

この言葉、じーんときました。なかなか言えないですよ。
ゆづはいつも感謝の気持ちを周囲に持ってて、それを言葉にしますよね。
ほんとに、自分の子供くらいの青年に教えられることがいっぱいです。

> 彼は沢山傷付いたかもしれない。でも同時に同じくらい磨かれたと信じています。だって、今の羽生君、凄く輝いているのだもの。
> 純粋な心で命懸けで努力してきた人は天が味方してくれますね。

ほんとにそう思います。私も宗教じみた話は好きじゃないけど、それでも、彼は心映えがいいから、自分でいいものを引き寄せているような気がしますね。

碧さんは文化財のお仕事なさってるんですね。
私もゆづと同じ時代に生きられて幸せです。
[ 2014/09/18 21:44 ] [ 編集 ]

涙でました

れんかさん
はじめまして、読ませて頂いて涙がでました。
同じ気持ちで私も怒ってました。
そして今日ゆづを叩いてたアンチの人が、仙台の人だという事を知りショックでした。
ゆづはあんなに故郷を思っているのになんで?とほんとうにショックでした。
私も同郷なのでほんとうに悲しいです。
ゆづが知ったらどんなにショックで傷つくかと心配になります。

これからもゆづの味方で、応援していきます。
そして私も「羽生君のファンとして恥ずかしくない人でいたい」と思います。
[ 2014/09/18 22:16 ] [ 編集 ]

Re: 涙でました

kakoさん、こんばんは。

仙台の方ですか。地元の方に応援されたら、ゆづはそりゃうれしいと思います。
どうぞいっぱい応援してあげてください(って私が言うのもなんですが)。

そうなんですよ。アンチの中に仙台市民が何人かいます。
なんでそんなことができるんでしょうね・・・。

ゆづはみんなで強くなりたいって言ってるので、そんな彼の言葉を尊重したいですね。
一緒にマナーを守って応援しましょう!

[ 2014/09/18 22:22 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 22:38 ] [ 編集 ]

はじめまして

こんにちは。
twitterからこちらにたどり着きました。
今とても悲しい気持ちになっています。
私は高橋ファンです。
2011年4月神戸チャリティーでのゆづの白鳥は素晴らしい演技でした。あの時、涙を流しスタオベで讃えた観客の多くは高橋ファンでした。
ニースワールド、ソチファイナル、ロンドンワールド、ソチオリンピック、さいたまワールド、私は全て現地で日の丸を掲げ、ゆづを応援しました。
私の周りの高橋ファンは皆私と同じように、ゆづを応援していましたよ。
そういうファンが沢山いる事を、知っておいて下さい。
ネット上のアンチと戦うよりも、是非現地に足を運んで、ゆづに声援を送ってあげて下さい。
余計なお世話だったら、すみません。
[ 2014/09/18 22:48 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

m*****さん

こんばんは。コメントありがとうございます。
そうでしたか。私は以前は某選手のファンブログへもお邪魔していましたが、一度イヤな目に遭いまして、それから二度と行っていません。

いまだにやってるんですね。ツイッターでもブログでも、お仲間同士で。恥ずかしくないのかと思います。
そんな時間があれば、ルールの勉強でもしとけよと。

そういう人たちがいると、やっぱり某選手のファンはって思ってしまうんですよ。そういうこと言うと反発する人もいますが。
だって、そこまで酷いことしてるのって、あの人たちくらいですから。

この記事も、たくさんツイッターで紹介していただいてますが、「ネットでアンチと戦う暇があったら、ゆづの応援でもすればいいのにね」って嫌味たっぷりで紹介している人を見たら、やっぱり某選手のファンで、悪質アカウントをいっぱいフォローされてました。

ああすみません。思わず愚痴ってしまった(^_^;)

「神戸の演技会で・・・」の話はほんとに酷いですね。選手だけじゃなくファンも傷つけようという意図がありますよね。

阿修羅のように蘇り、戦い続ける。でも、修行する菩薩。
いいなあ(笑)
[ 2014/09/18 22:55 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

通りすがりの高橋ファンさん

こんばんは。

> 2011年4月神戸チャリティーでのゆづの白鳥は素晴らしい演技でした。あの時、涙を流しスタオベで讃えた観客の多くは高橋ファンでした。

そうですね。でも今になって、「神戸の演技会で拍手しなければよかった」などと言っている方もいらっしゃることをご存知でしょうか。

> 私の周りの高橋ファンは皆私と同じように、ゆづを応援していましたよ。
> そういうファンが沢山いる事を、知っておいて下さい。

そういう方もいらっしゃるのだろうと思います。
ただ、私の目に入る範囲では、悪質か、そうでないと思っていたらやはりゆづに反感を抱いているといった方ばかりでしたので。

> ネット上のアンチと戦うよりも、是非現地に足を運んで、ゆづに声援を送ってあげて下さい。

アンチと戦うつもりなどありませんよ。
2年以上にわたるやるせない思いを整理するために文章にしただけです。
それから、私はちゃんと現地に足を運んでゆづに声援を送っております。

[ 2014/09/18 23:01 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして。こんばんは。
miyuさんのブログから飛んできました。
初めてTV画面で、羽生君をにらみつけている最前列のおばさん達を見たとき、ああ本当なんだな、とショックでした。私は大ちゃんも、羽生君もみーんな応援していました。本当にスポーツとしてのスケートが好きなら、世代交代を喜ぶべきだと思うのですが、そうじゃないのでしょうね。
これは私の個人的な感想なのですが、あのセクハラ騒動のときのコアなファンの人たちの反応があまりにもあっさりしてたので、疑惑を持ってしまいました。ファンのおばさんたちも同じようなことしてたので批判できないのか?と。熱狂的なファンならもっと激高すべきなのでは?とおもってしまいました。ライトなファンの私でさえ「許せない!!」と思ったものですから。大ちゃんに限ってそんなことはないと思いたいですが・・・
大ちゃんはジャンプなんか跳べなくたって人を感動させる演技ができるんだから、ファンならそれを誇りに思っていいと思うんです。

今シーズンは羽生君の試合も楽しみですが、刑事君・龍樹君もシニアでがんばりをみせてほしいです。同級生として羽生君のライバルといわれるようになって、次世代の男子フィギュアを引っ張ってほしいですね。
9月20日からのロンバルディアトロフィー、いよいよ始まりますね。無良君、宮原さんの演技楽しみです。
[ 2014/09/18 23:21 ] [ 編集 ]

Re: No title

meilingさん、こんばんは。

なんというか、あの人たちはスポーツを見ているつもりはなくて、スケートも興味なくて、ただ芸能人のおっかけをしている感覚なのかなと思います。
セクハラも、問題の本質を見ようとしないのが不思議でたまりませんね。写真を外部に流出させたのは誰かを突き止めることが、再発防止より大事とかね。理解不能です。

> 今シーズンは羽生君の試合も楽しみですが、刑事君・龍樹君もシニアでがんばりをみせてほしいです。同級生として羽生君のライバルといわれるようになって、次世代の男子フィギュアを引っ張ってほしいですね。
> 9月20日からのロンバルディアトロフィー、いよいよ始まりますね。無良君、宮原さんの演技楽しみです。

ほんとに楽しみですね。同級生トリオもだし、無良くんや知子ちゃんの演技も(*^^*)
[ 2014/09/18 23:29 ] [ 編集 ]

自分に出来ることは・・・

こんにちは
読んでいて、泣きそうなり、そして冷静にもなれました。
自分に出来ることを続けようと思います。
2年連続でアイスショーに行きました。
来年も行ける距離なら行くつもりです。
試合もチケットが取れて、時間とお金の都合がつけば行きます!

あと自分に出来ること・・・
ネットで誹謗中傷を見たら、注意します。
相手にするなという人もいるかもしれない、
けど別に相手を言い負かしたいわけじゃない。
あの人たちに対して、反論する人間もたくさんいるんだということを
知らせるためです。
あの人たちはこれまで自分たちに反論する人間はいないと
ばかりにやりたい放題でしたから。
羽生くんよりも前に、中傷されてきた選手もいます。
黙っていてはダメだったんすよね。

最後に、れんかさん、ありがとうです。
[ 2014/09/18 23:31 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 23:40 ] [ 編集 ]

初めまして

私も言いたかったことを全て言葉にして下さってありがとうございます。
当時まだ十代だった子が投げかけられるにはあまりにも酷い言葉の数々、私もネットで色んなアンチを見てきましたが、あそこまで危機感を覚え、悲しみ、感悪寒に震えた事は未だかつてありませんでした。あれはネットによくいる荒らしとは別物の類です。
私はフィギュアが好きで良く見ていましたがネット検索をかけるほど選手にはまっていた訳ではなかったのでこんな酷い人達が存在していた事を知った時、本当に衝撃を受けました。
連盟に対しての陰謀論、、彼の記事を探していた時、それに絡ませた記事をいくつか読み・・・なんだこれは?と疑問に思いました。
それ以降も例の陰謀論にいくつか当たりました。・・・もうその陰謀論を掲げている数々のブログには一切近寄りません。
探してみると真っ向から対立するようなブログもあります。そういった方達は人種差別なく選手の記事を上げている人達のブログです。(要はお隣の国の選手の事も上げている所)おそらくこういった方が本来のスケオタと呼ばれている人達だったんじゃないかと思います。
純粋に選手の演技を考察し、意見を交わし合い…決して選手を誹謗中傷する事のない人達。
それが何故こうも悪質に移り変わっていったのか理解に苦しみます。
私が知る限り女子選手への中傷も凄まじい物がありましたが、女子選手への中傷の類とは違う。

スケーターの場合、芸能人で言う事務所に当たるのが連盟だと思っています。
連盟は今まであった選手達への中傷に気付いているだろうに・・・今までなんの対処もしてこなかったのだろうかと思うと、何とも変な団体だと思わざるおえません。


れんかさんの記事にあった、ゆづファンの中に…と言う部分。
それは本当に見付けたら私も注意したいと思っています。
すごく簡単で人として生きていく中で重要なこと・・・。幼稚園で先生が教えてくれる「自分がされて嫌と思ったことは人にやってはいけないよ」という事なんですよね。
こんな簡単なことが、どうして分からないんだろうと常々思います。
まあ分かっていたら苦労しませんよね。
日本語通じないというより、もはや人語が通用しないと思っています。


こういう記事、上げるだけでも精神的苦痛だったと思います。本当にご苦労様です。

ああいう人達を見て常々思う事・・・
絶対に自分は他選手を下げるような事は言わない!言いたくもない!
と言う事だけです。

長々と失礼しました。
今期も純粋に応援して行こうと思います!
[ 2014/09/18 23:41 ] [ 編集 ]

No title

れんかさん、こんばんは。

ずいぶん踏み込んだことを書かれてるな、とすこし心配しながら読ませていただきましたが、途中から驚きより怖さを感じました。
選手について検索したりツイッターでファンをフォローすると碌なことにならない、と気づいてからは決まったblog巡回しかしていない私には初耳の話も多く…なんというか、言葉がありません。

ところで、「○○選手のファン」と十把一絡げにするのは良くない、という意見については私もできればそうした方がいいと思います。

「すべての○○選手のファンがそんなんじゃない!」

もし私が今回のような指摘をされたら上記のように反発してしまいそうです。
でも本当に選手のことを思うなら、反発する前に同じ○○選手のファンとしてアンチを諌めることで「すべての~~じゃない!」を周りに示せるのではないか。心の底では「アンチなんかと一緒にされたくないよ…」と思ってしまいそうですし、自分がいざそういう場面で冷静に対処できるか自信はありませんが、私に思いつくベターな方法はそれくらいです。
私が知らないだけで行動されてる方もいるかもしれません。そうだといいな…

そして、今回れんかさんの記事を読んで一番思ったのは、
「やっぱり選手についてネットで調べた時にアンチblogや陰謀論ばかりヒットする状況はまずい」
ということでした。
もちろん捏造や中傷を批判し正していくことも大事ですけど、もっと楽しい記事やためになるルール解説のblogがたくさんヒットするようにならないかな、と思いました。
そのためだったら私もblogやろうかな、と(いや、ルール解説もできないし、楽しい記事書くための情報集めの段階で被弾してダメージ受けるようなヘタレなんですけど…あらぬ方向から弾が飛んでくるので…)。
「フィギュアスケート観戦って楽しいよ」がネット上に溢れて、相対的にネガティブな情報が少なくなれば立ち止まってくれる人も増える気がするんです。
実際そう考えて情報発信してる方も、れんかさん始め大勢いらっしゃいますよね。私は投票ぐらいしかやれること思いつかないんですけど、何かもっとできることないかなあ、って思っています。

長々ととりとめのない文章でごめんなさい。
今宵はどうか、素敵な演技動画をご覧になって疲れを癒してくださいませ。
[ 2014/09/18 23:44 ] [ 編集 ]

Re: 自分に出来ることは・・・

かりんとうさん、こんばんは。

そうですね。アンチは相手にしないのが人生の大切な時間を無駄にしなくていいのかなと思いますが、気力があるときはできる範囲で誹謗中傷を注意したりしていきましょう。でも、相手を見ないと。放置しといた方がいいような危険人物は気をつけなきゃ(笑)

あと、ゆづの力になれるような応援をしていきましょう。
[ 2014/09/19 00:04 ] [ 編集 ]

Re: コメントB面です

内緒コメのMさんへ

同意! 激しく同意!(笑)
ちょっと返信書けないけど、私も同じことを思っていました。
[ 2014/09/19 00:06 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/19 00:07 ] [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして
はじめてコメントさせていただきます。

今回このようにブログにあげて頂きましてありがとうございます。
私は凱旋パレードのあの言葉がずっとひっかかった一人です。
「パレードにきているひとはみんな味方だからね。こんなにたくさんいるんだから…。」
お祝いにふさわしくない言葉でした。
なにがあるのと思って、色々他のブログを拝見し、特に震災に関してあることないこと書いてあり、ほんとにひどい…最近は見ないようにしてますが。
あの言葉…結弦くんのそばに聞いてくれる、相談にのってくださる人がいてくださって、本当によかったです。人柄でしょうね。どう考えてもつらく苦しかったでしょうにと思ってしまいます。
でも結弦くんは今でも頑張っています。だからファンもどんな形であれ応援していきたいと思っていると思います。わたしも応援するほうも頑張らないと思ってしまいます。

文章が少々苦手でわかりにくかったかもしれません。
本当にありがとうございました。
これからもブログ頑張ってください。また見にきますので。
お邪魔しました。
[ 2014/09/19 00:07 ] [ 編集 ]

Re: 初めまして

naoさん、こんばんは。

> そういった方達は人種差別なく選手の記事を上げている人達のブログです。(要はお隣の国の選手の事も上げている所)おそらくこういった方が本来のスケオタと呼ばれている人達だったんじゃないかと思います。
> 純粋に選手の演技を考察し、意見を交わし合い…決して選手を誹謗中傷する事のない人達。

こういうブログこそお手本にしたいです。ほんとにスケートが好きで、選手に敬意を持っている人たちですね。

> すごく簡単で人として生きていく中で重要なこと・・・。幼稚園で先生が教えてくれる「自分がされて嫌と思ったことは人にやってはいけないよ」という事なんですよね。

そうですよ。まさにそれですよ。なんでいい歳した大人がそれができないんでしょうね。
自分の好きな選手を貶されたり傷つけられたら、誰だってイヤだろうに。
そういうことをしないで、すべての選手に敬意をもって応援したいですね。
[ 2014/09/19 00:10 ] [ 編集 ]

Re: No title

fooさん、こんばんは。

> ところで、「○○選手のファン」と十把一絡げにするのは良くない、という意見については私もできればそうした方がいいと思います。

そうですね。理屈ではわかってるんですよ。ちゃんとしたファンの方が迷惑されるだろうってことも。
でも、じゃあなんで、そろいもそろってあの選手のファンだけがあそこまで悪質なの!? っていうね。
そこがちゃんと腑に落ちないので、気持ちを整理することができないでいるんです。

> そして、今回れんかさんの記事を読んで一番思ったのは、
> 「やっぱり選手についてネットで調べた時にアンチblogや陰謀論ばかりヒットする状況はまずい」
> ということでした。
> もちろん捏造や中傷を批判し正していくことも大事ですけど、もっと楽しい記事やためになるルール解説のblogがたくさんヒットするようにならないかな、と思いました。

これ、ほんとそう思いますよ。心から。
フィギュアは技術もルールも複雑で奥が深いから、簡単には解説できなくて、だからトンデモ技術論やなんちゃってルール怪説のブログが横行するんでしょうけど(ああ、耳が痛いな(笑))。
知識のある人は初心者向けにやさしく解説してくれないかな~と思います。

> 「フィギュアスケート観戦って楽しいよ」がネット上に溢れて、相対的にネガティブな情報が少なくなれば立ち止まってくれる人も増える気がするんです。

ほんとにね~。フィギュアスケート観戦って本来楽しいもののはずなのに、みんな初めは好きで見始めたはずなのに、それが贔屓選手やライバルが絡んでくると、なんでとたんにこんな殺伐としたものになるの?

