2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

ツイッターってどうなのよ?

西川貴教のファンクラブからイナズマロックフェス2010の先行予約の抽選が当たったと葉書が来た。あれって抽選だったの? お金も払っちゃったし、必ずチケット購入できると思ってたよ。2週間前になったら書留で郵送されてくるらしい。

貴教がツイッターを始めてから2週間、精力的につぶやいてはりますわ。なかなか全部は読めんけど、今起きたとかもう寝るとか腹筋やってるとかこれから舞台だとかTAKUYA∞が見に来てくれたとかGACKTが見に来てくれたとか、リアルタイムで知れてうれしいし、いろんなアーティストやら業界の人やらと雑談してるのが読めて、なんだか不思議。

ブログだと構えて書くところを、ツイッターだともうちょっと無防備にポロッと言葉がこぼれる感じだな。

ドラマの題材にもなったツイッターだが、今度はネットで漫画になったとか、昨日、Yahooのニューストピックに載っていた。

その、「7と嘘吐(うそつ)きオンライン」という漫画を読んでみた。こっからネタバレです。

ぼそぼそと小声でしかしゃべれない、暗くて人付き合いの苦手な女子高生がツイッターでつぶやいていると、そのつぶやきが面白いとフォロワーがいっぱいつく。

やがて、つぶやいている内容からクラスの人気者の男子だと誤解され、なりゆきでなりすましツイートをしているうち、マリという子とネット上で仲良くなる。

このマリという子はかわいい女の子の写真をアイコンにしてるので、女の子だと主人公は思い込んでるんだけど、まあ、だいたいの読者はこの子が例の男の子なんじゃないの? と思うわな。

で、いろいろあって、いよいよマリと顔合わせをすることになるんだけど、まさか主人公がなりすましていた男の子がマリでしたなんてヒネリのないオチはないわなあと思うでしょ。

それが、まんまそうなのよ。マリ=その男の子だった~! うわ~! ってなもんですよ。
アイコンの写真は男の子の姉の写真だったわけですよ。
ほのぼのと終わるんだけど。もっと意外性のあるオチにしてほしかったな。

主人公のつぶやきも、テストの結果がどうだったとか次は何の授業だとかのごくありふれた言葉ばかりで、いっぱいフォロワーがつくようなレベルじゃないんだよな。

たまたま彼女がつぶやいている内容を知った男の子は、外見とのギャップが面白いと思って彼女に興味を抱くんだけど、他のフォロワーは彼女の正体を知らないわけで、ギャップの面白さじゃなくて純粋にツイートの面白さでフォローしてるはずなんだけど、その肝心のつぶやきが面白くないのが残念。

絵は今風でかわいかったけど。

ツイッターを題材にしてるってだけでドラマの売りになったり、こうしてニュースになるほど、ツイッターはまだ世の中に浸透してないってことなんだなと思ったさ。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rencadiary.blog14.fc2.com/tb.php/38-af89e4fb