2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

ちはやふるweekに行ってきた

福井県あわら市で6月7日~22日にわたって行われている「ちはやふる」のイベント、「ちはやふるweek in あわら」に行ってきました。

まずは、えちぜん鉄道「あわら湯のまち」駅前へ。

温泉街のど真ん中です。

北陸には山代、山中、片山津と、有名どころの温泉地が石川県に集まっているので見逃されがちですが、福井にも芦原温泉という温泉地があるんですよ。


大きな看板がお出迎え。

ちはや1

焦って撮ったから全体入ってない(´;ω;`)


あちこちで見かけた幟。

ちはや2



左にいるのは、あわら温泉のゆるキャラ、湯巡権三(ゆめぐりごんぞう)くん。らぶりぃ♪

ちはや3

ちはや4


複製原画やアニメの絵コンテが展示されていました(無料)。中は撮影禁止。

ちはや5


グッズ販売テント脇にあった、どこから来たのアンケート。やはり地元 福井がダントツ。中には中国やタイからも。

ちはや6


ちはや7

最終日(22日)は声優のトークショーがあるせいか、ここや後で行ったJR芦原温泉駅前にも若い女性がいっぱい歩いてた。
オタクっぽい男性もちらほら。
スタンプラリーか何かやってるのか、小学生もよく見かけました。

ちはや10

屋台の雰囲気を撮ろうとしたんだけど、見知らぬ人に向けてシャッター押すのが抵抗あって。うまく写せてない。わはは;


無料の足湯。ただしタオルを持ってないと自販機(300円)で買わないといけない。

ちはや8


気持ちいいっす(*´д`*)〜з

ちはや9

ブサイクな足は無視してください(笑)
前にある何やらおどろおどろしい人形は「嫁おどし肉づきの面」という民話の意地悪な姑が鎌を研ぐシーンを再現したもののようです。横にも別のシーンがありましたが・・・てかなんでそんな怖い話のにしたし(´・ω・`)


さて、えちぜん鉄道「あわら湯のまち」駅より車で10分ほど走って、次はJR「芦原温泉」駅前です。

ちはや11

千早と太一が新に会いにはるばる東京から新幹線と特急を乗り継いでやってきた駅。


ちはや12

本気の町おこしキタ━(゚∀゚)━!



ファンには見覚えありますねこの景色。新がバイトしてる「勝義書店」です。
もともとはアンテナショップだそうで、中は6畳くらいの広さ。

ちはや13

ちなみに福井にはモデルとなった「勝木書店」という書店があります。書籍のほかにCDやゲームソフトも扱う店は「KaBoS(Katsuki Book Store)」や「Super KaBoS」という店名になっていて、関東にも何か所か展開しているようです。

ちはや15


ちはや14

中は撮影禁止なので写真はここまで。
店番をしていたのはイケメン眼鏡男子・・・ではなく地元の奥様みたいでしたが、複製原画やグッズ販売、コミックスが読めるコーナー、寄せ書き帳などがあり、奥のモニタではアニメが流れていました。


中でも来て良かった!! と思ったのは、作者 末次由紀さんのネーム帳を読めたこと。

原本はショーケースの中でしたが、コピーしたものがファイルに3冊ありました。

ネームの完成度は漫画家さんによって違うと思いますが(ほぼ完成品に近いものから、人物が○描いて手足が棒みたいなのまで)、末次さんのはほぼ完成品に近いです。背景もきちんと描かれてて、このままペン入れしても通用するんじゃないかというほど。字もきれいだし、難しい漢字もちゃんと書いてる。すごい。

それと、鉛筆かシャーペンで描いたタッチがペンとはまた違って、何とも味わい深くて・・・。しみじみ、うまいなあ華があるなあと思いました。


変更もなく、ほぼそのまま掲載されたのではと思いますが、第1話のかるた大会、「1枚も取れなかった~」「綿谷くんてすごくない?」のページは違ってました。


ネームでは校長が出てきて、「普通の子は前にずらーっと並べるけど、あの子(新)は違う。真ん中を空けて札を左右に並べている。心得があるんじゃないか?」と他の教師に言うんですね。
で、「知ってたなら最初から子供たちにそう指導してくださいよ」という押し問答が入る。セリフはうろ覚えですが。


お、いきなり薀蓄(うんちく)が・・・! と面白かったのですが、最初からそういう説明口調のセリフが入ると勢いを殺してしまうという判断だったのか、出来上がった原稿が、新のすごさを感覚で訴えるスピーディーなコマ運びになっているのはご存知のとおり。

空白にふきだしだけのコマもあったけど、完成度が高いから読んでて物語の中に引き込まれるんですよね。最初に読める編集さんがうらやましい。


というわけで、駆け足でしたが見てきました。

聖地巡礼という企画もやってたみたいです。再開した千早と新が自転車ごと土手を転げ落ちる、あの桜の並木道もほんとにあるのね。

20日(金)の夕方のローカル情報番組でこのイベントの特集を組んでて、また企画するようなことを言ってたので、第2弾があるかもしれないです。

そういや、末次さんに競技かるたマンガを薦めた初代編集者の坪田絵美さんはBE・LOVEの副編集長になってるんですね。

また、番組の中で、大津市長とあわら市長のかるた対決!? という話も出ていましたが、実現したら面白いだろうな。
スポンサーサイト
[ 2014/06/22 ] マンガ | TB(-) | CM(2)

アニメと温泉

こんにちは!

昨今アニメは殆ど見ないのですが、いろいろ興味深かったので少し…

ちはやふる、芦原温泉が舞台だったのですね。
金沢にも、湯涌温泉をモデルにした「花咲くいろは」というアニメがあります。まさに「聖地巡礼」の方々も訪れているようで、北陸の近い地点で似たような状況の場所があるんですねぇ…

私、中・高校と「かるた部」に所属してましたので、芦原温泉が身近に感じちゃいました(^ー^*)

別記事関連になりますが、私も来月富山に行きます!
れんかさんとニアミスできるのでは、と、ドキドキです(^^)/
[ 2014/06/22 13:01 ] [ 編集 ]

Re: アニメと温泉

Hazelさん、こんにちは♪

「ちはやふる」はメインストーリーは東京が舞台なんですが、キャラの一人が福井に住んでいるんです。それで町おこしで活気づいています(笑)

> 金沢にも、湯涌温泉をモデルにした「花咲くいろは」というアニメがあります。まさに「聖地巡礼」の方々も訪れているようで、北陸の近い地点で似たような状況の場所があるんですねぇ…

そうなんだ。「花咲くいろは」、公式ページを見てきましたが、かわいい絵柄ですね。アニメがきっかけで生まれた「ぼんぼり祭り」ってニュースで確か見た覚えがあります。

> 私、中・高校と「かるた部」に所属してましたので、芦原温泉が身近に感じちゃいました(^ー^*)

おお、そうでしたか! A級とかB級とかの級があるんですよね。大会にも出られたことがあるんでしょうか。またお話聞かせてくださいね。

> 別記事関連になりますが、私も来月富山に行きます!
> れんかさんとニアミスできるのでは、と、ドキドキです(^^)/

おお~! それは私もドキドキ(´▽`*)
別府ではゆづは白鳥さんと「言えないよ」をやったそうですが、富山では新プロが来るのかな。
楽しみですね。

[ 2014/06/22 13:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する