2016 10123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

君の心に花は咲く

TOIや別府EXの話題を追っているうちに「花は咲く」が来て、ああこれは書きたいな・・・と思ってるうちに新プロの衝撃が来て、GPSのアサインが発表されて・・・・・・。

もう情報に追いつけません(;´Д`A ```

ジェフリー・バトル振り付けのSPのプログラム、すごいですね~。
曲はショパンの「バラード第1番」。さっそくファンの間では「バラ1」という略語が飛び交っております。豚肉かヽ( ̄m ̄*)

ゆうべの「すぽると」でちらっと見たのと、ツイッターのDOIレポを追っただけですが、イーグル→3A→イーグルと来て、基礎点が1.1倍になる後半に4T、そして3Lz+3T(昨日は2Tになったというレポもあり)。

3Lzに行く前のつなぎの部分にシングルジャンプが入ってるんですね。「花は咲く」でもあったな(※追記:「花になれ」の方はハーフループだという説あり。ちょっと不明です)。
ウォーレイと言うらしい。
ウォーレイ・・・ウォーレイジャンプですよね。聞いたことがあるな。

Wikipediaより)
>ウォーレイジャンプ(Walley jump)は コネクティング・エレメンツの一つで完全に1回転するジャンプ

>通常の反時計回りの回転の場合
右足のバックインサイドエッジに乗り、空中で完全に一回転し、同じ右足のバックアウトサイドエッジで降りる。
空中姿勢、ランディングの姿勢は他のフィギュアスケートのジャンプと同じである。

(「フィギュアスケートガイド」さんより)
>踏み切り時の姿勢に非常に無理があ り、跳びにくいジャンプです。

>シングル・ウォーレイはシングル・アクセルとほぼ同じ難易度

うん。とにかく難しいつなぎの動きってことですな。

ウォーレイってどれだったの? という方にはこちらを。




衣装は今回はジョニーじゃないのかな・・・。正統派王子衣装でしたね(^。^;) ホッ
色は白に見えるけど、白~ラベンダーのグラデーションのようです。


それと「花になれ」、じゃなかった「花は咲く」(絶対これ間違えるよな。同じくさっしーが歌ってるし)。

NHK「明日へ」復興支援ソングのご案内のページに作詞の岩井俊二さん、作曲の菅野よう子さんのお話が載っています。

岩井さんの、震災からまだ1週間くらいの頃に、片想いの相手の消息を知りたいという女の子の声を知り、瓦礫だらけの町にもちゃんと花は咲いているじゃないかと思ったという話、菅野さんの、音楽家としての下心も技巧もそぎ落とし、子供のような健やかな心に戻って生み出した曲だという話を改めて心に刻みました。


この曲は聴く人によって、さまざまな風景が見える曲だと思います。

私には生者と死者の視点が交錯していくような、生者の想いと死者の想いが重なっていくような歌に聴こえます。

悲しみ、悔恨、望郷、感謝、憧れ、希望・・・・・・。
いろいろな想いが、口にできなかった想いが、幾重にも重なって、今はただ風になり故郷の町に吹いている。


ゆづの演技は期待をはるかに上回るものでした。

やわらかくしなやかな動きと、力強さと。
特に指先まで神経の行き届いた流麗な動きに惹きつけられました。


冒頭、傷つき失われた命をそっとすくい上げ、鎮魂の祈りをこめて額に押し戴く。

未来を暗示するラストでは、新しく生まれた命を両手で包み込み、守るようにあやすように捧げ持つ。
その慈愛に満ちたまなざし。

この二つのシーンがとても印象に残っています。

スポンサーサイト
[ 2014/06/28 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(8)

鎮魂

れんかさん、今晩は。

怒涛の様に流れる羽生君情報に溺れまくってます(笑)そんな中で『花は咲く』
…これは私も期待以上、いや私の予想を遥かに超えてました。
羽生君のあの表情…
この世の人とは思えない様な美しさと儚さに絶句致しました。
彼の舞を観ていると、自分の中の黒い部分まで浄化される様な…って、かなり怪しくなって来ましたね(笑)でも、長年フィギュアを観てますけど(スケオタではないけれど)、こんな気持ちにさせられるのは羽生君が初めてです。