> 今宵はどうか、素敵な演技動画をご覧になって疲れを癒してくださいませ。

ありがとうございます。あらゆる方向から弾が飛んでくるので、少々疲れました。←自業自得

[ 2014/09/19 00:18 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして。

h*****さん、こんばんは。

励ましのお言葉、ありがとうございます。

いや~、その人、すごいことをさらっとおっしゃいますね~(^_^;)
h*****さん、大人です。私なら1発2発殴ってるかも(笑)

文章力ないなんてことないですよ! すごく伝わりましたよ。
私も同じ思いです。
一本気で繊細なゆづの背中を追い続けたいです。
[ 2014/09/19 00:22 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

sachiさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
ええ、アンチの戯言は見ないのが一番です。たまたまぶち当たってしまうこともありますが、自分から見に行かないのが心の平安のためには一番だと思います。
犯罪行為を見かけたら通報など対処が必要になってきますが。

私たちはゆづの味方でいたいですね。どんなときも。
[ 2014/09/19 00:25 ] [ 編集 ]

れんかさん、こんばんは。
今回のブログをあげるにあたって、勇気も覚悟もお有りだったでしょう。本当にお疲れ様でした。
この様に時系列でまとめたものを読ませて頂くと、まだ十代の少年にとって如何に過酷な状況であったのかを改めて知り胸が痛いです。
私が感じたことは、れんかさんやコメント欄の皆さんが殆ど仰って下さったので違う視点から一つだけ。
アンチのブログに「羽生選手がマスゴミにゴリ押しされていて高橋選手が下げられている」とかつての韓流ブームに絡めてよく書かれているのですが、果たして本当ににそんなことがあるのか、これを機会に主人に聞いてみたのです。(因みに主人は三十年近く某民放局の制作部におります。)
答えは勿論ですが「否」。番組で扱う人物や事象は単に視聴率が取れるかどうかが大きく、例えば韓流も、冬ソナやKポップがブームになりそうだったから番組で扱っただけでブームが去れば当然取り上げることは少なくなる。
オリンピックで金メダルをとった選手は、成績が振るわなかった選手より単純に一般視聴者のニーズがあるので、番組で取り上げることが多いだけとのことでした。(まあ、予想通りの答えでしたが...(^^;;)
アンチの言うことなど所詮単なる妄想から来る捏造なので信じるに値しないということの一つの証拠として、コメントさせて頂きました。





[ 2014/09/19 00:57 ] [ 編集 ]

初めてコメントします

れんかさんはじめまして。
様々な応援blogを読ませていただいてますがコメントするのは初めてです。
コメントしたい!と思うくらい泣けて泣けてしょうがなく、れんかさんの言葉1つ1つに心が震えました。
ゆづファンでやんわりと悪質行為を取り上げているブログはいくつもありますが、こんなにはっきりと書いてくださる文章に出会ったことがありませんでした。
私がお礼をいうのも変ですが、本当にありがとうございました。
これからもれんかさんの率直で実直、なおかつゆづへの愛情あふれるブログを楽しみに読ませて頂きます。

この記事も大手のブログで紹介してくれないかなー…たくさんの人に読んで欲しいです。
でも大手は面と向かってこのようなことをいう空気ではない所が多いので難しいですかね…

ブログもTwitterもやっていない私が失礼致しました。
自分発信でこの記事を拡散させることはできませんが、どうしても感謝の気持ちを伝えたくコメントさせて頂きました。
[ 2014/09/19 01:02 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/19 01:15 ] [ 編集 ]

思い切った記事ですね

れんかさん、こんばんは。

私がtwitterをやらないのは…れんかさんが書いたことが一番の理由なんですよね。
たしかに有益な情報もとれるけど、悪質なヒトたちの垂れ流す誹謗中傷も目にすることが増えるから。

それでも、ブログのほうで嫌な記事を目にすることもありますが…。

最近、あの文春の件は羽生側がリークしたことだ!なんてブログを目にしましたが…何で??理由は?って思いましたねぇ。あとチャリティーの手柄を羽生くんが横取りした!みたいな記事。小さいな~(汗)と思いましたよ。

さいわいにも私のまわりには良質な高橋ファンも数多くいるので、なるべく悪質ファンは見ないことにしています。そのヒトたちは他の選手を見下げて「大ちゃんは別格」とか「若い選手は~」なんてこと言わないし、悪質ファンのこと嫌がってますね。私も同じような質のファンがいる選手が好きなので(笑)…気持ちはわかる!

何言っても平行線なんですよね。注意しても「そうじゃない」って否定しても。

私はなるべく悪質ファンは見ないようにする…つもりですが、つい見ちゃうとやっぱりまた爆発しちゃうかもしれません。

とりあえず、リコメが大変そうなので私にはリコメいらないですよ~♪
[ 2014/09/19 01:28 ] [ 編集 ]

記事、読ませていただきました。
今まで感じてきたことを、
はっきり言葉にしてもらった、そんな気持ちです。
結弦君のファンになったのは昨シーズンからです(存在は知ってました)が
それでも心無い声を目にする機会があります。
許せない思いと、こんな人たちと同じ土俵にはあがりたくない気持ちとで
絶対にこうはならない、と反面教師にすることで
自分の中では納得させていましたが。
やはり、結弦君本人が目にしていたかと思うと
悔しくて泣けてきます。
震災にあった当時ですらまだ16才。
それよりも前から、と思うと、
幼い心がどれだけ傷つけられ
抉られ続けてきたことか
何より彼等が震災のみでなく
放射能にも絡めて彼を貶める言葉を
吐き散らしていたのを見て
福島に住んでいる者として
本当に悔しくて許せなかった。

だから、れんかさんが色々と行動してくれたのを知り
嬉しい気持ちになりました。ありがとうございます。
あのような人たちこそ断罪されるべきと思います。

まとまりがなくてつたない文章ですみません。
またブログに寄らせていただきますね。
[ 2014/09/19 03:36 ] [ 編集 ]

特定の選手やファンを名指しで批判して正義感かざしている、すでにあなたの頭がアンチ脳です。
やっていることは、あなたも同じです。
羽生選手の悪口ばかりを検索しているからではないですか?実際に他の選手に対してひどい書き込みが無数にあるのはご存知ですか?一度2ちゃんねるのスケート板をみに行くといいですよ。恐ろしいまでに羽生ファンがいろんな選手の中傷捏造していますから。耐えているのはどの選手もどのファンも同じですよ。考えてみてください。
[ 2014/09/19 06:40 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

リズリズさん、おはようございます。

> 今回のブログをあげるにあたって、勇気も覚悟もお有りだったでしょう。本当にお疲れ様でした。

いや、勇気も覚悟もないですよ。アンチへの宣戦布告みたいな捉え方をしている方もいるので、全力で否定したいです。逆にもうアホらしくて相手にしてらんないわという気分なので。時間の無駄だということを、あの騒動で痛感しました。

> オリンピックで金メダルをとった選手は、成績が振るわなかった選手より単純に一般視聴者のニーズがあるので、番組で取り上げることが多いだけとのことでした。(まあ、予想通りの答えでしたが...(^^;;)
> アンチの言うことなど所詮単なる妄想から来る捏造なので信じるに値しないということの一つの証拠として、コメントさせて頂きました。

ありがとう! 長年民放の制作部におられる旦那さんのおっしゃることだけに、とても説得力がありますね。
単純に考えたってそうですよ。もしゆづが金メダルを獲らなかったら、今ほど需要はないでしょう。
まあ、その金メダル自体が、あんだーざてーぶるだ~とか言ってるので、もう笑止千万なんですけどね。

ありがとうございました。心強い援護射撃でした。

[ 2014/09/19 07:39 ] [ 編集 ]

Re: 初めてコメントします

kuroさん、おはようございます。

温かいお言葉、胸にしみます。いろんなところからいろんなことを言われるものですから(笑) 正直、ここまで反響があるとは思っていませんでした。私はただ、自分の気持ちを整理するためにだけ書いたので。
ありがとうございます。
[ 2014/09/19 07:42 ] [ 編集 ]

Re: No title

k****さんへ

コメントありがとうございます。
とても共感するコメントでした。
そうですね、レッテル貼りはすべきではないと頭ではわかっているんですが・・・。
k****さんの周りにいる高橋ファンのような方とこそ、交流してみたいです。
私は巡り合わせが悪かった。

ブログ、今日仕事から帰ったら訪問させていただきますね。
ありがとうございます。
[ 2014/09/19 07:45 ] [ 編集 ]

Re: No title

希望さんへ

コメントいただきましたが、わざとでしょうか? 人種差別の言葉の羅列、とても承認することはできません。
私の信条とは違いますので、ご訪問いただいてもご期待に添えないと思います。
失礼しました。
[ 2014/09/19 07:47 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ぽいっとさん、はじめまして。

> 特定の選手やファンを名指しで批判して正義感かざしている、すでにあなたの頭がアンチ脳です。
> やっていることは、あなたも同じです。
> 羽生選手の悪口ばかりを検索しているからではないですか?実際に他の選手に対してひどい書き込みが無数にあるのはご存知ですか?一度2ちゃんねるのスケート板をみに行くといいですよ。恐ろしいまでに羽生ファンがいろんな選手の中傷捏造していますから。耐えているのはどの選手もどのファンも同じですよ。考えてみてください。

羽生ファンがそれをやっているという根拠は何ですか?
私がアンチスレにいるのは高橋ファンだと断定したのは、2ちゃんねるで書いた後に同じことをツイッターやブログで書き、またその逆をやっているからです。

私の書いたことがお気に召さないなら、訪問していただかなくても結構です。
私は別にこの記事を使って何かをしたいわけではありません。ただ長年にわたる負の感情を吐き出し、気持ちの整理をつけるために書いただけです。
失礼しました。
[ 2014/09/19 07:51 ] [ 編集 ]

Re: 思い切った記事ですね

エキセントリックさん、おはようございます。

> 私がtwitterをやらないのは…れんかさんが書いたことが一番の理由なんですよね。
> たしかに有益な情報もとれるけど、悪質なヒトたちの垂れ流す誹謗中傷も目にすることが増えるから。

そうですね。いきなりTLにそういうのがRTされてくるとギョッとしますよ。
賛同ではなく、こういうこと言ってる人がいると糾弾するためにRTされてくるのもありますから。
私もブログだけやってればよかったかな。ツイッターはそもそもフィギュアじゃなくて脱原発関連の情報集めのために始めたんですけどね(今やフィギュア専門アカウントと化していますが(笑))。

> 最近、あの文春の件は羽生側がリークしたことだ!なんてブログを目にしましたが…何で??理由は?って思いましたねぇ。あとチャリティーの手柄を羽生くんが横取りした!みたいな記事。小さいな~(汗)と思いましたよ。

小さいです。演技以外のどーでもいいことばかりグチグチやってますね。アホかと。
セクハラ・パワハラ問題については、リークした人間を突き止めることに躍起になってて唖然・・・でした。私なら橋本聖子やそれを許した体質を糾弾しますけどね。解任要求の署名にも協力してきたし。

> さいわいにも私のまわりには良質な高橋ファンも数多くいるので、なるべく悪質ファンは見ないことにしています。そのヒトたちは他の選手を見下げて「大ちゃんは別格」とか「若い選手は~」なんてこと言わないし、悪質ファンのこと嫌がってますね。私も同じような質のファンがいる選手が好きなので(笑)…気持ちはわかる!

ありがとう。私の場合は変な人ばかり目に入ってしまったので・・・別に自分から探してたわけじゃないんですよ。おまえもか、おまえもか、みたいな感じ。

仕事行かなきゃ。ではまた。
[ 2014/09/19 07:58 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

はるさん、コメントありがとうございます。

> 何より彼等が震災のみでなく
> 放射能にも絡めて彼を貶める言葉を
> 吐き散らしていたのを見て
> 福島に住んでいる者として
> 本当に悔しくて許せなかった。

そうです。これもありましたね。とても許せないことです。
嫌いな相手を貶めるためなら何でもする。
反面教師にして、自分は絶対にこんなファンにはならないようにしようと思いました。

福島にお住まいなんですね。
私の地元にも原発があります。
都会の繁栄のツケを地方に押し付けるのは差別構造だと思っています。たとえそれで潤うことがあったとしても、絶対に平等ではないと。
ちょっと本題と外れましたが、どうぞお気持ちが安らかでありますように。
[ 2014/09/19 08:03 ] [ 編集 ]

はじめまして

このようなことをブログに書くのは勇気がいったことと思います。
7~8年前よりスケートを観ています。
その中で高橋選手のファンが、織田選手や小塚選手を酷い言葉で叩くのを目の当たりにしてきましたので(ご存じですか?本当に酷かったんですよ)
正直今の羽生選手をめぐる状況は予想がつきました。悲しいことですが。
ただ叩きの酷さは想像以上で、ここまで来たかと最近は恐怖さえ感じます。
織田選手や小塚選手が攻撃の対象だったときは、つらかったし悲しかったのですが、
「私はこのようなファンには絶対ならない」と誓い、その存在をいつでも反面教師として心の片隅に置き、大好きな選手たちを応援してきました。
これからもずっと同じようなスタンスで応援していきたいと思います。

最後に・・・
羽生選手の選手生活が素晴らしいものでありますように!
今季も全力で応援しましょう!
[ 2014/09/19 09:13 ] [ 編集 ]

ありがとう

私がずっと吐き出したかったものを、全て言ってくれてありがとう。

本からの引用

"面と向かっては自分の意思表示すらろくにできない連中が、匿名世界では大胆になり、様々な悪口を書き散らし、舌鋒鋭く根も葉もない感情論を並べ立てる"

陰湿、身勝手、虫酸がはしる連中です。

羽生選手のファンの中には、大ちゃんも好き!と言っている人、結構いるけど、私はネット上での一部の高橋ファンの羽生選手への誹謗、中傷を目にしてからは、とてもそんなこと言えない。私はそんなに器の大きい人間ではないので、はっきり言います。私は高橋さんが嫌いになりました。

高橋さんに罪はないかも。
でも、そういうファンが多いことは知っていたはず。それを野放しにしてきた責任はある。

私は、羽生選手の美しく魅力的なスケーティングが大好き。常に高みを目指し進化し続けるアスリートのゆづをずっと応援したい。

サラオレインさんとのコラボ"タイムトラベラー" あまりにも気品があり美しいスケーティングに涙がでてきます…。

ゆづ、NHK杯絶対、応援に行くよ!
(先行プレチケ抽選ハズレた…。明日の一般販売絶対ゲット!)
[ 2014/09/19 09:30 ] [ 編集 ]

No title

初めまして、私は羽生選手のファンではないのですが、羽生選手以前に同じ某選手の悪質ファンに酷く叩かれていた選手を応援しているので、悔しいお気持ちが手にとるように分かります。
羽生選手に関しても、Twitterで「×××(企業名)撃沈」とか、人間とは思えないツイを見て愕然とした事があります。
悪質ファンの方々はよく、どの選手にも悪質ファンはいると主張しますが、誰が書いたか分からない2ちゃんなどはともかく、少なくともTwitterやブログであそこまで選手の悪口を書いたり、実際に試合会場で行動に出たりするのは、他の選手のファンで見た事はありません。
正直、あれほど悪質な集団に取り付かれてしまっているその選手が気の毒に思えるレベルです。もちろん普通のファンもいると思いますし、悪質な人やその周囲の人ほど目立つものですから、そこは分けて考えるべきと思いますが。
とにかく、怒っているのは羽生選手のファンだけではないです。今一番ターゲットになっていて悲しい思いをしているであろう羽生ファンに、負けるな、とエールを送りに出てきました。羽生くん本人は負けてないですよね。私の好きな選手も、今はよい状況を迎えています。
ちゃんと神様は見ているんだなと、思います。
[ 2014/09/19 10:12 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/19 11:24 ] [ 編集 ]

ぽいっとさんへ

れんかさんが選手自身へのアンチ感情からこういう記事をあげたわけじゃないのは、ちゃんと読めば分かるでしょう。
他の選手への誹謗中傷があるのも知っています。
でも自国選手の羽生に対して、ツイッターやブログで堂々と震災叩きや「被爆」発言を繰り出す、そんなファンが今までいました?
そんなケースありました?
選手があげてくれた写真を、羽生の部分だけ切り取って自分のところにUPして「削除~」「景色が良くなったわ~」と言い合う。
今回のセクハラ事件も、わざと未成年もあの場にいたかのようなツイートをあげて、巻き込もうとした人もいる。
発覚時、あの人達の思考回路は揃いも揃ってこうだった。
「リークした奴が悪い!いやスケ連が悪い!いややっぱり羽生が悪い!」

