2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

羽生結弦にインスパイアされたミュージシャン

ゆづ情報を網羅されてる「karino namae」さんで紹介されてた、ゆづファンのロックバンドの記事を読みました。

音楽雑誌「WHAT's IN?」のWEB版にある、THE NOVEMBERSというバンドの新作CDについてのインタビュー

ゆづのことが出てくる、それもかなり大きく取り上げられているのが3ページ目。→http://www.whatsin.jp/feature/the-novembers-fource-wall/3

ゆづの大ファンだというのが、フロントマンの小林祐介(ボーカル&ギター担当)。彼は全曲の作詞作曲もしています。
(※フロントマンというのはステージの前面でパフォーマンスする人のことらしいです。バンドリーダーの意という説もあり)

インタビューをまとめると、こういうことが書かれています。

・もともと女子フィギュアのファンで男子には興味なかったけど、羽生結弦選手を見て男子も素敵だと思うようになった。

・前作の「GIFT」に「Harem」という曲があり、“踊りましょう”という歌詞は羽生結弦選手の演技を見て書いた言葉。その当時(CDは2012年11月リリース)から大ファンだった。

・「GIFT」のCDを添えてファンレターを送ったら、羽生結弦選手から返事がきた。

・『蒼い炎』を読んで、まだ10代なのに羽生結弦選手がトップアスリートとしての立場や影響力を自覚していて達観していることに感動した。(←これ、私も同じこと思った!)

・新作の「Fourth wall」の「children」に出てくる“スケートリンクで少年が踊る”の少年とは羽生結弦選手のこと。


ここまで知ったら、ゆづが歌詞の中に出てくるという曲を聴いてみたいと思うのが人情じゃないですか!♪d(´▽`)b♪

まずは前作の「GIFT」から「Harem」

MVは映像作家の手塚眞(手塚治虫の息子)の作品。→http://www.youtube.com/watch?v=rf_7cirQK1s

ゆづのイメージ、「踊りましょう」の歌詞はサビで使われてますね。意外と何回も出てくる。

次は5月15日リリースの新作CD「Fourth wall」について。

音楽ニュース「ナタリーにも特集記事が。

このCDのコンセプトや「children」についてはこのページに載ってました。→http://natalie.mu/music/pp/novembers04

収録曲
01. Krishna
02. dogma
03. primal
04. Fiedel
05. Observer effect
06-I. Dream of Venus
06-II. children ←ゆづが歌詞に出てくるのはこの曲

「Fourth wall」ってどういう意味なのかなと思ってたら、現実と虚構の境界にある壁という意味なんですね。舞台の途中で俳優がお客さんに話しかけたり、漫画の登場人物が読者に語りかけたりという、虚構と現実の境がなくなる状況を「Fourth wall(第4の壁)が壊れる瞬間」と呼ぶそうです。

このアルバムでは虚構の世界のみを描くつもりだったのが、最後の「Dream of Venus」と「children」を映画でいうところのエンドロールとして、虚構の世界の終わりを告げているそうです。

---
「children」で言いたかったのは「現実の世の中に帰っていきなさい」ってことだけではないんです。映画が終わったあとにいろんな人が劇場から出ていくことを想像するというか。いろんな人が存在していて、いろんな価値観があって、自分もその中のひとつで、それぞれの真理を持ってひしめき合いながら生きている。日常に戻るときに、そういうことをちょっと想像してもらえたらいいなって思うんですよね。
---


いろんな立場の人が存在していて、いろんな価値観があって……そんな多様な人間がひしめきあっているこの世界にあなたも生きているんだよ。

その世界のエキストラの一人として、羽生結弦というスケーターを登場させているわけですね。

「children」

一羽の鳥が人知れず
羽を休める離島で
勇敢さは砂に埋もれて
猥雑な街にも花が咲いて
元気な赤ん坊が生まれて
スケートリンクで少年が踊る
パン屋さんは今朝も早いね
お花屋さんの息が白いね
この歌が終わる頃には
その分歳を取った僕達が
それぞれの暮らしや営みに
きっと帰っていくんだよ
知らないままに始まって
わからないままに終わるけれど
今日の為に生まれてきたと
そんな風に思える毎日

children
Do what you will but harm none

試聴ページはこちら→http://listen.jp/store/album_20154288.htm

私はTSUTAYAで借りてきました。

趣味でバンドやってる息子に「THE NOVEMBERSって知ってる?」って聞いたら「知ってる」との答。
「ボーカルの人が羽生結弦のファンでね~、歌詞の中にゆづをイメージした言葉がうんたらかんたらo(>∀<*)o」
と言うと、
「それでCD借りてきた!?(゚д゚lll) キンモッ」

一刀両断。

一刀両断ですよ奥さん。

やっぱ、こういう選手萌えのファンって…ハタから見るとキモいのか…orz

【2014/8/21追記】
2014年8月20日のTHE NOVENVERSのツイートより


かわいいスタンプですね。誰が作ったのかな。
スポンサーサイト
[ 2013/06/08 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。