あのジャンブ、気になっていたのですがウォーレイというのですね。勉強になりました。有り難うございます。ウォーレイ…美しい響きです。

新プロも気迫を感じます。
いやあ、とんでもない子のファンになってしまいましたわ。こりゃ、こちらも進化してゆかねば振り落とされますぅ。
[ 2014/06/28 20:34 ] [ 編集 ]

Re: 鎮魂

碧さん、こんばんは。

いや~情報の海で溺れまくってますねえ。うれしいんだけど、もうちょっと味わえるように小出しでもいいよ(笑) いやいや、贅沢な悩みですね。

> 羽生君のあの表情…
> この世の人とは思えない様な美しさと儚さに絶句致しました。

ほんとに。なんでこんなに美しいの? と見惚れてしまいました。
私もなるべく冷静に、宗教がかってしまわないよう気を付けて感想を書いたつもりなんですが、なんかもう巫女か天女さまの舞みたい。こんな薄汚れた大人が見てごめんなさいですよ。浄化してくれ。

> あのジャンブ、気になっていたのですがウォーレイというのですね。勉強になりました。有り難うございます。ウォーレイ…美しい響きです。

きれいな響きですよね。こうしてゆづの演技を教材にして、ひとつずつ知識を増やしていけたらな~と思います。

レイバックイナバウアーからシットツイズルを経て、2:18あたりの左足を軸にくるりと回るところがとてもきれいで・・・。ほんとに、TOIのCHANGEでも踊りうま~い! と舌を巻きましたが、いつの間にこんな表現力を身に着けていたんだろう。

> 新プロも気迫を感じます。
> いやあ、とんでもない子のファンになってしまいましたわ。こりゃ、こちらも進化してゆかねば振り落とされますぅ。

ほんとですね。どうやらゆづが消耗していたのは、後半4Tよりステップ部分が鬼構成なのが原因らしいと現地観戦組のレポにありましたが、昨シーズンとはまた違う分野で進化していって、オールマイティーなスケーターになってほしいですね。

とはいえ、五輪チャンピオンのプレッシャーをあまり感じなくていいんだよ、震災のことをそんなに背負い込まないでいいんだよと言ってあげたいです。はい、オカン化してます(;ω;*)
[ 2014/06/28 21:56 ] [ 編集 ]

No title

れんかさん、こんにちは(^^)
「花は咲く」素晴らしかったですね。
私はゆづと同世代の能天気な二人の息子がいるので、震災後のゆづの苦しみや天才であるが故の孤独を思うと、何だか涙が出てしまいました。
あの静謐で透明感のある美しさ...たまたま一緒に見ていた次男が「何か...この世のものとは思えんな」と呟いておりましたよ(^^;;
新プログラム、ショパンのバラ1でしたね。
実はこの曲、自分が音楽大学生だったとき、定期演奏会で大失敗をやらかしたトラウマ曲なんですよ(~_~;)
でも、でも...ゆづがきっと私の苦い思い出を塗り替えてくれるに違いない!(笑)
[ 2014/07/01 10:08 ] [ 編集 ]

Re: No title

リズリズさん、こんにちは。

> 私はゆづと同世代の能天気な二人の息子がいるので、震災後のゆづの苦しみや天才であるが故の孤独を思うと、何だか涙が出てしまいました。

おお、同世代の息子さんたちがいらっしゃるのね。なおさらゆづに気持ちが入ってしまうでしょうね。
ダンナさんとラブラブな感じなので、新婚さんかなと思っちゃいました(^・^*)

「天才であるが故の孤独」、そうですよね。私も同じことを感じていました。だから他のスケーターたちとわちゃわちゃやってるのを見ると、ホッとしたりします。

> あの静謐で透明感のある美しさ...たまたま一緒に見ていた次男が「何か...この世のものとは思えんな」と呟いておりましたよ(^^;;

おおお! 次男さんわかってらっしゃる! うちもぜひ家族に見てもらいたくって、何度も見て見てって言うんですが、なかなか全部見てくれないんです。

息子は「あ~はいはい」って感じ。娘は「きれいやな・・・はまるほどではないけど」

はまれよ~~~~~(;´Д`)