もはや頓珍漢すぎてため息の前に渇いた笑いが出てきました。
未だに聖子さんよりリーク先に腹立ててるようで私にはもうよく分からない。


ステマやらごり押しなんかもそう。
大体、ゆづだって金メダル取る前はそんなに頻繁にメディアで取り上げられることもなかったし、成績の割に一般人に気付かれたのはソチの後。
ただ需要と供給の話なのに理解しようとすらしない。


もう限界なんですよ。
どれだけ我慢してきたことか。
どれだけ羽生ファンがやり切れない思いを胸に抱えてるか、ご存知ないでしょうね。

れんかさんがご自分の想いを吐き出すためにこの記事を書かれたことを、人でなしなアンチ行為と一緒くたにされてはたまりません。
[ 2014/09/19 15:48 ] [ 編集 ]

コメント初めまして

れんかさまの今回の記事に全く同意いたします。
同じような思いで苦痛を感じ、何か出来ないか、と心を痛めている羽生選手ファンは多いんだな、と改めて思いました。たくさんのこの記事への拍手がそれを証明していますね。

れんかさんはもうご存知かもしれませんが、中国の羽生選手ファンの人々が、先日の24時間テレビの羽生君の動画を中国語と英語の字幕をつけて上げてくださっています。世界中に彼の物語を知って欲しい、彼を苦しめたものが今は戦うモチベーションになっていることを知って欲しい、と。(たらさんのブログに詳しい訳が載ってます)
こうして国内で日本人金メダリストを叩く人達がいる一方で、反日国であるはずの中国の人々が羽生選手を応援している。
羽生選手の思いは世界中の人々に届いている。
この事実にとても癒されました。私も彼の思いをしっかり受け止めて応援していきたいと思いました^^
[ 2014/09/19 16:17 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。

読んでいて涙が止まりませんでした。
私も思っていても上手く伝えられない事をたくさん書いていただいていました。
そして何より恥ずかしい事ですが、バッシングを、そのえげつない悪質さを知っていながら逃げていました…。自分が情けないです。ゆづが13歳の時からずっと応援してきたと言うのに。
心から御礼申し上げます。ありがとうございます。
[ 2014/09/19 18:29 ] [ 編集 ]

はじめまして。

れんか様、はじめまして。
いつもブログを興味深く拝読しております。
今回の記事にとても共感を覚えまして、不躾ではありますがコメントさせて頂きました。

私はソチからの初心者羽生くんファンです。
未だ生での観戦経験はなく、過去の演技を動画で楽しむのが日課のにわかもにわか、若葉マークも取れない程度のファンであります。
興味を覚えた最初の頃、ネットで彼の情報を検索すると、有益な情報に混じって出てくる数々の酷い言葉にまず驚きました。
その後調べてみて、特定の選手に悪質なファンが多いこと、過去にも同じように他の選手に対する誹謗中傷を繰り返していたことを知りました。

人を非難することは容易いですよね。
また非難することで自分が相手より一段階上の人間になったような優越感を抱き、仄暗い歓びを覚える人もいますね。
だからこそアンチスレの類いがあとを絶たないのでしょう。
恥ずかしながら自分の心の奥にも、その歓びを感じるどす黒い部分があります。
でも、それは人の目に触れるところには出すものではない、あくまで身内に留めておくべきことではないでしょうか?
ましてや本人の力ではどうにもならないこと、謂れのないことで一方的に非難する、しかも自分達は匿名という名の安全圏から。到底許されることではありません。

私は福島出身です。
原発事故の影響を多少なりと受けており、見た目こそさほどの被害はありませんが、今もなお風評被害や原発に関する諸問題に悩まされている地域でもあります。
だからこそ、彼女達の誹謗中傷が許せません。
自分の力ではどうしようもないことで責められる、叩かれる、これ程辛いことはないと思います。
まして10代の多感な年頃、羽生くん本人もまた復興を必要としている被災者の一人であり、まだまだ彼自身の傷が癒えていない中、なぜあのような酷い言葉が言えるんでしょう。
しかも同じ被災者、程度の差こそあれ傷の痛みはあったでしょうに。
コーチの「いじめっ子のようなもの」とは言いえて妙ですね。
子供の悪口と変わりませんし、アクセサリー発言のあれこれも含めて、自分の思い通りにならないが故の子供の駄々と何が違うのでしょう。
しかもそれを仲間内のみならず、ご本人の目に触れる可能性のある全世界に向けて発信する。
どんな神経しているんでしょうか。
あなた達の暇潰しに、未来ある若者を巻き込まないで頂きたいと言いたくなります。

そしてなぜ、彼女達は他の選手を貶めることでしか自分の好きな選手を評価できないんでしょう?
それってある意味、自分の好きな選手に対する侮りではないんでしょうか?
一周回ってブーメランというか、とても滑稽で、彼女達の好きな選手に対しても失礼だとは思わないのでしょうか。
もっとも、誹謗中傷を受ける他の選手、そして彼らを応援しているファンにとっては、滑稽で済まされる話ではありませんが。

復興にあたって、私にできることなど微々たるものです。
でも、同じ東北出身の彼がどこかで頑張っている、ならば私も1日1日しっかり働いて、できる限りのことをして、それが回り回ってどこかで復興に繋がればいいと思っています。
羽生くんの演技は、そのきっかけを私にくれました。
いつかアイスショーに足を運んで、彼に感謝と応援の気持ちを伝えたい、それが今の楽しみでもあります。

その際に、彼女達のような振る舞いは絶対にするまいと強く思います。
一人の大人として、恥じることなく羽生くんを応援したいですから。

れんか様のブログ、どの記事も楽しく、過去の試合の時のワクワク感や喜び、アイスショーの楽しさに溢れていて、本当に楽しく拝読しております。
羽生くんに届く言葉が、れんか様のブログのような彼に対する愛に満ちたものであることを願ってやみません。

長々と書き連ねまして、また感情的な文章で申し訳ありません。
ご多忙なようであれば、返信は不要です。
穿った見方をする輩も多い中、記事にするのは思い切りも必要だったかと思います。
今回の一件に関する諸々と、それに対する自分の気持ちに整理がつけられずにいたのですが、この記事で言語化して頂いたことで、明確に見えてきたこともありました。
身勝手ながら、お礼を言わせて下さい。
本当にありがとうございました。
これからも、れんか様のブログの一ファンとして、楽しみに読ませて頂きますね。
[ 2014/09/19 18:39 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

お花さん、こんばんは。

> その中で高橋選手のファンが、織田選手や小塚選手を酷い言葉で叩くのを目の当たりにしてきましたので(ご存じですか?本当に酷かったんですよ)

当時はテレビでやっていたら見る程度のライトファンだったので、まったく知りませんでした。後から聞いて驚きましたよ。まったく同じことをやっているんだなと。
なぜそんなことができるのか、本当に理解できません。たとえライバルであっても同じフィギュアスケートの選手なのに。それぞれの選手の個性を楽しむのがフィギュアの醍醐味なのに。
織田選手や小塚選手がどんな思いをしたかと思うと、気の毒でなりませんでした。

> 「私はこのようなファンには絶対ならない」と誓い、その存在をいつでも反面教師として心の片隅に置き、大好きな選手たちを応援してきました。
> これからもずっと同じようなスタンスで応援していきたいと思います。

素晴らしい心がけだと思います。私も見習います。これ以上、選手や競技を貶めるようなことのないように。
[ 2014/09/19 19:18 ] [ 編集 ]

Re: ありがとう

りささん、こんばんは。コメントありがとう。

悪質なファンのせいで、彼女らの贔屓選手自身も苦手になったという人を何人も見てきました。
選手には罪はないと思います。自分のファンがここまでモンスター化するとは思ってもみなかったでしょう。

でも、理想的な応援の仕方を選手自身がファンに提示していく時代になったのかもしれません。
ゆづが、世界選手権ではすべての選手に分け隔てなく応援があってよかったと言ってくれたのが、いいモデルケースになるかもと思いました。
本来なら、ファン自身が自分の良心に照らし合わせて自分を律することができれば一番いいのですが。
集団になってしまうと、歯止めが利かなくなってしまうんでしょう。
[ 2014/09/19 19:27 ] [ 編集 ]

Re: No title

yoriさん、こんばんは。

> 初めまして、私は羽生選手のファンではないのですが、羽生選手以前に同じ某選手の悪質ファンに酷く叩かれていた選手を応援しているので、悔しいお気持ちが手にとるように分かります。

そうでしたか。
辛い思いをされましたね。お気持ちお察しします。

> 正直、あれほど悪質な集団に取り付かれてしまっているその選手が気の毒に思えるレベルです。もちろん普通のファンもいると思いますし、悪質な人やその周囲の人ほど目立つものですから、そこは分けて考えるべきと思いますが。

そうですね。いっしょくたにしてはいけないとは思いますが、今はちょっと無理です。精神的にその余裕がありません。ごめんなさい。

> とにかく、怒っているのは羽生選手のファンだけではないです。今一番ターゲットになっていて悲しい思いをしているであろう羽生ファンに、負けるな、とエールを送りに出てきました。羽生くん本人は負けてないですよね。私の好きな選手も、今はよい状況を迎えています。
> ちゃんと神様は見ているんだなと、思います。

yoriさんのお好きな選手はたぶんあの人だろうなと思いますが、とてもよい状況ですね。私も好感を持っているのでうれしいです。
力強いお言葉、ありがとうございます。とても勇気づけられました。感謝します。
[ 2014/09/19 19:31 ] [ 編集 ]

Re: ありがとう

w*****さん、ありがとうございます。

私も伊藤みどりさんのトリプルアクセルに魅了されていましたよ。

ひとつひとつのお言葉に納得し、また、じ~んときました。うれしかったです。
同じ思いを共有する方がいると思うだけで勇気が出ます。
ご家族皆さんで羽生選手を応援されているとか。ほんとうにうれしいです。ありがとうございます。
[ 2014/09/19 19:36 ] [ 編集 ]

maiさん、ありがとう。

私の代わりに言ってくださってありがとうございます。

私は高橋選手のアンチではありません。むしろずっと大好きな選手でした。過去記事を読んでいただければわかると思います。

FaOI富山レポでは書きませんでしたが、高橋選手の演技終了後は両手を大きく振って、思い切り拍手しました。高橋選手もこちらの方を見て、とてもうれしそうに笑ってくれていました。
でもね、もう何ていうか、前とまったく同じ気持ちでは見られないんですよ。残念です。とても残念です。私のあの思いを返してくれよ・・・と思います。

[ 2014/09/19 19:51 ] [ 編集 ]

Re: コメント初めまして

ゆーりさん、こんばんは。

> れんかさんはもうご存知かもしれませんが、中国の羽生選手ファンの人々が、先日の24時間テレビの羽生君の動画を中国語と英語の字幕をつけて上げてくださっています。世界中に彼の物語を知って欲しい、彼を苦しめたものが今は戦うモチベーションになっていることを知って欲しい、と。(たらさんのブログに詳しい訳が載ってます)

寡聞にして知りませんでした。教えてくださってありがとうございます。後で見に行ってきます!

私は中国の羽生ファンの様子をレポートしてくださっている方と、韓国の羽生ファンをツイッターでフォローしていますが、それぞれ反日の国だけど、文化ってほんとに国境を超えるなあと思います。私自身も中国のハンヤンやジジュンが好きですし、引退しちゃったけどキム・ヨナは素晴らしいスケーターだと思うし。

ゆづの想いが国を超えて伝えられるのって、ほんとにうれしいですね。
[ 2014/09/19 19:56 ] [ 編集 ]

Re: ありがとうございます。

peta-mamさん、こんばんは。

どうぞご自分を責めないでくださいね。
そうでしたか、ゆづを13歳の時からずっと応援されているんですね。うらやましいです。私も彼の成長を見守ってきたかったな。
ほんとうにいいスケーターに育ってくれました。同じ時代を生きていることに感謝したいです。
こちらこそ、コメントありがとうございました。
[ 2014/09/19 20:00 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして。

クログロさん、こんばんは。

いつも記事をお読みいただき、ありがとうございます。
福島の方でしたか。福島第一原発の廃炉作業や、除染や風評被害の問題など、これからも心労の重なることが多いかと思います。どうぞ少しでもお気持ちの和らぐ未来でありますように。

> 私はソチからの初心者羽生くんファンです。
> 未だ生での観戦経験はなく、過去の演技を動画で楽しむのが日課のにわかもにわか、若葉マークも取れない程度のファンであります。

にわかなどとおっしゃいますな。誰でも最初は初心者ですよ。私だってたまたま2年前にゆづにハマるまでは、フィギュアのこと何も知りませんでした。

> そしてなぜ、彼女達は他の選手を貶めることでしか自分の好きな選手を評価できないんでしょう?
> それってある意味、自分の好きな選手に対する侮りではないんでしょうか?

本当に。単独で褒めればいいのにと思いますね。必ずセットで他を貶める。だから軋轢を生むんです。
課題を指摘するのは別ですよ。この選手にはまだこれが足りないと言うのは別にいいと思います。そこに課題を克服する未来への温かな期待があれば。
あの人たちのはただの嫌味ですから(^_^;) ほんま腹立つ(笑)

> 復興にあたって、私にできることなど微々たるものです。
> でも、同じ東北出身の彼がどこかで頑張っている、ならば私も1日1日しっかり働いて、できる限りのことをして、それが回り回ってどこかで復興に繋がればいいと思っています。
> 羽生くんの演技は、そのきっかけを私にくれました。
> いつかアイスショーに足を運んで、彼に感謝と応援の気持ちを伝えたい、それが今の楽しみでもあります。

とてもとても素敵なことだと思います! ゆづが聞いたら喜ぶんじゃないかなあ。
災害は、ほんとに他人事じゃないので。日本に住んでいたら誰しもが同じ立場になると思うので・・・。微々たる力ですが、私も少しでも何かできたらと、毎日せっせとクリック募金だけはしています(^^)

> れんか様のブログ、どの記事も楽しく、過去の試合の時のワクワク感や喜び、アイスショーの楽しさに溢れていて、本当に楽しく拝読しております。
> 羽生くんに届く言葉が、れんか様のブログのような彼に対する愛に満ちたものであることを願ってやみません。

ありがとうございます。とてもうれしいお言葉です。
本来なら、読んだ方が楽しめる記事を書くべきなんですが・・・。次は必ず。
またご訪問くださいね。
[ 2014/09/19 20:19 ] [ 編集 ]

何度もすみません

れんかさん、今晩は。

何度も申し訳ないです。
昨日、書けなかった事をやはり書かせて頂きます。

私も今は高橋大輔選手を以前の様に見られなくなりました。羽生君を知るまでは応援してましたけど、もう無理かもしれません。

高橋選手は自分の一部のファンの羽生君に対する悪行の数々に気が付いていたはずです。知らない訳がありません。高橋大輔陣営も全て分かっていたと思います。でも誰も止めなかった。それどころか高橋大輔自身がファンを煽って更に羽生君を叩く様に仕向けた様な数々の発言があった事が私には残念でなりません。
それ言ったらファンはまた羽生君を叩くじゃないっ。今、何でそれを言うかなと。
羽生君のファンになった当初は何も分からず、高橋大輔ファンのブログも読ませて頂いておりました。
でも、羽生君を批判した日記、羽生君に対する悪口で盛り上がったコメント欄を読んでしまい、とても不快になった事が多々あります。それ以来、高橋大輔ファンのブログは一切見なくなりました。

高橋大輔ファンが全員悪質ではない事は理解しております。
でも、羽生君に対してあまりにも残酷な仕打ちを行って来た事は事実であり、それは普通のアンチ活動とは一線を越えてます。良心というものがないのかと。人として恥ずかしくないのかと。

橋本聖子のセクハラ騒動に対する高橋大輔陣営の対応にも甚だ失望致しました。私には彼らがおぞましい集団としか思えません。

羽生君、織田君、小塚君、町田君達がどんな思いで頑張って来たかと思うと胸が詰まります。

れんかさんを批判する高橋大輔ファンの方はその前にまず、悪質な高橋ファンに対して注意をして頂きたいと思います。


れんかさん、今回は本当に有り難うございます。
れんかさんの勇気と気合いと覚悟に感謝です。
真っ正面からストレートに書いて下さる方が中々いなくて悶々としていたんですよ。それは仕方がない事とはいえ。でも、いつかれんかさんが書いて下さるかなと秘かに待っておりましたです(笑)

我らが羽生君は勿論な事、れんかさんの事も微力ながら応援させて下さいましよ。
[ 2014/09/19 20:51 ] [ 編集 ]

