2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

羽生結弦のスケーティング技術(PCS急上昇の理由)

ちまたではまだまだ、SS(スケーティングスキル)とは一押しでブレードを伸ばす技術だけを言うと考えられているようですが、そうじゃないよねというのは前に上げたPCS関連の記事でも見てきました。

無駄な力を入れなくてもすいーっと滑ってゆくアボット選手や小塚選手に比べて羽生選手のSSの得点が高いこと、PCSが急激に上がったことで、不正採点ガージャッジの買収ガーとかまびすしい向きもありますが、そういうことじゃないんだと。

具体的に例を挙げておっしゃっている方がいますので、紹介したいと思います。

こちらの方はまだお若いですが、スケート観戦歴20年、ルール勉強歴10年という方です。

なをさん
https://twitter.com/nawo7070

なをさんのスケート専用アカウント。フィギュアの専門的な話は現在こちらで。
https://twitter.com/nawo_skate

こちらは上の方のアカウントでのツイート。強調したい部分は太字にしました。

引用開始---------------------

なを ‏@nawo7070 · 3月28日
あと、アボを引き合いに出してPCSの採点がおかしいって言ってる人もいる。
確かにアボット選手の純粋なブレードの伸びは素晴らしい。だけど、高難度ジャンプへのプレパレーションなどで明らかにトランジションが減ってる。
一方上位3人はほとんど減らない。とくにクリケット組。

全体にまんべんなくつなぎのムーブメント、ステップが入ってる。そしてその中でもバランスを崩してジャンプが飛べなくなるなんてこともほとんどない。ジャンプとジャンプの間が途切れない。
SSは、ブレードを伸ばす技術だけをみるものじゃなく、演技の流れ、身体バランス、それらを全体的に見る


私が放送するたびに言っていること、
「高難度のエレメンツをこなしながら、点と点の集まりでなく、一本の線になっている選手がPCSが出るように思う」
羽生選手やハビエル選手のジャンプへの流れ、見ればわかると思いますけど、「さあ飛ぶぞ」という時間が本当に短い。演技が線になっている証拠。

(略)

ともかく、クワドひとつとってみても、これだけのステップ動作から飛んでるんです。
気づかなかったのなら、それだけ滑らかなのです。
そしてこれだけのステップ動作の中で、トップスピードを維持してクワドを飛ぶ。どれだけ高いSSがあるかということを示しているんじゃないでしょうか。


最初のモホークから4Tまで、左右の足の踏みかえは9回。最後を数えれば10回。
その9回の踏みかえの間、足の向きが変わったのは3回。
この間、約4秒。

つまり、羽生選手は4秒間の間に9回足を踏みかえて、3回方向転換して、4回転を飛んでるんです。
ものすごいことやってるの、わかりますか?

一方町田選手は、バッククロスからチョクトウをプレパレーションの開始地点とすると、
足の踏みかえは6回。方向転換は2回。
5秒間です。

4Tへの入り方は、
アボット選手約5.5秒間7回足替え、3回方向転換。
町田選手約5秒間6回足替え、2回方向転換。
羽生選手約4秒間9回足替え、3回方向転換。
と言う感じです。

もちろん、アボット選手は世界でも一流の選手です。
ただ、私が放送するたびにいろんな選手に言っている、「エレメンツへの工夫をしながらこなせれば、メダルだって狙える」というのは、前述したようなことなんです。
パトリック、ハビエル、羽生選手あたりはこの辺がすごい。

引用終わり-------------------



PCSについての考察はこちらのツイートを紹介。

Takazoさん
https://twitter.com/TAKAZO0803

引用開始---------------------

Takazo ‏@TAKAZO0803 · 4月18日
前も書いたかもしれないけど、PCSってたしか、TESとバランスが取れるように、PCSに掛ける係数が設定されてるんだよね?だから女子と男子ではその係数が違う。TESが上がれば高い技術を持っているとみなされてPCSで高く評価されるのはルールとしては当然なのかな?と解釈してる。