> 新プログラム、ショパンのバラ1でしたね。
> 実はこの曲、自分が音楽大学生だったとき、定期演奏会で大失敗をやらかしたトラウマ曲なんですよ(~_~;)
> でも、でも...ゆづがきっと私の苦い思い出を塗り替えてくれるに違いない!(笑)

音大生だったんですか。リアルのだめ?(笑)うわ~、ぜひ専門家の目から見た感想を聞きたいです。
パリ散に続いて変拍子らしいですが、やはり滑りこなすのは難しいんでしょうね。
リズリズさんのトラウマ退散!(笑) ゆづはやってくれますよ、きっと。

[ 2014/07/01 20:28 ] [ 編集 ]

あけましておめでとうございます

れんかさん

あけましておめでとうございます。
2014-15シーズンに突入ですね。
楽日にDOI行ってきました。羽生くんの前はプルさんで、ものすごく盛り上がった後でした。彼はやはりオーラすごいですね。

プルさんの後で静かに「バラ1」は始まりました。う~ん、あのプログラムを完璧にこなせたらスタオベする…というよりもすごいもの見ちゃったという感覚になるかもしれません。
マスコミは後半4Tばかり取り上げますが、スピンやステップなどのジャンプ以外のエレメンツが際立って印象に残りました。ひさびさにぞ~っとしてしまいましたよ…空恐ろしいです。

ウォ-レイからのジャンプはオーサーが上手でしたので、シーズン後半にはもっとスムーズになってるかもしれませんね。期待しちゃいます!
[ 2014/07/01 23:47 ] [ 編集 ]

Re: あけましておめでとうございます

エキセントリックさん、あけましておめでとうございます♪

7月1日はスケオタにとっての新年なんですね。6月30日はツイッターのTLが忘年会ネタで盛り上がってました。
さあいよいよ2014-15シーズン! ということで・・・。

DOI行かれたんですか。うわ~うらやま嫉妬スピンです(≧▽≦)

> 羽生くんの前はプルさんで、ものすごく盛り上がった後でした。彼はやはりオーラすごいですね。

出てくるだけで空気の色を変えちゃいますね。動画見るとお客さんの盛り上がり方が違います。

ゆづのバラ1、なんかすごいものが来たって感じですね。私も何度も動画をリピしてます。

> マスコミは後半4Tばかり取り上げますが、スピンやステップなどのジャンプ以外のエレメンツが際立って印象に残りました。ひさびさにぞ~っとしてしまいましたよ…空恐ろしいです。

最後の鬼ステップすごいですね。3Lz-3T入る前のステップもなんか色々難しいことやってるみたい。
ただ、SPだけにもしミスったら取り返しつかないんじゃ? と心配にもなりますが・・・。どこまでも攻めの姿勢ですね。

> ウォ-レイからのジャンプはオーサーが上手でしたので、シーズン後半にはもっとスムーズになってるかもしれませんね。期待しちゃいます!

そうなんですか。いろいろアドバイスしてほしいですね。
楽しみです(*^_^*)
[ 2014/07/01 23:59 ] [ 編集 ]

新年を迎えて思うこと

あけましておめでとうございます。

私は単なるフィギュア・ファンでスケオタと呼べるような者ではありません。
でも新しい年の始まりを迎えて、敬愛してやまない羽生くんの健康とさらなる飛躍を願って、これからもいつまでも応援するよという気持ちを新たにしています。

「花は咲く」、ホント素晴らしいです!!!
れんかさんが書かれていたように、指の先まで神経の行き届いた優美な動き、その柔らかな表情&透明感(神々しいとしか言いようがない!)に胸を締め付けられるような感動を覚えました。
何度も何度もリピしまくっては目をウルウルさせています。

羽生くんの最近の表現力の進化にはめざましいものがありますよね。
(もともと表現力の優れた選手でしたが、最近のその磨きのかかり方には驚かされます!)
私はTOIに参加したのですが、「ホワイト・レジェンド」の心に沁みいるように静かな感動を呼びおこす舞と、大トリの「Change」のはじけるようなキレキレのダンス(私が観た楽公演ではノーミスの完璧な演技!いつの間にゆづはこんなにダンスがうまくなったんだ!と驚嘆)、ひとつのショーで羽生くんが魅せてくれた静と動の演技は、スケーターとしてのゆづるくんの守備範囲の広さ(?言葉が見つけられない!)&才能をあらためて印象づけるものでした(スケート技術には無知・素人なので、うまく表現できません。ごめんなさい。)
海外の評論家が評したように、ゆづは「ホール・パッケージの選手」(欠点のない完全な選手)という表現がぴったりですね。
それにしても「Change」を滑る19歳のゆづのセクシーなこと!おばさんは何度キュン死したことか…!(私の周囲でも死者累々)