Re: 何度もすみません

碧さん、こんばんは。

> 高橋選手は自分の一部のファンの羽生君に対する悪行の数々に気が付いていたはずです。知らない訳がありません。高橋大輔陣営も全て分かっていたと思います。でも誰も止めなかった。それどころか高橋大輔自身がファンを煽って更に羽生君を叩く様に仕向けた様な数々の発言があった事が私には残念でなりません。
> それ言ったらファンはまた羽生君を叩くじゃないっ。今、何でそれを言うかなと。

うん・・・そうですね。私も一時、そのことでモヤモヤしたことがあるんですよ。
でも、どうなんだろ。ファンがあれこれ想像するのとは違う事情が選手側にはあるのかもしれません。そこはわからないので・・・。でも、自分のファンの性質を考えてしゃべってくれ~と思うことは多い(笑)

セクハラ対応は立場上、ああするしかなかったのかもしれませんが、同じことが繰り返されないようなやり方はなかったのかと思いますね。

> れんかさんを批判する高橋大輔ファンの方はその前にまず、悪質な高橋ファンに対して注意をして頂きたいと思います。

憎い羽生ファンに注意されたらカチンとくることも、お仲間から注意されたらもっと素直に耳を傾けられるのではないのかなと思うんですよ。その数が多ければ多いほど、自分たちのやっていることはまずいことなのかなと振り返ることができるんじゃないかと思うんですが・・・まあ、まともな価値観が通じない人たちだから無理かもしれません。

> 真っ正面からストレートに書いて下さる方が中々いなくて悶々としていたんですよ。それは仕方がない事とはいえ。でも、いつかれんかさんが書いて下さるかなと秘かに待っておりましたです(笑)

ははは(^_^;) ○○ファンと一括りにしたことで、私のツイッターのTLでは結構批判が出ておりますよ。

彼女らの贔屓選手に拒否反応が出てしまう人がいること、私みたいにあの集団そのものに拒否反応が出てしまう人がいること、それら全部ひっくるめてアンチ活動が及ぼす悪影響を考えてみてくれるといいなと思います。
[ 2014/09/19 21:29 ] [ 編集 ]

はじめまして

 はじめてブログを拝見しコメントさせて頂きます。

これまで出来るだけアンチの方が発信する情報は避けて
きました。残念ながらそれでも大ちゃんファンの方の
バッシングは少しは耳に入ってきていました。
2012年の全日本は特に酷かったようですね。
観戦した知人によると、隣の大ちゃんファンの方が6分
間練習から始まり演技中もずっとぶつぶつ汚い言葉を発
していたと…。演技に集中どころか隣で生きた心地がし
なかったと言っておりました。実際に私も軽い中傷の言
葉を聞いたことがあります。

でも、こちらの記事を拝見しここまで酷かったのか…
とかなりショックです。同じフィギュアファンとして
悲しいです。いえ、フィギュアファンではなくて大ち
ゃんだけのファンなのでしょうね、きっと。
それにしても、点数への不満はプロトコルを見れば一目
瞭然なのに?と不思議に思います。フィギュアはあくま
でもスポーツ。ショーなら芸術性だけでもOKかもしれま
せんが、試合ではそうはいかないですよね。だから、同
点の時はTESの高さで勝負がつくわけで…。羽生くんの
PCSに不満の方もいるようですが、納得の高さだと思い
ます(つるつる滑るだけがSSではないのにと…)。
羽生くんをバッシングする方々は、ライトなフィギュア
ファンの私ですら解ることが、もう見えなくなっている。
困ったものです。

バッシングされる方々は想像力を働かせてほしい。
もし、同じようなことをご自分の息子や孫が受けたら…
と。耐え難い苦痛です。

最近、以前にも増して羽生くんの大ちゃんへの気遣い
を、そして大ちゃんも羽生くんとの仲良しツーショット
をUPするなどして気を遣っているのかな、と感じていま
した。選手に気を遣わせるファンなんてね。

でも、そんな大ちゃんファンばかりではありません。
先日のワールド会場でお話した方は「三冠おめでとう」
と言ってくださいました。「大ちゃんが試合で観れない
のは淋しいけど無理してほしくない。ショーで観れるし
もう頑張らなくていいよ、十分だよ」と穏やかに言って
らっしゃいました。一部のアンチファンのおかげで迷惑
している方も多いのではと想像します。

でも、自分も羽生くんのことは贔屓目に観てしまうこと
があるかもしれません。今回の騒動を教訓にして冷静に
公平な目で観ていきたいと思いました。
アンチ活動の件、おしえて頂きありがとうございました。
目を背けてばかりでは選手を守れないということも含め
色々勉強になりました。

はじめておじゃまして、まとまりなく長々コメント
して失礼しました。
どうかコメ返のお気遣いなくお願いいたします。

[ 2014/09/19 22:16 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

すまいるさん、こんばんは。

2012年の全日本で起こったことはいろいろ聞きましたが、そうですか、そういうこともあったんですね。

> それにしても、点数への不満はプロトコルを見れば一目
> 瞭然なのに?と不思議に思います。フィギュアはあくま
> でもスポーツ。ショーなら芸術性だけでもOKかもしれま
> せんが、試合ではそうはいかないですよね。

そうなんですよ。ゆづのTESとPCSの推移をグラフにすると、TESの上昇に沿ってPCSも上がっていて、別段不自然な点はないんですが、自分の気に入らないものは認めない! の一点張りなのでお話になりません。

> でも、そんな大ちゃんファンばかりではありません。

> 一部のアンチファンのおかげで迷惑
> している方も多いのではと想像します。

そうですね。そういう素敵な方もいらっしゃるのでしょうね。
多方面に迷惑をかけていますよね、アンチは。

>でも、自分も羽生くんのことは贔屓目に観てしまうこと
>があるかもしれません。今回の騒動を教訓にして冷静に
>公平な目で観ていきたいと思いました。

そうですね。あまり熱くならないようにしないとと思いました(^_^;)
コメントありがとうございました。
[ 2014/09/19 23:42 ] [ 編集 ]

【碧さんへ】Re:何度もすみません

碧さん、ごめんね。私もまたダークサイドに落ちるところだった。

そっちへ行ったらダメだよ。修羅の道だよ。
あの人たちと同じになってしまう。

選手がどう思っているかは外からはわからない。そこは冷静になって考えましょう。
踏みとどまってください。私も頭を冷やそうと思います。

気になったのでもう一度お返事を書きました。
読んでくださってることを祈ります。
[ 2014/09/20 07:52 ] [ 編集 ]

大丈夫ですよ~

れんかさん、おはようございます。

わざわざ御返事を再び有り難うございます。
お気遣い感謝致します。

大丈夫ですよ~。修羅の道には絶対行きませんから(笑)超絶反面教師がいますからねっ。

ただね、一度今まで感じた事を全部書きたくなってしまって。
れんかさんのコメント欄でしか書けないと思ったから。汚いものを吐き出してしまって申し訳ないですっ。
実は自分で書いた文章を後から読み直して猛反省していたのですよ。理性が…(苦笑)
でも、書かせて頂く事により俯瞰して今の自分の姿を見られる事が出来ました。
でも、不思議と自分のモヤモヤした気持ちが昇華出来たんですよ。

やはり、この問題を全てスルーして羽生君のファンを続ける事が自分には出来なかったから。
れんかさんが容赦なく(褒めてます)ストレートに書いて下さったから救われましたよ。

本当に有り難う!


人間は時としてとても残酷な事が出来るいきものです。今の世の中は闇ばかり。その中で自分はどう生きてゆくのか…

世の中がどうであろうと、どの道を選択するのかは当然ながら自分で決めるんですよね。
光の方に行くのか、闇の方に行くのか。
実にシンプルです。

羽生君は間違いなく光の道を選んだ人です。
まだ19歳なのに、ホント凄い子ですよ。

私も羽生君を見習わなければっ(笑)
[ 2014/09/20 09:46 ] [ 編集 ]

初めまして。

最近は歌子コーチまで(正確にはなんと言ったか忘れましたが)「大輔はベテランだからジャッチに嫌われて点が出ない」と言ったらしいです。コーチまで燃料を投下する(多分そんなつもりはないと思いますが)なんて呆れました。それにアンチって、ここまで執拗なら病気などで書き込めなくならない限り一生叩き続けるのか? そんなことを心配性のわたしは考えてしまいます。ですが、できるだけ結弦くんが笑顔で過ごしスケートを全うできるよう願っています。
[ 2014/09/20 09:52 ] [ 編集 ]

ありがとう!

れんかさん

まずこの記事をupしてくださって、ありがとう!
以前「アンチは目をくもらせる」を読んだ時にも感じましたが、アンチに対して声をあげるのは大変に勇気のいることですよね。
れんかさんの書かれた内容の一部だけを切り取って利用されたり、意図するところを故意に歪曲されたり、アンチからの反論もありえる、そういった危険も覚悟でこの記事をあげてくれたれんかさんの潔さにまずはお礼を言いたいです。

長らくゆづを応援し続けてきたファンとしては、最近ますますヒートアップするアンチの嫌がらせに心を痛めてきました。
最近ゆづのファンになった方たちは、アンチのことを知ってもそういうネガティブな情報を避けている方もいるようです。
でもすまいるさんも書いていらっしゃったように、目を背けているだけでは大好きなゆづは守れない…。ゆづのファンとしてはゆづが傷つき、彼のスケート人生に負の影響を与えることだけは許せないと思うのです。
そのために私たちファンのできることは…?と考えてしまいます。
結局私たちファンができるのは、今まで通り全力でゆづを応援し続けることしかないんですよね。
(ゆづもこれからもいつまでも応援してくれるのが一番嬉しいと言ってましたよね。)
もちろん私たちゆづファンはアンチを反面教師として、同じような行動には絶対走らないし、チャンピオンのゆづにふさわしい立派なファンを目指すことはいうまでありませんが…。

それにつけても、未成年の頃から(というよりもまだ子どもですよね?)バッシングを受け、ゆづは本当につらかったと思います。
(オーサーがゆづは日本国内の試合でもアウエーで戦っていると発言したことがありましたよね?それを読んだ時にはゆづが可哀想で涙が出ました。)
そんな状況の中でゆづは不平を言うこともなく、彼の実力と努力で、自らの手で栄光を勝ち取ったのですよね。
そんなゆづを誇りに思います。
そして、そんなゆづのファンでいられる喜びを感じています。

最近は金メダリストとして、多くの注目を集め、新しいファンも確実に増え、ゆづを取りまく状況は確実に変わりました。中にはそれを危惧するファンの方もいるようですが、私はゆづが注目を集めることで、アンチの立場がどんどん悪いものになっていけばいいと思ったりしています。
それにゆづは決して状況に流されない、自分をしっかり持っている本当に賢い人だから、どんな状況でもゆづ自身が自分を見失うことはないと信じています。

なにかまとまりのない文章ですがお許しくださいね。
[ 2014/09/20 11:23 ] [ 編集 ]

ご家族の心痛

れんかさん、こんにちは。
今回の記事を読んで、色々と考えさせられました。
また、こうしてまとめて下さったお陰で思い出すことも多かったです。
例えば、自分が勝っても喜んでくれる人は少ないんだな…とショックを受けた羽生くんを見かねて、ピジョンポストさんが「いつもより多くの声援を送ってあげてください」と呼びかけたら、例の方々が「贔屓を呼び掛けるなんて」と苦情を送り、記事を取り消させたこと。
羽生くんのお母様から「いつも応援ありがとうございます」といわれた有名らしい外国人の高橋ファンが「羽生は応援してないのに」って後で日本人の顔見知りと笑い者にしていたこと。
落ち込んだ羽生くんに彼のお母様が「(応援してもらえないのは)感謝の気持ちが足りないからよ」と諭したこと。

今の全てに感謝する彼の姿勢の原点のように思えます。
きっと誰よりご家族が辛かったでしょうに、恨み言ではなく感謝を返すように諭した姿勢には涙が出ます。

こんな思いを、他の選手やご家族にさせないように…
反面教師にしていきたいと思います。
[ 2014/09/20 12:11 ] [ 編集 ]

Re: 大丈夫ですよ~

碧さんへ

よかった。ありがとう!

> でも、書かせて頂く事により俯瞰して今の自分の姿を見られる事が出来ました。
> でも、不思議と自分のモヤモヤした気持ちが昇華出来たんですよ。
>
> やはり、この問題を全てスルーして羽生君のファンを続ける事が自分には出来なかったから。

うん。文章化するとモヤモヤが吐き出せるし、自分を客観視できますね。
スルーして、楽しいことだけ見ているっていうのが、私もどうしてもできませんでした。だって現在進行形だし、ますます酷くなってるものね。

> 世の中がどうであろうと、どの道を選択するのかは当然ながら自分で決めるんですよね。
> 光の方に行くのか、闇の方に行くのか。
> 実にシンプルです。

そうです。すべては自分が選択することです。
ゆづは強いです。その強さはやさしさから来ているのだと思います。

[ 2014/09/20 12:59 ] [ 編集 ]

訂正

すみません。後から読み返して語弊があると思ったので訂正します。「ジャッチに嫌われている」ではなく「新鮮味がない」みたいな言葉を言っていたようです。
[ 2014/09/20 13:02 ] [ 編集 ]

Re: 初めまして。

ゆうちぃさん、こんにちは。

長光コーチの発言は、最初目にした時に私もモヤッとしたのですが、今思えば、きっと教え子のファンが熱狂的なのはご存じでも、ここまで酷いことをしているとは想像もしていないだろうし、フィギュアファンの間でトンデモ陰謀論がまかり通っていることもご存じないんだろうなあと思いました。

想像を絶しますものね、あの凄まじさには。人間の醜い部分を凝縮したような(苦笑)
私たちにできることは反面教師にすることくらいだと思います。
[ 2014/09/20 13:05 ] [ 編集 ]

Re: ありがとう!

ゆうこさん、こんにちは。

オーサーが言った、全日本がアウェイだという発言、ゆづ(だけじゃなく他の選手も)が置かれている立場をよく言い表しているなと思いました。
自分の贔屓以外には敵意をむき出しにするような応援の仕方は、二度と許してはいけないですよね。
私たちも気を付けないと。
今年の世界選手権のような、どの国の選手にも温かな応援ができるファンでいたいです。

それから、ゆうこさん、「守る」という気持ちは悪質化への第一歩のような気がするので要注意です。
あの人たちも自分たちは贔屓選手を「守っている」つもりなんですから。
スケオタさんの誰かが言った、「ファンが選手を守れるなんて思ってはいけない。ファンができるのは応援することだけ」、この言葉を何度も自戒の言葉として噛み締めています。

この記事を書いた時に、「ゆづを守りたい」という気持ちがなかったかというと嘘になりますが、それでも、危険領域に入らないように、自分は彼にとって一番遠い他人なのだということを何度でも言い聞かせようと思っています。


[ 2014/09/20 13:13 ] [ 編集 ]

Re: ご家族の心痛

よっこさん、こんにちは。

> 例えば、自分が勝っても喜んでくれる人は少ないんだな…とショックを受けた羽生くんを見かねて、ピジョンポストさんが「いつもより多くの声援を送ってあげてください」と呼びかけたら、例の方々が「贔屓を呼び掛けるなんて」と苦情を送り、記事を取り消させたこと。

これは知らなかったです。2012年の全日本でのことですね。
あの人たちは、自分の贔屓選手が特別扱いされるのは当たり前と考え、他の選手がそれをされるととたんに相手に抗議をしますよね。なんでもっと広い心で見られないのか。

> 羽生くんのお母様から「いつも応援ありがとうございます」といわれた有名らしい外国人の高橋ファンが「羽生は応援してないのに」って後で日本人の顔見知りと笑い者にしていたこと。

これも知りませんでした。なんでこんな酷いことができるのか。お母様が気の毒で悔しくてたまりません。

> 落ち込んだ羽生くんに彼のお母様が「(応援してもらえないのは)感謝の気持ちが足りないからよ」と諭したこと。
>
> 今の全てに感謝する彼の姿勢の原点のように思えます。
> きっと誰よりご家族が辛かったでしょうに、恨み言ではなく感謝を返すように諭した姿勢には涙が出ます。

そうだったんですか。
お母様が一番辛かったでしょうね。特にあの試合会場にいたら。
ゆづがネガティブ思考に陥らず、前向きに感謝し続ける姿勢でいられるのは、お母様やご家族が彼にこんなふうに接していたからなんですね。
ほんとに、19歳の選手にいろいろ教えられます。涙が出てきます。

よっこさん、教えてくださってありがとうございます。
[ 2014/09/20 13:24 ] [ 編集 ]

Re: 訂正

ゆうちぃさんへ

了解です。こうして関係者から発せられた言葉を勝手に解釈して、「○○選手はジャッジに不当に下げられているとコーチが証言した」とか言い出す輩がいるから困ったものですね。
私たちはそうならないようにしましょう(^^)
[ 2014/09/20 13:30 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/20 13:48 ] [ 編集 ]

Re: 一部

ご連絡ありがとうございます。訂正しました。
[ 2014/09/20 13:54 ] [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして。初コメです。
こうやって吐き出したくなる気持ち、よく分かります。
人間好き嫌いがあるのは当然ですが、人として許されないラインを彼女達は越えてしまっていると思います。
これからも、たとえ高橋選手が引退しても、捏造や中傷は続くのではないかと思います。
今後羽生選手のライバルとなるような若い選手も心配です。
まるで羽生選手と高橋選手の代理戦争かのように、若い選手が高橋選手の代わりに応援されるのは良くないと思います。
その若い選手が好きなのではなく、羽生選手が負ける姿が見たいが故に他の選手を応援するなんて、歪んだ応援です。
羽生選手が願うように、皆が一緒に強くなっていく、スポーツらしい姿が見たいです
誰かの負けを願い応援するようなファンにはなりたくない、いい反面教師だと思ってます。
嫌いな選手の動向を逐一観察して捏造までして中傷するような、そしてそんな振る舞いを仲間内で称賛し合うような彼女達のような人は軽蔑します。
[ 2014/09/20 15:20 ] [ 編集 ]

再びありがとうございます!