正直まっちーのPCSがワールドで急上昇したのも、今季安定してフリーのTESで90点前後出し続けてこれたからかな?というふうにも考えていて、羽生くんは軽々TES100点出せてしまうので、一見PCSが高そうに見えて、実はTES>>PCSなんだよね。


SSも演技力もすばらしいのにPCSが伸びないのはおかしい、という意見もわかるんだけど、そう言われる選手はなかなかTESで90前後まで点数を伸ばせない選手が多いように思ってる。TESとPCSの点がバランス取れてなかったらそれもおかしいと思うし。

引用終わり-------------------



最後にうるとらにゃんさん(元選手)のツイートを紹介。

https://twitter.com/Spica_Sk8

引用開始---------------------

4月20日
ディープエッジも、エッジを倒す事が素晴らしいのではなく、カーブを深く使ったり浅く使ったり、エッジの角度やカーブのRを変化させる事でフローを生んだり、そのコントロール能力やバランス能力を、総合的に判断すべきもので、スケーティングを正確に見る能力が必要なんです。

エッジワークとは、エッジを倒したり起こしたりしながら様々なRのカーブを使う事でスケートの伸びを起こさせる事
単に倒してたら優秀。ではないんです。
ただ単にエッジを倒して滑るだけなら初心者でも出来る。
何でもかんでもエッジが深いからOKって事じゃないのがミソ。


PCSの評価が急に上がってくる選手が出てくる。
そういった選手はSS評価などに繋がってくるスケーティング技術が格段に上達しているんです。
バランス・流れ・安定性・速さ・方向性…評価項目に関する技術力が向上しているからSS評価も上がるんです。


スケーティングの疑似体験手段として自転車でスラローム走行を危険のない範囲で体験してみるのが良いかも。

深いカーブ(R)や浅いカーブ(R) 連続して行えば切り替えしもする。
切り返す際はフラットに戻る。
スケートは起き上がっていく時に加速する感覚も体感出来る。

スケートでカーブを曲がりフラットに戻る際に上体は捻りや捻り返しを行います。
そして基本的には片足で滑走しているのでフリーレッグ動作が加わる事とスケートの乗り位置の変化で、上手に出来ると流れ(フロー)が起こる
それをコントロールする事や速さ・バランスを見るんです。

ムーブインザフィールド(MIF)の代表的なものにイーグル・スパイラルなどがありますが、ディープエッジだけが評価対象だ!となると、その他のバランス・流れ・安定性・速さ・方向性の評価は考慮していない事になる。
FS技術は総合的に見ないと正確な評価は出来ないんです。

例えばTV解説者が…『ディープエッジを使っていて素晴らしいですね。』と、評した。
本当は…『ディープエッジになるほど、体幹を大きく使い、バランスが取れ、その流れも良く、安定性もあり、速さも十分で、方向性に富んでいる。』
というように褒めたいのを短縮してるんです。

例えば…Cのようなカーブを片足だけで体幹もあまり使わず、捻りと解放もあまり使わないで緩やかなカーブを描いた…とする。
同じCのようなカーブを小さなRと大きなRではエッジの傾きは前者の方がディープエッジになる。
ディープエッジ神話だと、みんな小さなRばかりになるよね。

引用終わり-------------------


私は遊びでスケートをやることがありますが、ちゃんとエッジを使って滑るということができないので、フィギュアスケートの技術は体感しにくいですね。

エッジを使うということは、スケーターには時計回り、反時計回りの遠心力がかかっているということ。
スケーターが常に遠心力の影響を受けながら滑っているということが、まず素人には想像しにくい。

だからフリーレッグや腕の位置を軽視しちゃう。振付のためだけにあると思ってしまう。ちゃんとバランスを取るためには、どの位置にあるかがとても重要なんですよね。

遠心力のかかる方向、その中でバランスをどう取っているかを自分が滑っているつもりで想像しながら演技を見ると、選手がどれほど難しいことをやっているかわかるかもしれないですね。