そんなゆづの新SPがクラッシックというのは驚きでした。
しかもごまかしのきかないピアノ曲がゆづのリクエストだと聞いて、チャンピオンになってもさらなる高みを目指して精進しようとするゆづの向上心&心意気に、あっぱれ!と心打たれました。
(ますますゆづにはまっていく~!)

でも後半の4T,3Lz+3Tのコンビネーション、超難度のステップと体力消耗の激しい後半の鬼構成に、もしそのうちのどれかを失敗したら取り返しがつかないのでは…と私も心配になってしまいます。

これからも競技会では最後の最後までハラハラドキドキしながらゆづの演技を見守ることになりそうですね。
でもこの神プロを完璧に滑るようになったら…あ~あ考えるだけでもワクワクします。
ゆづならばできる!ゆづならばやってくれる!私たちファンにそういう楽しみを与えてくれるのもゆづ君ですものね。

長くなりました。失礼します。

[ 2014/07/02 07:26 ] [ 編集 ]

Re: 新年を迎えて思うこと

ゆうこさん、あけましておめでとうございます。
(しかし、スケート知らない人が見たら、なんで今頃新年のあいさつ!? と思うでしょうね(笑))

「花は咲く」、ただただ素晴らしいとしか言えないです。動きも素晴らしいけど、醸し出す気品や透明感がこの世のものとは思えないほど美しいです。
19歳でこの表現力・・・恐ろしい。

しかも、こういう演技の中でもさらっとカウンターから3A跳ぶし(笑)
もはやゆづにとってこの入りはデフォルトなのか。
他にもツイズルやハイドロなど、ゆづの得意技がいっぱい散りばめられていて、奈々美先生はさすがに彼の魅せ方をよくご存じだなあと思いました。
一人でも多くの人にこの演技を見てほしいですね。

> 羽生くんの最近の表現力の進化にはめざましいものがありますよね。
> (もともと表現力の優れた選手でしたが、最近のその磨きのかかり方には驚かされます!)

ほんとに! 私もこれ、感じてました。


> 私はTOIに参加したのですが、「ホワイト・レジェンド」の心に沁みいるように静かな感動を呼びおこす舞と、大トリの「Change」のはじけるようなキレキレのダンス

そうですよね、表現に幅がありますよね。同じ人が演じているのかと驚くほどに。

> 海外の評論家が評したように、ゆづは「ホール・パッケージの選手」(欠点のない完全な選手)という表現がぴったりですね。

うんうん。ジャンプもスピンもステップも、すべて究められる選手だと思います。いいことおっしゃる!

> それにしても「Change」を滑る19歳のゆづのセクシーなこと!おばさんは何度キュン死したことか…!(私の周囲でも死者累々)

うひゃあ(*ノωノ) 私もキュン死したいよ~(笑) 富山でもやってくれないかしら。「Change」いいですよね。動画で見たのは途中で足がもつれてすっころんでましたが、会場の拍手がどんどん速くなって、モンマジの演奏も釣られて速くなってしまったからみたいですね。転ぶ姿もカワイイ!(笑)

> そんなゆづの新SPがクラッシックというのは驚きでした。
> しかもごまかしのきかないピアノ曲がゆづのリクエストだと聞いて、チャンピオンになってもさらなる高みを目指して精進しようとするゆづの向上心&心意気に、あっぱれ!と心打たれました。
> (ますますゆづにはまっていく~!)

ですよね。クラシックやってほしいなとは思ってたんですが、敢えて難しいものに挑戦するのがあっぱれな心意気です。惚れます(〃ω〃)

ゆづと言えば一般の人たちにとっては世界最高得点のパリ散でしょうが、きっとそれに替わる神プロにしてくれると思います。
[ 2014/07/02 20:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する