2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

想像力は大事

15日に放送されたEテレのバリバラ(バリアフリー・バラエティ)、「ここが変だよ健常者」の録画をさっき見た。

地下鉄の駅へ向かう車椅子の人に、おばちゃんが親切に「一緒に行ったるわ」と声をかけて押してあげる。

「そっちじゃないんです」と言っても、聞く耳持たない。で、エレベーターのない入り口に連れて行かれ、電車を逃してしまう。

親切のつもりが余計なお世話だったり、かえって障害持ってる人を困らせていたり。

「それでも我慢してありがとうございますと言う。でないと、本当にヘルプが必要なときに提供してもらえなくなってしまうから」
とは、電車で酔っぱらいのおっちゃんに手を引っ張られて強引なサポートをされ、優先席の人を無理やりどかせて座らされ、針のムシロを経験したという視覚障害者の幸田さんの弁。

他にも、「どちらまで行かれますか?」と車椅子に乗ってる本人ではなくヘルパーに尋ねる駅員さんとか、レストランで障害者をお子ちゃま扱いする店員とか、「車椅子のお通りだ~! 下に~、下に~」みたいに大げさに扱っちゃう交通整理員とか。

バリアフリー・トイレの場所をおばちゃんに尋ねたら、親切に連れて行ってくれたはいいが、中まで入ってこられて待機されて困ったって人もいた(^_^;)
「私、その人の前でお尻出すつもりはないから(;´Д`)」って言葉にワロタ。

バス停で隣に座ったおばちゃんにおはぎもらって一緒に食べたとか、みかんやパウンドケーキもらったとか(これはどうやら大阪だけの文化らしい)。親切心なのか哀れみなのかによって、心証も違ってくるな。

高校生の時に部活帰りに歩いてたら、おっちゃんに手のひらに10円玉八つ、握らされて困惑したって視覚障害者の男性が言ってた。
「あと二つくらいもらえたらうれしかったのに(笑)」←そこかい(笑)

電動車椅子のボタンのところに500円玉置かれたりとか、「がんばってな」と言われて千円握らされて逃げて行かれたりとか。

「お恵みみたいな気持ちでお金を渡されるのは悲しい」

そりゃそうだよ(-_-;)

視覚障害者の幸田さんが、「テーブルにりんごがあって、いきなり手を持って『ここです』って置かれると、自分からの距離とか、他の物との位置関係がつかめず、かえって困る。向かって右にあるとか、もうちょっと下とか、そういうふうに教えてもらった方が助かる」と言っていた。

そうなんだよ。
私もヘルパー2級の資格取るときに実技で習ったが、「3時の方向にりんごがあって、6時の方向にカップがあります」のように、時計の文字盤で説明すると視覚障害者にはテーブルの上に置かれた物がイメージしやすい。

飲み物なんかも、「カップに半分くらい牛乳が入っています」って量を教えてあげると、どれくらい傾けたらいいかわかる。

実技で、利き手の不自由な視覚障害者という設定でお弁当とプリンを食べたけど、そりゃものすごく不自由だった。口に入った瞬間、いきなり味が伝わってきて、そこで初めて何を食べているのかわかる。人間って目で見て味を予測しながら食べてるんだなって思った。

割り箸の袋に爪楊枝が入ってる。刺さりそうで開けるのがすごく怖かったのも意外だった。
プリンのカップがいつの間にか倒れているのにも気づかず、食べていた。
講師がわざと無言でお弁当を配っていった時も、目の前に言葉もなく無造作に置かれるのが、まるでエサを与えられているみたいで屈辱的だった。

その人の身になってみると、いろいろとわかる。知らなかったことが見えてくる。

別に難しいことじゃない。この番組で取り上げられてた健常者のヘンな言動は全部、相手の身になって想像してみればすぐわかることだなあって思った。

自分が目が見えなかったら、こういうふうにアドバイスしてもらって助かるかな?
耳が聞こえなかったら、こういうふうにされると困るだろうなあ。
手を貸す前に、ちょっと考えてみると親切が仇にならないと思う。

そうそう、聴覚障害を持った人の話で、知らなかった話が聞けた。

口の動きを読んでいる最中に、横から「今のわかる?」と邪魔されるとかえって話がわからなくなって困るから、最後まで聞かせて(読ませて)ほしい。

聴覚に障害があるって言うと、みんな近くに寄ってくるので戸惑う(声よりも口の動きを見ているから、必要以上に近寄る必要はない)。

「り・ん・ご」のように、1文字ずつ区切って話されるとかえってわかりづらい。「りんごは・いりますか」みたいにひとまとまりごとに話してほしい。

こういう話を聞いていると、健常者と障害者の壁はまだまだ厚いなあと思う。

健常者は、相手の障害に触れてはいけないことのように身構えるか、勝手に解釈して過剰に世話を焼きがち。
あるいは、なんか変な優越感に浸って見下しがち。

障害者は、せっかく好意でしてくれてることなんだからと我慢しがち。
「それは困ります。こうしてくれた方が助かります」って言っちゃうと、世話かけてる分際でえらそうにって思う人も中にはいるかもしれんもんなあ。でも、めげないで伝えてほしい。

こんなふうにちょっとずつでも世の中に発信していくことは大事だよね。

硬い内容じゃなくて、ゲラゲラ笑いながら見た。うまいことバラエティ演出になってる。NHK、GJ d(ゝ∀・)ィィ!!!
Eテレで放送してたんじゃ、関心のある人しか見ないだろうな。もったいないな。民放でもやりゃいいのに。

スポンサーサイト
[ 2013/03/20 ] 倉庫4 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する