あ、その前に、ただ歩くだけでもツルッツル滑って転ぶ氷の上だということを想像するのが肝心だな。

【追記】
ちなみにネットでよく目にする「プレロテ(プレローテーション)」という言葉、「ジャンプを跳ぶ前から回転し始めること」すなわち不正という意味で使われているようですが、

こういう言葉はルールブックにはありません。

陰謀論者が自説に都合のよいようにひねり出した造語ですのでだまされないようご注意ください。

詳しい解説はこちら↓

★プレロテって何?★ 回転不足の事…?
http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-173.html




スポンサーサイト
[ 2014/04/20 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(4)

ありがたい記事をありがとうございます。

貴重な記事をありがとうございます。ツイをやってないので本当にありがたい!!また紹介させていただきたいのですがよろしいですか?
羽生くんのFSの最後に、解説の樋口さんが「バッククロスとか前向きのクロスとかがほとんどない、王者のプログラム。」っておっしゃってましたね。あ、かなり難しいプログラムなんだなと思いましたが、実際にこうやって細かい解説をしていただくとどんなに難しいかよくわかりますね。
[ 2014/04/22 00:02 ] [ 編集 ]

Re: ありがたい記事をありがとうございます。

どうぞお使いください。ほとんど人の意見の丸写しだけど(^_^;)

ブレードの伸びという点でゆづはまだ伸びしろがありますが、そこをとらえてSSがないかのように言う人もいるので、あのスピードでいろいろなことをこなせるというのはとてつもない技術の持ち主なんだということを知ってもらいたいですね。

4秒間の間に9回足を踏みかえて3回方向転換してクワド跳ぶって、体操で言ったらF難度とかG難度みたいなもんでしょうか。

具体的に説明してもらえると説得力がありますよね。
連盟がもっと解説してくれるといいんだけど。なんでファンが誤解解くためにあれこれ苦労せにゃならんのだ。

> 羽生くんのFSの最後に、解説の樋口さんが「バッククロスとか前向きのクロスとかがほとんどない、王者のプログラム。」っておっしゃってましたね。あ、かなり難しいプログラムなんだなと思いましたが、実際にこうやって細かい解説をしていただくとどんなに難しいかよくわかりますね。

おっしゃってましたね~。うれしかったです。
足元だけ見てても、常にターンやステップ踏んでる。ここまでやらなくちゃいけないのかというくらいに。
あれだけぎゅうぎゅう詰め込むとセカセカして見えてしまうので、もうちょっとなんとかならんのでしょうかね。
[ 2014/04/22 07:15 ] [ 編集 ]

勉強になります

このように、こと細かく解説したものを読むと、あらためて羽生君がいかに難しいことを試みているのか、彼が高得点を獲得する理由がよくわかりますね。この記事をアップしてくださってありがとうございます。

私はフィギュアスケートの技術的知識は乏しく、今まではそれを気にすることもなくフィギュアを楽しんでいましたが、れんかさんのブログを読んで技術的な知識を身につけることで、より深くフィギュアスケートを楽しめることを感じます。私も少しずついろいろなことを学んでいきたいです。

遅ればせながらのご報告ですが、羽生君凱旋パレードに行ってきました。
今回のパレードは資金不足の問題なども取り上げられて、いろいろなことが言われていましたよね。でも、パレードを待つ間に周囲の人たちとお話をして、仙台の方たちが羽生君のオリンピックでの活躍にどれだけ励まされたか、勇気をもらったかとおっしゃるのを聞いて、パレードと言う場で皆が一緒に羽生君を祝福したい!一緒に喜びを分かち合いたいという強い気持を感じました。凱旋パレードが行われて、本当によかったです。
テレビであるコメンテーターの方が、「羽生君という一人のアスリートをみんなで一緒に応援することで、それが復興への力になる」と言っていましたが、本当にその通りだと思います。それは「おめでとう!」という掛け声と同じくらい「ありがとう!」という声援が多かったことからもわかりますよね。