れんかさん

返信コメントでの貴重な助言をありがとうございます。

確かに「守る」という気持ちは悪質化へつながる可能性を秘めていますよね。
それに1ファンである私がゆづを守ろうなんていうこと自体がごう慢ですね。
ただ言い訳をさせていただければ、私が使った「守る」という表現は、悪質なアンチの言動を大きく上回る愛情と熱意でゆづを応援していく…というような気持ちのことなのです。
でも、れんかさんの言うように、あのひとたちも自分のお気に入りのスケーターを「守っている」つもりなのでしょう。あの人たちの場合には「守る」行為が「攻撃する」行為に代わってしまっていますね。
私も方向を間違えないよう気をつけなくてはならないと、れんかさんのコメントで自戒しています。
再びお礼を言いたいです。

私もアイスショーや競技会ではどの選手に対しても声援を、そして素晴らしい演技には拍手を送ります。
(それがフィギュアスケート・ファンの最低のマナーだと思っています。)
でもでも、やはりゆづは特別。ゆづの演技の前には声援も大きくなるし、拍手も格別大きくなります。
すべてに平等にとはいきません(拍手の大きさや熱意、力の入れ方のことですよ、念のため。)
こればかりはファンなのだもの、仕方ないことですよね?



[ 2014/09/20 15:32 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

らいかさん、こんにちは。

> その若い選手が好きなのではなく、羽生選手が負ける姿が見たいが故に他の選手を応援するなんて、歪んだ応援です。

その通りです。フィギュアをいったい何だと思っているのか。あまりに競技を選手を侮辱する姿勢に怒りを覚えます。私はその若手選手が好きなので、なおさら腹が立ちます。

> 羽生選手が願うように、皆が一緒に強くなっていく、スポーツらしい姿が見たいです
> 誰かの負けを願い応援するようなファンにはなりたくない、いい反面教師だと思ってます。
> 嫌いな選手の動向を逐一観察して捏造までして中傷するような、そしてそんな振る舞いを仲間内で称賛し合うような彼女達のような人は軽蔑します。

一言一句、同意します。

[ 2014/09/20 15:33 ] [ 編集 ]

Re: 再びありがとうございます!

ゆうこさんへ

>ただ言い訳をさせていただければ、私が使った「守る」という表現は、悪質なアンチの言動を大きく上回る愛情と熱意でゆづを応援していく…というような気持ちのことなのです。

そうでしたか。失礼しました。
どの選手にも応援を。とりわけ、ゆづには熱のこもった応援を。
そうやっていろんな選手のファン同士、盛り上げていきたいですね。
[ 2014/09/20 15:47 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/20 16:47 ] [ 編集 ]

はじめまして

自分は他スポーツのファンですが、羽生選手好きですよ!
本当いいアスリートだと思っています。

また、羽生選手を好きになってフィギュアスケートにも興味を持ち、周りの選手も好きになりました。
フィギュアスケートをスポーツとして純粋に楽しめる自分は幸せだなって思います。

選手一人ひとりアピールポイントが違うのはスポーツでは当たり前!
そこが面白いと思っていますし、選手をリスペクト出来ない方は スポーツ観る資格ないと思います。

アンチと言うより、ストーカー+モンスターペアレント(クレーマー)ですね!
[ 2014/09/20 17:20 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

名無しさん、はじめまして。

選手がどう思っているのかは、私たちにはわかりません。
幕張の仲良しアピールとか、彼らなりに何とかしたいと思っているのかもしれませんし・・・。
一番悪いのは悪質なファンたちです。そこを見誤らないようにしましょう。
でないとあの人たちと同じになってしまいます。

2chからのお越し、ご苦労様です。
[ 2014/09/20 17:37 ] [ 編集 ]

Re: 2度目の投稿失礼します

はい、それらのブログは知っています。
せめてゆづファンにはそういう胡散臭い陰謀論ブログには行かないでほしい。
見たらわかりそうなもんなんですけどね~。
選手同士を比較して片方を貶めているようなのは、いっさい信用できないと思います。
フィギュアは常に動いている競技なので、静止画像で検証するのはナンセンスだし。切り取る角度でどうにでもなる。
そういうのが検索の上位に来るのは困ったもんですね。
[ 2014/09/20 17:42 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

シャルカーさん、こんにちは。

> また、羽生選手を好きになってフィギュアスケートにも興味を持ち、周りの選手も好きになりました。
> フィギュアスケートをスポーツとして純粋に楽しめる自分は幸せだなって思います。

とてもうれしいお言葉です。
フィギュアスケートは意外と奥が深いので、ほんとに楽しいですね。

> 選手一人ひとりアピールポイントが違うのはスポーツでは当たり前!
> そこが面白いと思っていますし、選手をリスペクト出来ない方は スポーツ観る資格ないと思います。

はい。スポーツとしての本質を間違えないで選手を応援したいですね。
[ 2014/09/20 17:45 ] [ 編集 ]

初めまして、記事を読ませていただきました。
私は特別羽生選手のファンというわけではないのですが
彼がシニアデビューした頃から見てきて、彼を取り巻く環境の変化や現在の状況を見るにつけ、彼はとてつもないものを背負って戦っているのだと思います
羽生選手が成し遂げたことは素晴らしいことだと思いますし、スケートファンとして素直に嬉しいことばかりのはずなのに、どうしてこんなにつらいことが続くのかと落ち込む日もあります

私の好きな選手も、些細なことでバッシングを受けたりしていました
試合の雰囲気がおかしいと思うこともありましたが、あなたのように声を上げることは長らく出来ませんでした
堂々とこのようなブログを書ける状況になったことを嬉しくもあり、あなたがこの記事を書かねばならなくなった状況が哀しくもあります

私も悪質なファンがいたら注意するなど出来る限りのことをしたい
これからのシーズン、どうか選手たちが何の心配もなくスケートができるようになることを祈るばかりです
[ 2014/09/20 18:06 ] [ 編集 ]

突然、失礼いたします。

れんかさん、はじめまして。
ツイッターでこちらのブログを知り数日迷ったのですがはじめてコメントさせていただきます。

私は高橋大輔さんのファンです。
もともとフィギュアスケートが好きでずっとライトファンでした。
全ての選手を応援していますが特に高橋選手を応援しております。

高橋選手がきっかけでツイッターもはじめました。
最初は何もわからず高橋選手のファンのかたをフォローしていましたが
羽生選手への誹謗中傷があまりにも多く、
アスリートである羽生選手に、そして日本代表として国に金メダルをもたらしてくれた彼になんでそんなことが言えるのかととても悲しかったと同時に、
私は高橋選手のファンなので高橋選手を絶賛したそのすぐ後に、高橋選手のアイコンで(もちろんそれ以外の方もいますが)他の選手への悪口をいうことがどういうことか…、それは叩かれた選手本人、そしてその選手を応援するファンに失礼なことはもちろん、
自分が応援している高橋選手の首をしめていることに気付いてほしいということです。
実際、れんかさんのブログのコメント欄でも高橋選手本人が嫌いになりましたと書かれているのをみると本当に悲しくなります。


誹謗中傷も一部の方たちのみなのかなとも思い、他の選手への誹謗中傷をする人をみかけたらリムーブし、RTするときも、その方が他の選手を誹謗中傷されるかたじゃないのか過去発言を辿ったり、本当に神経を使っていました。

このかたは誹謗中傷をしない方だなと思っても
しばらくすると直接的ではないにせよ、羽生選手の活躍や露出があると面白くないんだろうなと思わせるつぶやきをみることもあり本当にがっかりしたり。


ただリムーブしてもどんな事を言っているのか見に行くようになってしまい
同じ選手のファンとして他の選手をさげるのはやめてください!と何度も言いたいと思い書いては消し、書いては消しを繰り返していました。

それらしきことをエアリプのつもりでつぶやいてみたらその結果きづいたら悪質ではないと思っていた方からブロックされていたり…その間も嫌みや誹謗中傷はとまらずもう悲しくて心が痛くて本当に悩みました。

ブロックされたことが悲しいのではなく、このままでは高橋大輔選手のファンはみんな他サゲをしていてその原因をつくるのは高橋選手だ!となってしまうんじゃないか、それが本当に辛かったのです。

どうしても辛くてもうツイッターもやめようと思うのですが、でもやっぱり、どうにかできないことかと毎日、かなりの時間を費やしてツイッターをみては悩みを繰り返していました。

結局何もできず震災をアクセサリー~という発言からおこった騒動もただただ毎日見ているしかできませんでした。
同じファンの人の助言ならきくのでは?と何度も思い悩みましたが集団は大きく、毎日毎日みる誹謗中傷でどんどん心は弱りどうしても勇気がでませんでした。

でも同じ選手を応援するファンの方があんな発言そしてその後も(そのまわりの方も含め)全く反省していないように見えることにいまだに憤りを感じております。

私以上にれんかさんはじめ羽生選手のファンの方達はお辛かった事と思います、本当になにもできず申し訳ありませんでした。

ツイッターをしていてご縁があり羽生選手のファンの方と相互でフォローさせていただいており、
その方から羽生選手の好きなところのお話をきかせていただいたり、私も高橋選手の好きなところを聞いていただいたり。
お互いあ~そんな魅力があるんだな~と発見できたり。

なので高橋ファンが羽生選手の悪口を言っているのをみると自然と羽生選手ファンのフォロワーさんの事も浮かぶようになり本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

ただ高橋選手を応援する方のなかにも他サゲは聞きたくない、全ての選手を応援している、そしてあの騒動のときも私はできませんでしたが直接悪質な人にリプはできずとも
心をいためている高橋ファンのフォロワーさんがいたことも知っています。

ツイッターをしなければよかったと何度も思いましたが同じ気持ちの方もいると知れた事は本当に嬉しかったです。

ご理解はいただいていると思いますが全員が高橋ファン全員が悪意を持っているわけではないことだけは知ってほしいと思います。

もちろん、私は高橋選手のファンなのでこの先、羽生選手に限らず他の選手と高橋選手が競技会にでるとしたら、
私は一番に高橋選手の応援をすると思います。

それはどの選手のファンもそうであると思いますが、
高橋大輔のファンです!とご本人にも、他の選手にも、
他の選手を応援するファンの方にも胸をはって言える、
恥ずかしくないファンでありたいので
私もれんかさんと同じく全てのスケーターにスケートファンとして拍手をおくりたいと思っております。


スケートファンは誰を応援していても本来お互いの気持ちがとてもわかるはずと思っているんです。
れんかさんは羽生選手、私は高橋選手、対象の選手が違っても頑張ってほしい、好き!と思う気持ちはきっと同じはずだと思うのです。

それを悪質と呼ばれる彼女たちにも理解してほしいです。
高橋選手と同じように羽生選手も努力をしている、
高橋ファンと同様、羽生ファンも選手を心から大切に思っているということを。


また、今回のブログ、書くにはたくさんの勇気と覚悟がいったと思います。
れんかさんがご紹介してくださった

「ファンが選手を守れるなんて思ってはいけない。ファンができるのは応援することだけ」

という言葉がとても胸に響きました、その通りですよね。
自戒もこめて私も常にこの言葉を忘れないようにしていきたいです。



ずっともやもやとして今現在もそれは続いておりますが
自分の気持ちを改めて整理するきっかけを与えて頂きました。
ありがとうございます。


もしこのコメントを高橋選手の悪質とよばれるファンの方がみていたら少しでも理解いただけたらと思っております。
自分たちのしていることは他の選手にも失礼と共に高橋選手の悪いイメージしかうまないことを。


これからもスケート界が盛り上がっていくこと、同じスケートが好きなファン同士が憎しみ合わない事、
そして一番は選手たちに悪影響が無い事を願っています。


なかなか気持ちがまとまらず、長々と失礼いたしました。
[ 2014/09/20 22:35 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

はきさん、こんばんは。

> 私の好きな選手も、些細なことでバッシングを受けたりしていました
> 試合の雰囲気がおかしいと思うこともありましたが、あなたのように声を上げることは長らく出来ませんでした

そうでしたか。辛い思いをされてきましたね。
私も去年の全日本では、羽生選手ではない、ある選手の得点を大勢の人が歩いている通路で聞えよがしに不正だと文句を言っている人を見ました(誰のファンかは知りません)。

匿名で発言するネットだけでなく、関係者に聞こえるような場所でも、平気で選手を貶める今の状況は明らかに異常だと思いました。

> 堂々とこのようなブログを書ける状況になったことを嬉しくもあり、あなたがこの記事を書かねばならなくなった状況が哀しくもあります

同じ思いです。ファン同士の対立を煽るとか、選手の名前を出したとかいう批判もあるでしょうが、臭いものに蓋の事なかれ主義ではいつまでもこんな状態が続くばかりです。
選手を踏みにじり、ファンを踏みにじって、その上にある平穏なんて何の意味があるんでしょう。

> 私も悪質なファンがいたら注意するなど出来る限りのことをしたい
> これからのシーズン、どうか選手たちが何の心配もなくスケートができるようになることを祈るばかりです

選手がみんな、怪我もトラブルもなくいいシーズンを迎えられたらいいですね。楽しみです。
[ 2014/09/20 22:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/20 23:05 ] [ 編集 ]

Re: 突然、失礼いたします。

Mさんへ

ありがとうございます。本当に、ありがとうございます。

最初、「高橋大輔さんのファンです」という言葉を見て身構えました。すみません。
読んでいるうちに、どんどん胸のつかえがおりて、楽になっていきました。
なんか、子供みたいに涙が出てきてしまって。
ああ、私、高橋選手のファンに、こういうことを言ってもらいたかったんだと思いました。

私と高橋ファンとの出会いは最悪でした。Mさんが書かれているような人たちとばかり出くわしました。羽生の優勝は八百長と言っている人たちにやめてくれと頼んで冷笑されたこともあります。

また、そういうことは言わなさそうに見えても実は羽生選手に反感を抱いていて、何かの拍子にそれがポロッと出たり・・・という人ばかり見てきました。ある意味、完全に悪質な人よりこういう人たちの方がずっとたちが悪くて人間不信に陥りそうでした。

Mさんはいろいろと葛藤しながら、最大限できることをされてきたんですね。
一部の人だけを見て決めつけてはいけないと頭ではわかっていても、どうしてもそういう考え方から逃れられませんでしたが、これでやっと吹っ切れそうな気がします。

もしよければ、内緒コメントでMさんのツイッターのアカウントをお聞かせ願えませんか。
私もお互いの大切なものを尊重し合える、スケートファンの交流の場に加えていただけたらと思います。
(こういう過激な記事を書くような者ですので、交流されている方々が敬遠されるかもしれません。遠慮したいということであればスルーしてください)

[ 2014/09/20 23:24 ] [ 編集 ]

Re: 2chにリンクが貼られています。

教えてくださってありがとうございます。探してそのスレを見てきました。本文がコピペしてあるんですね。びっくりしました。
一旦取り下げとは、どのくらいの間ですか? ちょっと仕組みがよくわからなくて。
[ 2014/09/20 23:56 ] [ 編集 ]

頑張れ

はじめてコメントします。
私は真央ファンです。
私の周りの真央ファンはゆづ君も応援してます。
熱狂的な高橋ファンの事も知ってます。実は私も過去に試合で高橋ファンが前の席で「真央ちゃん嫌いじゃないけど、真央ちゃんはジャンプだけでたいしたことないよね。テレビでは真央ちゃんばかりやってるけど、実際に会場で歓声や人気は大ちゃんだよね」と聞こえるぐらい大きな声で会話されてて悲しい思いをした事があります。
かなりショックでしたよ、しばらく高橋君の顔も見たくなかったほどに。

でも選手達が1番大変なんですよね。対応しないといけないから。選手のファンにもいろんな方がいます。
好き選手の恥じないファンに成りたいですね。

最後に、いち真央ファンだけどゆづ君にありがとうと言いたい。
オリンピック金メダルおめでとう、そして頑張って。
[ 2014/09/21 00:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 01:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 01:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 01:40 ] [ 編集 ]

初めまして

れんかさん

この度は、勇気ある記事を上げてくださり、ありがとうございました。

拝読しているうちに、一部の悪質な高橋選手ファンに対して今まで我慢してきた怒りが込み上げてきました。

2チャンネルなどでゆづがめちゃくちゃ叩かれていることは知っていました。
また、試合やアイスショーで、嫌がらせをされていることも知っていました。
でも、「あの人達に反論したら、あの人達と同類になってしまう。相手にしないのが一番。」と自分に言い聞かせ、我慢してきました。

でも、れんかさんのブログを読んで思ったんです。今まで自分は逃げていたんだなと。

ゆづに対するあの人達の仕打ちはもはや犯罪レベルに達していると言っても過言ではありません。

人として言ってはいけないこと、そして人としてやってはいけないことに対しては、毅然とした態度で臨まなければいけないと思いました。

私は、あの人たちに問いたい。
あなたたちもフィギュアスケートを愛しているのではないのですかと。

ゆづを初めフィギュアスケートの選手の皆さんは、私たちが目にすることのできない所で、日々血の滲むような努力をされています。その努力の結晶たる4分半の演技に対して、私たちフィギュアスケートファンは惜しみない拍手を送るべきではないでしょうか。そして、日々不安や孤独と闘いながら精進している選手一人一人に対して、尊敬の念をもって接するべきではないでしょうか。

れんかさん、今回このような意見を述べる機会を与えて下さって、本当にありがとうございました。






[ 2014/09/21 02:16 ] [ 編集 ]

はじめまして

ブログを読ませていただき、まるで自分の胸の内を読み上げられているようで、ひとつひとつ「その通り!」とうなづきながら見ていました。
吐き出したくなる想い、すごくわかります。
私はブログもTwitterもやっていないので、普段つらつらと思っていることを吐き出す場が無い為、ずっと溜め込んでいました。それを代弁してもらった気がして、私もスッキリしました。
私も以前は高橋選手の演技大好きだったんですよ。バンクーバー前のシーズンにけがで休んでいたときは、パズルのピースが足りない感じで寂しかったです。
でも、どんなに一部の悪質な高橋ファンが羽生君への誹謗中傷をしたり、クレーム行動を起こしても、彼自身のことは嫌いになれなかったんですよ。彼の発言については疑問に思う部分もありますが、選手がファンの行動をコントロールすることは不可能だと考えているので。むしろ質の悪いファンを多数抱えて気の毒だなと。…そう、あのスキャンダルが出るまでは。
あの写真自体にはそんなにショックは受けませんでした。あの会長ならやりそうなことだな、と。それよりもその後の関係者の対応の仕方が衝撃でした。「え、ホントにそれでいいの?」っていうような…。この件で今まで疑念を抱いていたこと、腑に落ちなかったことが1本の線につながりました。
2012年の全日本の異様な雰囲気は、テレビでしか観ていない私にも伝わってきました。でも、青島女史の記事や、鳩さんのツイートを読んで、「スケートから離れたい」とまで羽生君が思い詰めたのは、本当に高橋ファンのせいだけなんだろうか、と。非常識ではありますが、彼女たちの反応はあの状態なら予想できたことで、たかがファンの戯れ言と思っていればよいこと。「僕が勝っても誰も喜んでくれない〜」は身内と思っていたスケ連関係者に心ないことを言われたのでは?と勘ぐっていたんです。
でも、カナダへの拠点変更まで後押ししてサポートしてくれたスケ連がまさかそんなことは、と思っていました。(あの頃はまだスポンサーも付いてなかったですよね)
でも、ソチ閉会式のモヤモヤする感じ、オーサーの数々の証言、そして今回のスキャンダルへの対応の仕方。本当に羽生君は四面楚歌の中で戦ってきたんだとわかって悲しくなりました。
橋本会長には即刻辞めていただきたいです。こういうことをなあなあに済ませてしまうスケ連はすぐに改革してほしい。そして高橋選手も今となっては休養後戻ろうにも戻りづらい状況になってしまってますよね。でもそれは、あの人たちがぶち上げる陰謀論『羽生のせい』などではなく、高橋選手のまわりの人間と悪質ファンの行いのせいであって、それを容認してしまった高橋選手の自業自得とも言えるのではないかと私は思います。
そして、つらい状況をものすごく真っ向勝負、正面突破で、まさに実力でねじ伏せる形で今の地位を摑み取った羽生君を本当に尊敬します。ジュニアの頃からそつのないインタビューをする人でしたが、最近の言葉は本当に重みがあるというか、心にズシンと響いてくるというか…。自分よりはるかに年下ですけど、「人生の格」みたいなものが数段上だと感じます。
その分、モンハンCMメイキングみたいに19歳の素を見せてもらうと、何故か無性に嬉しくなっちゃうんですけどね。
長文の上、まとまりのない文章失礼しました。この場をお借りして、私も少し吐き出させてもらいました。ありがとうございました。
[ 2014/09/21 05:01 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 10:13 ] [ 編集 ]

Re: 頑張れ

ユキさん、こんにちは。

試合会場やショーで選手の悪口を聞えよがしに言われるのは本当に嫌なものですね。
課題の指摘は別ですよ、愛があるかどうかで受ける印象も変わってきます。
また、自分の贔屓選手が他の選手と比べて人気があるかどうかで張り合うのは愚かなことだと思います。
好きな選手に恥じないようなファンでいたい。おっしゃる通りです。

> 最後に、いち真央ファンだけどゆづ君にありがとうと言いたい。
> オリンピック金メダルおめでとう、そして頑張って。

温かいお言葉をありがとうございます(ゆづの代わりにお礼を言うのはおこがましいけど(笑))
[ 2014/09/21 10:27 ] [ 編集 ]

Re: 真央ちゃんも

真央ファンの方へ

そうでしたか。それは知りませんでした。
真央ちゃんは国民的スターでもあり、マスコミの取材攻勢も凄まじいので、幼い頃から大変な思いをしてきたと思います。それを表に出さない強さがあっぱれです。

真央ちゃんの熱狂的ファンの中にあの国を毛嫌いしている人がいる理由も納得しました。それでも人種差別はよくないと思うので、一部過激な人たちの意見には私は賛成しませんが。
(と言いつつ、私が高橋ファンを一括りにして嫌うのも同じようなものだなあ・・・と反省)。
[ 2014/09/21 10:33 ] [ 編集 ]

Re: 取り下げる必要はないと思います

ありがとうございます。記事取り下げについては改めて自分のコメントとして書きますね。
[ 2014/09/21 10:34 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ありがとうございます。そう言っていただけると心強いです。記事の扱いについては後で書きますね。
[ 2014/09/21 10:35 ] [ 編集 ]

Re: 初めまして

ゆりかさん、こんにちは。

> 人として言ってはいけないこと、そして人としてやってはいけないことに対しては、毅然とした態度で臨まなければいけないと思いました。

そうです。あの人たちのやっていることはもはや集団いじめであり、犯罪です。
そういう行為に対してNOという意思表示をするだけでも違うと思います。

> ゆづを初めフィギュアスケートの選手の皆さんは、私たちが目にすることのできない所で、日々血の滲むような努力をされています。その努力の結晶たる4分半の演技に対して、私たちフィギュアスケートファンは惜しみない拍手を送るべきではないでしょうか。そして、日々不安や孤独と闘いながら精進している選手一人一人に対して、尊敬の念をもって接するべきではないでしょうか。

全文同意します。
選手と競技に対して敬意を持てるファンでいたいです。
[ 2014/09/21 10:39 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

みかんさん、こんにちは。

お気持ち、とてもよくわかります。辛い思いをされてきたんですね。

ただ、セクハラ・パワハラ問題の対処については、確かに事後対応がまずいと思いましたが、日本は性的嫌がらせに対する意識が遅れていること、スポーツ界の体質が欧米とは違い軍隊式で、上の者の理不尽な要求に逆らえないことなどを考えると、権力者である橋本氏に不利なことを言う訳にはいかなかったのだろうと思います。
もう少し言葉を選ぶことはできなかったのかという思いはありますが。

これを読んでいただくと、問題の本質がとてもよくわかりますよ。

高橋大輔選手は、なぜセクハラ「された」ことを謝罪しなければいけなかったのか
http://ji-sedai.jp/series/research/010.html

スケ連関係者がゆづを冷遇していたと考えるのは、それこそ陰謀論になるのではと危惧します。
同じ国の選手ですから、一人でも多くの優秀な選手を育てたいはず。

トップがあんな状態だとわかって、私もモヤモヤするのですが、証拠がないことを自分の考えたい方向へと導いてゆくのでは、あの悪質な人たちと同じになってしまう。それは全力で拒否したい。
それに、どっちもどっちに落し込みたい人もいるので、餌食にならないようにしたいです。

ゆづの競技に向かう凛とした姿勢や、日々のことに感謝の気持ちを忘れない姿勢には、私も感銘を受けます。
なのに素はイヤホンオタクでゲーマーで、普通のそこらにいる19歳の男の子で。そういうギャップがたまらなく魅力ですね。
[ 2014/09/21 11:01 ] [ 編集 ]

Re: No title

応援してます!!! さんへ

コメントありがとうございます。
気に入らない選手を攻撃するためには手段を選ばない人たちを私は軽蔑します。
スケートファンでもなんでもない。ただのストーカーですね。
それに対して批判すれば潰されるというのも異常な世界です。

ただ、私はどの選手に対してもPCSを盛られているとは思ったことはありません。
野球の審判のストライクゾーンが人によって微妙に違うように、ジャッジにもまた少しずつ振り幅があると考えています。いろんな価値観のジャッジが9人集まって採点するからこそ、ならされて平均点が出るのだと思います。
[ 2014/09/21 11:10 ] [ 編集 ]

★ブログ主です【記事取り下げについて】

2chに貼られていますよと教えていただきました。アンチスレではなく、「貼った人はルールを知らず貼ったようなので、対象ページが消えればルールの周知になる」とのことで、一旦取り下げてはどうですかと私のことを気遣ってコメントをくださった方がいました。

確認しに行って、本文がコピペされていることを知りました。言われたとおりに一旦取り下げてみた方がいいのかなと思いましたが、よく調べてみると、同じIDで荒らし行為をやっている人が貼ったとわかりましたので、取り下げることはしません。

嫌がらせに屈して記事を取り下げたら、相手の思う壺だからです。

他にもあちこちに貼られているようで、そこからの訪問客がお越しですが、選手を叩いたり、ファンを攻撃したりする人は自分がどれだけ恥ずかしく虚しいことをしているか顧みられた方がいいですよ。
[ 2014/09/21 11:32 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 11:52 ] [ 編集 ]

またまたお邪魔します

コメント数が大変なことになっていますね。
これもれんかさんが勇気を持ってこの記事をあげてくれたおかげだと思っています。

このたび良心的な高橋選手ファンであるMさんのコメントを読んで、とても嬉しく思うと同時に少し救われた気持ちにもなりました。
今までの悪質なファンに対する高橋ファンの方たちの反応を(過去記事も含めて)みると、「そういうファンばかりではない、そうでないファンもいる」ということを繰り返すばかり。
悪質なファンに対してどう考えているのか、羽生君に対するバッシングに対してどう思っているのか、そこのところを語る人たちはまずいなかったと思います。
(同じ高橋ファンだからできなかったのかもしれませんが。)
それは私には、自分は違うという自己弁護をしているだけにしか思えなかったんです。

でも今回、Mさんのコメントを読んで、Mさんが同じ高橋ファンの行き過ぎた行動に心を痛めていること、羽生君や羽生君ファンに対しても申し訳ないという気持ちでであることがよくわかりました。
Mさんは高橋選手のファンであると同時にフィギュアスケートというスポーツを愛してもいらっしやるんだとわかります。
悪質ファンたちは、自分たちの言動が高橋選手を純粋に応援するファンの方たちをも悲しませ、戸惑わせていることに気づかないのでしょうか?
(気づいていたらやめていますよね?人を誹謗中傷することで好きな選手が守れると思うなんて、全くおかしいとしかいいようがありません。)

今回のコメント欄ではほかの選手のファンの方たちからのエールもありました。
私もアイスショーでお隣に座ったO選手ファンの方から、彼が高橋ファンから受けた嫌がらせについてお聞きしたことがあります。その方は、今は羽生君がメインターゲットになってしまって気の毒だと言っていました。

私たちはそれぞれお気に入りのスケーターがいます。
でもその前に私たちはフィギュアスケートのファンでもあるはずです。
日本には才能を持った選手が数多くいて、それぞれの個性で私たちファンを楽しませてくれている。
どうしたらファン同士がいがみ合うのではなく、気持ちよく皆で一緒にフィギュアスケートを盛り上げていこうとできないのでしょうね…。ため息をつくしかありません。

最後に、モンハンCMのゆづ、可愛すぎてもうたまりません!
ゲームをしている時の19歳の素のゆづと、そしてこれから始まるシーズンで見せるスケートの鬼のゆづ、まったく異なったその両面。どちらもがゆづの魅力ですね。
シーズンの幕開けが待ち遠しいと同時に、ドキドキしている今日この頃です。
[ 2014/09/21 12:04 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 12:28 ] [ 編集 ]

はじめまして

れんか様、初めてお邪魔します。
私は昨年あたりからの新米羽生選手ファンです。彼のいつも全力な演技に元気や癒しをもらっています。
彼が受けてきた様々な誹謗中傷は、断片的には知っていましたが、今回上げてくださった記事で、初めて全容がわかった気がします。他のみなさんが仰るように、これだけ書くのにはほんとに勇気がいったと思います。
あの笑顔の裏で、どれだけ傷ついてきたんだろう、ご家族をはじめ周りで支える方々はどれだけ心配されたんだろう、と読みながら涙が出てきました。
特に、震災や原発事故を絡めて叩くのは、れんか様がおっしゃるように、相手が彼だからではなく、人としてやってはいけないことだと思います。
神戸の地震では、私の住む地域は犠牲者こそ出ませんでしたが、立ち上がれないほどのひどい揺れで家にも一部損壊があり、夜明け前の真っ暗な中、とても怖い思いをしました。それより遥かに恐ろしい思いをしたに違いない少年をつかまえて、こともあろうにその体験をアクセサリーにしていると非難できる人たち…。理解できません。
熱心なファンというわけではありませんでしたが、高橋選手の演技は好きでした。試合で成績が良ければ嬉しかったし、残念な結果だったら次はがんばってね、と、応援する気持ちはあったんです。
けれど、これまで見聞きしたことと、今回の騒動で、以前と同じ気持ちで見ることはできなくなってしまいました。
あの人たちは、自分達の行為が、高橋選手には少しもプラスになっていないどころか大きなマイナスになっていることに、気がついていないのでしょうか?私みたいな人間を増やしているだけですよね。ひとつだけ、勉強させてもらったのは、選手本人にとってアンチより悪質なファンの方が、長い目で見れば恐ろしいということです。自分は絶対にそうならないようにしようと思いました。
試合では、悔しい思いをすることや落ち込むこともあるでしょう。でも、それ以外のところでは、羽生選手にはいつも笑っていて欲しい、そのために、応援している気持ちを機会があるごとに彼に伝えていきたいと思いました。ロッテやモンハンの笑顔、最高ですね。あの顔を見ていると、自然と自分も笑ってしまいます。あんな笑顔をいつでも見ていたいです。
長々とおじゃましました。どうか私への返信はお気遣いなくお願いします。
また来させてくださいませ。
[ 2014/09/21 13:09 ] [ 編集 ]

涙が出てきました

れんかさん、はじめまして。
記事読ませていただきました。
一度コメントしようと書いてみたのですがうまく言葉がまとまらず、やめてしまいました。
今回も拙い文章になってしまうかもしれません。お目汚し申し訳ありません。