もう何度も流れているニュース映像からもわかるように、あの日仙台に集まった人たちの幸せそうな顔顔顔。そして地元仙台でリラックスした表情の羽生君。羽生君の本当に無邪気な満面の笑顔!羽生君は360度回りながら(時にはビルの中から手を振る人たちを見上げながら、時にはトラックの荷台から下をのぞき込むように)一生懸命に手を振ってくれました。あの笑顔を拝めただけでも東京から仙台まで出かけたかいがあったと感激しましたよ。

あの日仙台に集まった人たちは9万2000人でしたが、このパレードには開催のための募金をしたり、Tシャツを購入したりした、れんかさんをはじめとする日本全国の羽生君ファンも参加したパレードだったんですよね。
パレード終了後はゴミもなく、観客も金メダルだったパレードという記事を読み、パレードに参加できたことをあらためて嬉しく思いました。
余剰金もでて、後進のスケーターたちのために使われるらしいこを知り、それも嬉しく思います。
羽生君もオリンピック報奨金を宮城県、仙台市に寄付なさったし、今後のスケート環境がよくなることを期待したいですね。

ところで、新しいルールが発表されました。
この新ルールは具体的に羽生君にはどう影響してくるのでしょう?
羽生君のことだから、それに合わせるべく、さらなる努力を続けていくことだと思いますが…。
パレードも終わったことだし、羽生君には休息をとってほしいのですが、時間はあるのかしら?忙しすぎて体調をくずさないかとそれが気がかりです。
[ 2014/04/30 07:56 ] [ 編集 ]

Re: 勉強になります

ゆうこさん、お帰りなさい(´▽`*)
パレード、いいお天気で無事に終わってよかったですね。Tシャツも完売で余剰金も出て万々歳です。

>仙台の方たちが羽生君のオリンピックでの活躍にどれだけ励まされたか、勇気をもらったかとおっしゃるのを聞いて、パレードと言う場で皆が一緒に羽生君を祝福したい!一緒に喜びを分かち合いたいという強い気持を感じました。凱旋パレードが行われて、本当によかったです。

うんうん。ほんとによかった~。人は自分が支えてもらうだけじゃなく、誰かの力になることで力をもらうんですね。ゆづを育み、支えてきたんだという自負が仙台の人たちを元気づけてくれるんだとしたら、とても嬉しいです。

ゆづも360度目いっぱい笑顔を振りまいていましたが、荒川さんに建物の上の方の人にも手を振ってメダルを見せてあげると喜ばれるよってアドバイスをもらってたみたいですね。

また、シューイチで中丸くんが、「手を振っているだけじゃ間が持たないからポーズを決めたのでは」って言ってましたが、なるほどアイドルならではの視点だなと感心しました。確かにゆづ一人で30分間手を振ってるだけじゃ大変ですよね。

トラックの上はすごく揺れて怖かったようで、「怖ぇ~」を連発していたみたいで、そういう素の独り言も19歳の男の子らしくて微笑ましいです。

ゆうこさんはしっかりゆづを見ることができましたか?
最後に車に乗り込む前に投げキッスもやってましたね。
それもドアーズ風じゃなくて、女の子みたいな両手投げキス(笑)
お茶目さんだわ~♪o(>∀<*)o

> ところで、新しいルールが発表されました。
> この新ルールは具体的に羽生君にはどう影響してくるのでしょう?

ツイッターで断片的に得た情報によると、ジャンプとスピンのルールが変わるみたいですね。
ゆづはフリップジャンプのエッジエラーをちょくちょく取られるので、そこのところが影響がありそうですが、しっかり対応してくれるでしょう。
それ以外のことはオーサーがきっちりと戦略を立ててくれると信じています。

金メダリストは超多忙ですね。私もゆづの体が心配です。
ご家族と温泉でも行ってリフレッシュしてほしいですね。
[ 2014/04/30 22:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する