私もアンチの存在を知ったのはれんかさんと同じような経緯です。
最初はアンチのあまりのひどさに自分自身が傷ついてしまいました。あんな悪意の塊でしかないものを本人が目にすることがないようにと願ってやみません。
でも、羽生くんを応援していく中で、どこかでアンチの存在に吹っ切れてしまった自分がいました。あんな人たち、相手にするまでもないなと。
基本的にはそのスタンスでいます。アンチの言うことは事実を歪んだ見方しかできない捏造であったり、とにかく羽生くんを叩きたいがために無理矢理自分たちを正当化しているだけですよね。
ただ、震災を絡めた誹謗中傷だけは絶対に許せません。(どんな誹謗中傷も許されるものではないとわかった上で書かせていただいています)
「震災をアクセサリーにしている」「(震災にあって大変な思いをしたのはわかる)でも、死ぬほどじゃなかったよね」「被災者を語るな」「震災王子」
言葉は多少違うかもしれませんが、このようなことを平気であの人たちは全世界に発信するツールで発言しています。
「震災アクセサリー」以後、周りがましになることは微塵も期待しませんでしたが、当の本人だけでもましになるのかと思っていました。あの人、全く反省してませんよね。
性善説を信じている訳ではありませんが、それでも、人間は間違いを起こしそれを糾弾されるようなことにまで至ったら、反省し心を入れ替えることができると思っていました。どうやらあの人たちは人間ではないようです。反省という言葉も恥という言葉も知らない人たちです。人を呪わば穴二つ、いつか自分たちにやってきた行いのすべてが跳ね返ればいい。他の方もおっしゃっていましたが、アンチというよりもストーカーでありクレーマーでありモンスターペアレントですね。私からすれば更生が期待できない犯罪者と同じです。

ただ、アンチにつられて自分もがアンチ能になってしまうのが恐ろしいです。そこだけは道を踏み外さないように気をつけなければいけないなと思います。
今回ショックだったのは羽生くんのファンで女子選手を叩いている人がいるということ。その方、注意できないでしょうか。私も周りで同じような人がいれば注意していきます。

今回、このような記事を書いていただきありがとうございました。
長文失礼致しました。
[ 2014/09/21 13:20 ] [ 編集 ]

書いてくださりありがとうございます

この記事をアップするのに相当勇気が必要だったと思います。書いてくださりありがとうございます。
私は元々、本田武史さんのファンでした。そこから自分と同じ倉敷から高橋大輔選手というフィギュアの選手が出てきてくれたこと凄く嬉しく思っていました。その後、織田選手、小塚選手も応援してましたがいつの頃からかテレビでフィギュアを見るのがしんどくなってしまいました。
ほんの少し距離を置いていましたが羽生くんの演技を見てそしてインタビューを聞いて心から応援したい!と思いました。特にソチからの試合そしてショーをテレビでみる度(羽生くんが出ているいないに関わらず)、フィギュアスケートってほんとに素敵だなと。
元々、フィギュアスケートの試合って(私のイメージですが)国関係無くそれぞれにファンが居て好きな選手以外でも拍手しましたよね。そういうところがとても好きだったので、選手にとってもファンの人にとっても素敵な試合になってくれると期待しています。

私は先ほども書いた通り高橋選手と同郷で年齢も2~3才差なのでそれこそ同級生がジュニア時代の高橋選手と普通に会話していたり後輩が同級生だったりする為、他の選手より親近感がありましたが今はもう…正直、本人もあまり…。演技の好き嫌いはあるにせよスケーターを嫌いになるなんて思いもしませんでした。過去の演技も見たくなくなりましたがそれも、悪質ファンと同じになると思いやっぱり良いものは良いと認めないといけないと思い直しました。彼女たちを反面教師にスケーターたちが「日本のファンの人たちの前で滑るの楽しい!」と言ってもらえるように一ファンとして応援していきたいです。

長文、まとまりの無い文で失礼しました。
[ 2014/09/21 13:45 ] [ 編集 ]

Re: No title

応援してます!!! さんへ

ありがとうございます!
これからも良きスケートファンでいましょう。

[ 2014/09/21 14:24 ] [ 編集 ]

Re: またまたお邪魔します

ゆうこさんへ

高橋ファンのMさんのコメント、本当に嬉しかったですね。
今まで、自己弁護やどっちもどっち論しか聞こえてこなくて失望していたんですが、救われたような気持ちになりました。言葉の力ってすごいですね。

今度のことでは、ファンの言動がどれだけ選手のイメージに影響を与えるのかと改めて感じて怖くなりました。
今後、どの選手も傷つけられることのないようにと願っています。

モンハンCM、TVで流れる日が楽しみですね。
ゲームに没頭して思わず素が出ているのが微笑ましいです。
フィン杯ももうすぐ。オペラ座がいよいよそのベールを脱ぐ! と思うとワクワクが止まりません。

[ 2014/09/21 14:30 ] [ 編集 ]

Re: 記事取り下げについて

温かいお言葉、ありがとうございます。

選手を攻撃するな。フィギュアスケートを貶めるな。
シンプルにそれだけのことですよね。
[ 2014/09/21 14:33 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

yumiyumiさん、こんにちは。

阪神淡路大震災で被災されたのですね。あれも大変酷い災害でした。さぞかし怖い思いをされたことでしょう。また、家の修理なども大変だったことでしょう。

>ひとつだけ、勉強させてもらったのは、選手本人にとってアンチより悪質なファンの方が、長い目で見れば恐ろしいということです。自分は絶対にそうならないようにしようと思いました。

これは本当に痛感しました。悪質なファンは内側から体を蝕む病のように、その選手に悪影響を与えてしまうのではないかと思います。私も絶対にそうならないでいようと誓いました。

> 試合では、悔しい思いをすることや落ち込むこともあるでしょう。でも、それ以外のところでは、羽生選手にはいつも笑っていて欲しい、そのために、応援している気持ちを機会があるごとに彼に伝えていきたいと思いました。

私もゆづの心からの笑顔を見ると、自然と顔がほころびます。彼が幸せだと私たちも幸せですね。
[ 2014/09/21 14:45 ] [ 編集 ]

Re: 涙が出てきました

hanaさん、こんにちは。

> ただ、アンチにつられて自分もがアンチ能になってしまうのが恐ろしいです。そこだけは道を踏み外さないように気をつけなければいけないなと思います。

はい。まずは自分が同じ穴のムジナにならないように気を付けたいですね。
そうならないためにも私は技術とルールを勉強しようと思っています。陰謀論に染まるとライバル選手を叩くことにつながりますから。

> 今回ショックだったのは羽生くんのファンで女子選手を叩いている人がいるということ。その方、注意できないでしょうか。私も周りで同じような人がいれば注意していきます。

震災アクセサリー騒動のどさくさの中で、ツイッターでみんなして怒っているときに、ゆづ画像のアイコンの人に話しかけられて普通に会話していたんですが、フォローされてよく見てみれば、ある女子選手のことを叩いている人でした。
注意してから一旦ブロックしてフォローを外させたんですが、返事はなくスルーされました。
それ以上は関わっていないのですが、今後、私もそういう人を他に見かけたら注意していこうと思います。取り締まりみたいにはならない程度に(^_^;)
とりあえず、そういう人は選手画像アイコンにすんなと言いたいですね。
[ 2014/09/21 15:00 ] [ 編集 ]

Re: 書いてくださりありがとうございます

きさらぎさん、こんにちは。

> 元々、フィギュアスケートの試合って(私のイメージですが)国関係無くそれぞれにファンが居て好きな選手以外でも拍手しましたよね。そういうところがとても好きだったので、選手にとってもファンの人にとっても素敵な試合になってくれると期待しています。

ええ、ほんとに。
真央ちゃんが「フィギュアスケートっていいな」ってしみじみ言ったように、あっこちゃんが「素晴らしいスケート人生だったの」って涙ながらに言ったように、すべての選手がそんなふうに幸せを実感できるよう、ファンも応援していきたいですね。
[ 2014/09/21 15:11 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 15:42 ] [ 編集 ]

高橋ファンについて

れんかさん はじめまして

勇気ある発言ありがとうごさいます。
私も高橋ファンの大多数は悪質だと思っている一人です。
2012年のNHK杯全日会場で観戦しました。そろそろ生真央ちゃんを見たいのと、3強のみだった男子も面白くなりそうというのが理由です。
何も情報を持たない私は羽生が出たときに会場全体の空気が悪意に満ちるのを感じ凍りつきました。対して高橋への熱狂ぶりを見て会場を埋め尽くしている高橋ファンが羽生を敵視していると理解しました。私は試合を楽しみたかったのに集団いじめを見せつけられたのです。当時17歳高校生が一人で耐え、心折れずに優勝を勝ち取ったのは素晴らしい事ですが、同時にいたたまれない気持ちにさせられました。高橋ファンには今でも腹が立っています。
次に観戦したのが、2013年全日本3日間とエキシビションです。
会場が大きいせいか、羽生ファンが増えたのか悪意は薄まっていると感じました。隣席が高橋ファンで友人に羽生含め他選手の事を好意的に説明していたのですが、ショートで羽生がノーミスの演技をしたときちょっとだけ腰を浮かせ拍手ではなく、手を小刻みに震わせているのを見て(つばペッ )と思いました。フリーでの羽生はノーマークという印象です。
そして男子表彰式の準備の時羽生の演技がビジョンに流れ出した途端怒ったように席を立ち足早に会場を去る人が結構な人数いました。表彰式の時観客は半数位だったと思いますが、暖かい拍手で選手も嬉しそうで本当によかったです。どちらかというと、オリンピック代表発表の方がハラハラしました。
エキシビションでは高橋への大声援がちょっとだけ翳っていた気がします。代表選考に不満を持っている人がいるんだなあと思っていました。

女子の試合には集中できるのに、特定の選手を叩きたいマナーの悪い観客が大勢いる男子の試合は集中できず楽しめません。 しかし高橋選手の出場しなかった世界選手権では心から楽しめました。(男女フリーを観に行きました)よい演技には大歓声。調子が悪そうな選手には応援で上げてやろうという感じでした。観客全体で一つでも多く良い演技が観たいと応援していた感覚です。

以上噂ではなく実際に体感した高橋ファンに対する気持ちを書かせていただきました。羽生選手、高橋選手の敬称略ですみません。長文失礼いたしました。
[ 2014/09/21 16:10 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 17:20 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 17:29 ] [ 編集 ]

Re: 高橋ファンについて

はじめまして。

>ショートで羽生がノーミスの演技をしたときちょっとだけ腰を浮かせ拍手ではなく、手を小刻みに震わせているのを見て(つばペッ )と思いました。

ちょっと意味がわかりませんが、拍手する振りだけしていたということでしょうか。

> 以上噂ではなく実際に体感した高橋ファンに対する気持ちを書かせていただきました。

う~ん。すみませんが、「空気が悪意に満ちる」「悪意は薄まっている」「大声援がちょっとだけ翳っている」ということでは、あなたがこう感じたという主観を書かれているような気がします(^_^;)
[ 2014/09/21 17:38 ] [ 編集 ]

Re: No title

> 元羽生ファンだった方のPIWの感想です。
> 盲目的に羽生君カワイソウばかりでは違和感覚えます。

挨拶もなく、「元羽生ファンだった方」とやらの感想をいきなり貼り付けてこられるわけですか。
「PIWの羽生の塩対応」って、悪質な人たちが彼の印象を悪くするためにせっせとばら撒いていた情報の中にそういうのもありましたね。

> いまや日本フィギュア界の顔なのですから
> ある程度本人も変わられる様に努力されることも必要なのではと思います。

充分チャンピオンとしての責任を果たしているように思いますが。
選手とて聖人君子ではありませんよ。
これ以上超人的な人格者であることを求められるんですか。
[ 2014/09/21 17:46 ] [ 編集 ]

Re: 書いていただけて嬉しいです

コメントありがとうございます。

やはりそうでしたか。それについては聞いたことがあり、大変だったのだなあと思いました。
同じ目に遭っているだけに、お気持ちとてもよくわかります。
二度とそういうことを繰り返すことなく、すべての選手が伸び伸びと演技できて、ファンがどの選手も楽しんで応援できるようにしないといけないですね。
[ 2014/09/21 18:01 ] [ 編集 ]

Re: 応援し続けること

こんばんは、コメントありがとうございます。

スケートをされていたのですね。素敵です。
選手たちのように自由自在に滑れたらなあと憧れてしまいますよね。

なんでこんなことになったのかは、私もわかりません。
あなたの書かれていることが原因だとは思いたくはないですが…。

ほんとにツイッターは怖いですね。なんでも簡単に言ってしまえる手軽さが取り返しのつかない失言や暴言を生みがちです。誤解や行き違いも生みやすいのに、コミュニケーションツールとしての比重が大きくなりすぎている気がします。
ツイッターやラインを使わずには済ませられなくなっている、今の子供が気の毒です。

今シーズン、楽しみですね。
いっぱい応援しましょう(*´▽`*)
[ 2014/09/21 18:12 ] [ 編集 ]

はじめまして

たまにROMさせていただいていました
自分の思いも含めてコメントしたくなりまして、纏まらず乱文ですが失礼します

私はTV観戦がメインでしたが、2012年の全日本のこわばった表情が気になって現地に行ったりするようになりました
その後、思う事はれんかさんと近いと私は思っています

ソチシーズンが終わって、羽生選手はもちろん、ハードスケジュールを勝ち抜いてきた町田選手、織田選手の戦いぶりと小塚選手の振舞いに感銘し、逆に高橋選手と一部ファンが苦手になってしまいました
ファン以外にもソチ直後の橋本会長のFBのコメントにえっと思い、テレ東の三人揃ったインタビューでどうしても高橋に振る女子アナの進行の中で「僕なんてまだ若輩もんで、、高橋さんたちのおかげ。。」と言って高橋に微笑んだ羽生が凄いと思いました

羽生君はいろんな状況を有無を言わさず切り開いていったと思います
スケカナ、エリック、GPF、全日本とオリンピックの駆け上がり方!
福岡GPFは現地にいましたが、試合内容も会場の雰囲気も良かった
羽生ファンだけどチャンの神演技を期待してた人も私を含めて多かったと思いますし、世界選手権も同様ですが国に関係なく応援し、国旗何種類持ってるのって感じ
世界選手権や全日本は羽生の声援がGFPに比べ薄い感じがしましたけど、ソチ後は客層が変わり、高橋と一緒に出るショーは少し緊張しましたが、羽生君の応援も凄くなりましたね

私の周りはコアからライトまで高橋ファンがいますが、コアで公正な人もいますし、一緒に世界選手権を見に行ったら、ほぼ全選手応援しているのに羽生君にだけ固まって石のようになっている人も居ました(高橋の不調は彼のせいではないのに)、まー色々ですね

ネットの誹謗中傷に関しては、あの人たちが特別なのかといえばそうかもしれませんが、顔が見えないことで増長する共通の問題も含むと思います
書く内容も震災やらタブーだと思われることもあり悲しくなりますね

長々、自分の感想を書いて済みません
結論を言いますと、れんかさんの最後の3行に同感です
ファンにとってどの選手も唯一無二だし、選手は成果を出そうと努力しています
あのようにならない様に応援していきたいと思います







[ 2014/09/21 19:04 ] [ 編集 ]

No title

れんかさん、大丈夫ですか?
何もしてあげられない事がもどかしい。
(きっと、例の方たちから、色々きちゃってるんだよね)
いつも応援してる、でも無理はしないで。(れんかさんのブログ大好きだから)
[ 2014/09/21 19:22 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

mikさん、こんばんは。

ネットは顔が見えないことで増長してしまうというのはとてもわかります。
たとえ自分の贔屓選手のライバルに対しても、いい演技には賞賛の拍手を、ミスには頑張れの拍手を送りたいですね。
コメントありがとうございました。

[ 2014/09/21 19:35 ] [ 編集 ]

Re: 初めまして

はなさん、こんばんは。

アンチの言う城田ガー真壁ガー電通ガーにはアホらしくて笑ってしまいます。
その他の言いがかりも陰謀論も、とことん理詰めで追及していけば、矛盾の出てくるものばかりですね。
どうでもいい人の名前を覚えるより、私ならルールの勉強をします。
今日は無良くんのスピンのレベル判定に挑戦していました。やってみると面白いですよ(*^^*)

> 私達ゆづファンができることは応援だけでなく、ネット等の根拠ない誹謗中傷に惑わされずに彼を信じることではないでしょうか。

はい。その通りです。前のコメントでもPIWでのゆづの対応に文句を言っている「元羽生ファン」とやらの感想を貼ってくる人がいましたが、いつもの年より長い五輪シーズンで金メダルを獲った選手がどれほど殺人スケジュールで心身ともに疲労が蓄積しているか。

それでも冷える氷の上に立って長時間ファンサービスをしてくれているのに、自分の時に笑顔を振りまいてくれなかったーせっかく行ったのにがっかりしたーもうファンやめるー。
そんなファンならさっさとやめれば? と思います。
まあ、これもアンチがばら撒いている中傷ネタの一つなので、この「感想」とやらも事実かどうかなんてわかりませんが。

> れんかさん、この記事でアンチさんが逆恨みで色々言って来ても負けないで下さい。
> 世の大半のまともな考えの人はこの記事を支持すると思います。

ありがとうございます。

[ 2014/09/21 19:56 ] [ 編集 ]

Re: No title

あやさん、ありがとう。大丈夫ですよ(´∀`*)ノシ
[ 2014/09/21 19:58 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 20:15 ] [ 編集 ]

初めまして

(はなさんのコメントです。先ほどのコメントを削除して上げ直します)
---------------
れんかさん、初めまして、私もゆづファンで悪質アンチには胸を痛めている一人なので、勇気ある発言にありがとうと言いたいです。
アンチさんは何かと城田さんと結び付けてゆづを叩きます。
祝賀会にいたからとか、世話になってるとか、「信憑性はないけど悪意ある週刊誌の下げ記事」に便乗して叩きます。
でもそもそも城田さんには過去、本田さん織田君村主さん高橋君などもお世話になっています。
城田さんがスケ連に復帰したのは織田君や村主さんの声があってとか。
高橋君が一番お世話になったのも城田さんだと、歌子先生と対談までしているのです。
城田さんの過去がどうであっても世話になっている選手は何の罪もありません。
まして祝賀会の一場面を取って個人的な癒着や贔屓なんて根拠がありません。
それに城田さんはソチでは選手村に入れないくらい、昔ほど権力はありません。
真壁さんも叩き材料の様ですが、高橋君も真壁さん主宰のショーに出ています。
電通ガーともよく言いますが高橋君の衣装担当も電通ですね。
アンチさんはその辺の矛盾はどう説明してくれるのでしょうか。
ゆづはもう三冠だし人気も充分だし、今更何を理由にゆづ側がリークしたと思うのか、理解できません。
つまり、何でもゆづのせいにしたいだけ、何が何でも叩きたいだけですね。
具体的根拠がない限り完全に名誉棄損、誹謗中傷なので早く捕って痛い思いをすればいいです。
私達ゆづファンができることは応援だけでなく、ネット等の根拠ない誹謗中傷に惑わされずに彼を信じることではないでしょうか。
れんかさん、この記事でアンチさんが逆恨みで色々言って来ても負けないで下さい。
世の大半のまともな考えの人はこの記事を支持すると思います。
[ 2014/09/21 20:20 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 20:25 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。

メールの件でお手数おかけしてしまい失礼いたしました。

>アンチの言う城田ガー真壁ガー電通ガーにはアホらしくて笑ってしまいます。
その他の言いがかりも陰謀論も、とことん理詰めで追及していけば、矛盾の出てくるものばかりですね。

本当におっしゃる通りです。
彼女達は都合の悪いものだけは反論できず見ないふりですね。
れんかさんのおっしゃる通り、アンチを反面教師に気を付けたいです。
また来ますm(__)m
[ 2014/09/21 20:34 ] [ 編集 ]

No title

はじめまして。
私は女子選手のファンなんですが、今羽生選手がされてる事と同じような事が、浅田さんの悪質なファンに散々されてきて、凄い気持ちがわかります。
ツイなどでももう彼女のアイコンを見るだけで身構えて顔を見るのもイヤな気になってしまいました。
彼女らの言い分も陰謀論に城田が真壁が電通が連盟が云々言ってる事がまったく同じです
そしてもう何を言っても彼女らにかかると自分達に異議を唱えるのは韓国人だと決めつけ、ほとほと疲れ果てました。

この先高橋選手が引退したとしても、羽生君への誹謗中傷は収まる事はないと思いますが、毅然としたファンの姿で中傷合戦にならないよう、言うべき事は言い、下らない叩きにはもう構わないのが一番なんでしょうかね。
何が一番効果的なのかは相手がもう人の心を持ってないという時点で正解はないと思いますが、とにかく同じレベルには絶対ならないようにという事だけでしょうか・・・
頑張って下さいね
[ 2014/09/21 21:06 ] [ 編集 ]

Re: 初めてコメントします

プラムさんへ

私が陰謀論が嫌いなのをご存じでわざと書かれているのではとお見受けします。
お帰りください。
[ 2014/09/22 00:11 ] [ 編集 ]

Re: No title

すまいるさん、こんばんは。

> 毅然としたファンの姿で中傷合戦にならないよう、言うべき事は言い、下らない叩きにはもう構わないのが一番なんでしょうかね。
> 何が一番効果的なのかは相手がもう人の心を持ってないという時点で正解はないと思いますが、とにかく同じレベルには絶対ならないようにという事だけでしょうか・・・

はい。私も同感です。
[ 2014/09/22 00:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/22 01:00 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/22 01:42 ] [ 編集 ]

大丈夫ですか?

れんかさん、こんばんは。
コメント欄が凄いことになっていますね。
心が疲弊しないように、しっかり休んだり、楽しいこともしたりして下さいね。
これだけ反応が大きいということは、今まで言わずして心に溜まっていたものがあった羽生選手ファンも多かったのでしょう。
高橋選手の悪質ファンが、羽生選手への誹謗中傷をネットで続けたことが今のこの状況に繋がっている気がします。
何の証拠も無いことでも、叩き続けているうちにあたかも本当のことのように語られてしまうのは恐ろしいことですね。
悪の組織電通に牛耳られたマスゴミが、高橋選手を下げているなどという荒唐無稽な話もありますが、テレビ局勤務の主人の話では、実際の番組制作の現場に、電通が誰それを使えなどと指示することは全くないそうです。(少なくとも主人がプロデュースしたバラエティ、ドキュメンタリー、アニメの番組では、唯の一度も経験無いとのことでした。)
勿論、高橋選手を使うなとか使えとか、下げろとか上げろとかの指示が電通やスポンサーなどから入ったという話も一度も聞いたことが無いそうです。(デーオタさん達、自意識過剰過ぎるみたいですよー(^^;;)
むしろ羽生選手は未成年者なので、出演を制作側で自粛する番組(例えば酒造メーカーがスポンサーの場合など)もあるだろうとのことでした。
もうすぐ、フィン杯やグランプリシリーズが始まります。
ゆづにも他の選手達にもマナーを守って暖かく応援し、結果はどうあれ楽しく観戦しましょうね(^^)



[ 2014/09/22 01:52 ] [ 編集 ]

書いて下さりありがとう!

はじめまして、初コメさせて頂きます。

私は小塚選手のファンです。羽生選手ファンの方々のお気持ちがよ~~~く分かります!!
この記事を読んで、どうしても聞いてほしくてコメントさせて頂きます。
愚痴っぽく思われて、ブログ汚しになるようでしたら非公開にして頂いてかまいません。

昔、試合の公式練習で、高橋選手とこづが、ぶつかってしまった時、「大ちゃんになんて事するの!」「小塚許さない」「脚折ってやろうか」などなど少し恐怖を覚えるような叩きに合いました。
もちろん、わざとぶつかったわけではなく、高橋選手も「大丈夫、大丈夫」と言ってくれて、こづもちゃんと謝りました。
ですが、その後の高橋選手の試合での不調は全て小塚のせいだと言われ続け、ファンとしては心底悲しい思いをしました。
中には「小塚の脚を折ってやりたい」とおっしゃる高橋ファンの人もいて、こづの身の危険を感じるくらいに、彼女たちに叩かれました。

こづが全日本王者になり、ワールドで銀メダルをとった時も、「高橋に怪我させといて・・・」とか「演技に華がない」とか「小塚には感動しない」とかそれはもう酷い言われようで(涙)

羽生選手がNHK杯で優勝し、全日本王者になったあたりからの叩かれようを見てると、こっちまで色んな事がフラッシュバックしてきて、心が凍り付く思いです。一種のトラウマですね。

昨年のソチ五輪代表発表の時、私は会場にいました。
代表選考の基準も熟知していましたので、世界ランクやシーズンベストで負けているこづは厳しいとは思っていました。
それでも、ケガを調整して全日本という大舞台で表彰台に上った事で、ファンはソチへの希望も捨てていませんでした。
「こづにとっても年齢的にこれが最後の五輪のチャンスかもしれない」という危機感もあったので、本当は凄く凄くソチへ行って欲しかったです。
発表で高橋選手の名前が呼ばれた時、物凄く大きなファンの喜んだ声が上がりましたよね?
手を叩いて喜んでる人もいました。
そりゃあ、嬉しかったでしょうし、彼にも行く権利はあったので文句は言いません。
ですが、あの会場には小塚ファンもいた事を覚えておいて欲しいです。少しはこちらの気持ちにも配慮して欲しかったです。
こづの気持ちを考えて、涙が出るくらいに悔しかった私たちの事など、微塵も考えず、大輔バナーを振って喜んでる人を見て、怒りを覚えました。
「嬉しいのは分かるけど、この会場は高橋ファンだけではない。心の中で喜んで!」と。

そして、「羽生くん、絶対に銀メダル以上をとって帰ってきて!!」と思ってしまいました。(すみません、実績で越えて欲しかったんです)


羽生選手が全日本王者になって表彰されている時に、わざとテレビ画面に映りこむように大きな大輔バナーを羽生選手の後ろで掲げる人達。

ソチ五輪の男子ショートプログラムで、羽生選手が快心の演技をし、世界最高得点を更新した時でさえ、持っている日の丸もふらず膝にかけたまま、座って小さく手を叩くことしかしなかった彼女たち。
ちゃんとテレビに映ってしまいましたからね。

ソチまで行って高橋選手だけしか応援しない気なんだな・・・やっぱりな・・と思いました。
もう残念を通り越して呆れました。
同じ日本人選手が五輪で活躍したんだから、その手にもってる日の丸、振ってあげようよ!って思いました。
周りのロシア人たちの方がスタオベしてましたから、如実にあの人たちの異常さが分かる場面でした。


羽生選手が金メダリストになってくれて、本当に良かった!本当に嬉しいです! 
私達はあまり声を上げる事が出来なかったけれど、今の羽生選手とファンなら、正々堂々とこうやって、あの人たちに声を上げることが出来ると思います。


高橋選手の悪質なファンにずっと嫌な思いをしてきた男子フィギュアファンは沢山います。ですから、こうやって書いて下さってスッキリしました。

あの人たちが「あたた達だって高橋ファンをデーオタと一括りにして叩いてて、同じでしょ。どっちもどっち」と言いますが、それは違うと思うんです。

拳を振り上げたのは、あちらです。
これは正当防衛なのだと私は思っています。
声にしてくれてありがとうございました。


羽生選手のファンブログに出しゃばって毒を吐いてしまい、申し訳ありませんでした。


今年も昨年と同じように羽生選手とこづが一緒に全日本の表彰台に上がれますように!
お互い、気持ちよく応援しましょうね。
最後まで読んで下さりありがとうございました。


[ 2014/09/22 03:46 ] [ 編集 ]

付け加え

先ほど、ソチ代表選手発表の時の、高橋選手が呼ばれた後の光景をコメントしました。
高橋ファンが手を叩いて喜んでる人もいた、と書いたかと思いますが、それは名前が呼ばれた時に普通に「おめでとう」という意味で全ての選手に拍手するそれではなく、その後にオーバーに手を叩いて喜んでる人が周りにいて不愉快だったという事です。
「だよね~、スケ連よくわかってる!」と興奮して大きな声で隣の人と話してる人もいてかなり頭にきました。

私の心の器が小さいのでしょうか??

でも、逆の立場だったら・・もし代表がこづで高橋選手が落選だったら、私はあの場でそこまで手放しで喜べません。そのくらいの配慮はしますよね、普通。
帰りのアリーナの通路は激混みでしたが、そこでも興奮した高橋ファンが「小塚くんはほら、メダル狙えそうじゃないし」って言ってるのを聞いてしまって、「そういう事は周りに人がいなくなってから言ってよ」と思いました。

正直、ソチは仕方なかったにせよ、ワールドには最初からこづが代表になっても良かったのでは?と思っています。
全日本の表彰台に上ったのに、ワールドにも出して貰えないの? と当時は疑問がいっぱいでした。
結局、ぎりぎりになって高橋選手の棄権で出る事にはなったんですけど、未だにスッキリいたしません!
あ、これはスケート連盟への愚痴ですね。
でもスケート連盟のトップの橋本さんと、五輪の打ち上げでキスをしてる高橋選手の写真をみてから、もう怒る気さえしなくなったというか、諦めモードです。

愚痴ばっかりになってしまい、申し訳ありませんでした。
[ 2014/09/22 04:11 ] [ 編集 ]

おはようございます

初めてコメントさせていただきます、ぴんくと申します。
ブログ読ませていただきました。

ああいう叩きをやってるのは極一部なんでしょうけど、ちょっと最近のは度を超えてますよね。
こう言っちゃなんですけど、バカですよね。やることなすこと幼稚すぎて、呆れます
あの人たちはスケートという競技が好きなわけじゃないんですよね
「世界に絶賛されて、勝ち続ける大ちゃん」を応援してる自分が好きなんですよね。
だから高橋が羽生に勝たなきゃ(というより全選手に)嫌なんでしょう。というか、逆に高橋のアンチなの?って思う時ありますもん…
高橋のアイコン使って羽生選手や他選手を貶したり、普通はファンなら出来ませんし、しません。昔から純粋に応援してる高橋ファンが気の毒になりますね。

本当のファンは、勝ち負け関係なく応援するものです。
あの人たちはスケオタでもないし、高橋ファンでもないんでしょうね。

叩く内容に具体性がないですよね。
点数が高いと思うなら、なぜ高いのか勉強してから言えと。
プロトコルなんて見たことないから、わからないんでしょうね。
ジャンプの種類も、回転不足もわからないやつらです。その前にスケートのルールなんて勉強する気もさらさらないんでしょうが。

震災アクセサリーは、私も宮城県民なので腹が立ちました。

羽生選手のこれからの健闘を心から祈っています。

上から目線のような文章になってしまい、ごめんなさい。
これからもブログ楽しみにしています(*^^*)
長文失礼しました。
[ 2014/09/22 08:09 ] [ 編集 ]

すみません

先程コメントさせていただいた、ぴんくです。
さっきはうまく頭の整理ができなくて、日頃思っていた怒りを感情的に殴り書きしてしまいました。
もしかしたら、羽生ファンの方から見て、論点がずれていたり、頓珍漢な事を書いていたかもしれません。ごめんなさい。
[ 2014/09/22 10:48 ] [ 編集 ]

Re: 独白です・・・長いので、時間がある時にお読み下さい

s*****さんへ

コメントをありがとうございます。言葉にできないくらい、書いていただいて感謝しています。
[ 2014/09/22 20:38 ] [ 編集 ]

Re: 大丈夫ですか?

リズリズさん、お気遣いありがとうございます。

大丈夫ですよ~。そろそろ収束を図ろうと思っています。
[ 2014/09/22 20:40 ] [ 編集 ]

Re: 付け加え

ともみさんへ

小塚選手のファンなんですね。悪質な人たちが海外選手も含め、ライバルたちにずっと酷いバッシングを繰り返してきたことは聞いています。
辛い思いをされてきましたね。

ただ、高橋選手の実績を超えてほしいと願うのは、双方の選手に対して失礼だと思いますよ。
気を悪くされたらごめんなさい。
私もともみさんと同じ立場ならきっと同じことを考えてしまうと思います。
でも、そういう考え方はやっぱり、選手や競技に対して申し訳ないと思うんですよ。

小塚選手は今季はお兄さん的存在として日本男子を引っ張ってくれそうで、とても頼りになりますね。
選手がうれしいと思ってくれるよう、精一杯応援しましょう。

[ 2014/09/22 20:54 ] [ 編集 ]

Re: すみません

ぴんくさんへ

こんばんは。

> さっきはうまく頭の整理ができなくて、日頃思っていた怒りを感情的に殴り書きしてしまいました。
> もしかしたら、羽生ファンの方から見て、論点がずれていたり、頓珍漢な事を書いていたかもしれません。ごめんなさい。

ははははは(^▽^;) 過激やな~と思いつつ読んでました。
でも、おっしゃりたいことはよくわかりますよ~。

[ 2014/09/22 20:56 ] [ 編集 ]

★★★★ブログ主からお願い★★★★

そろそろコメント受付を締め切ろうと思います。
ファン同士の対立を煽ることが目的ではないので・・・。

たくさんのコメントの数だけ、辛く悔しく悲しい思いをされた方がこんなにいたのだと思いました。

自分がされて嫌だったことは絶対にしない。
選手やフィギュアスケートを貶めるようなことは絶対にしない。

当たり前のことですが、これしかないです。

私たちはよきスケートファンでいましょう。

ありがとうございました。
[ 2014/09/22 21:20 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/10/04 18:58 ] [ 編集 ]

★★★ブログ主よりお願い★★★

たくさんのコメントを寄せていただきありがとうございました。
勝手ながら、もうこの件についてのコメントは受け付けておりませんのでご了承ください。
[ 2014/10/04 23:46 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/04/06 00:53 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/04/06 02:23 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/06/12 11:26 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/01/22 14:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する