2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

四大陸、男子(主としてゆづ)の情報あれこれ

四大陸フィギュア、男子の情報あれこれ。主に羽生結弦に関しての情報を挙げてみます。

2013 4CC四大陸選手権 HANYU 羽生結弦選手 SP後 インタビュー mixed zone interview
http://pigeon-post.net/events/2013FourContinents/interviews/Yuzuru_SP.html

SPの内容について、ゆづ自身が詳しく語っている。


2013 4CC四大陸選手権 TAKAHASHI 高橋大輔選手 SP後 インタビュー mixed zone interview
http://pigeon-post.net/events/2013FourContinents/interviews/Daisuke_SP.html


羽生SP首位で勝ちパターン/フィギュア
http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20130209-1082810.html

> 上位3選手がそろい、英語が飛び交う演技後の会見場で、羽生はボソボソと口を動かしていた。聞き耳を立て、通訳される日本語にうなずく。「シャドーイングですよ」。会見終了後にニコッと笑った。

ゆづの語学力についての話が面白い。かなり上達している様子。



羽生流血2位、ドアで…/フィギュア
http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20130210-1083278.html

> 羽生 いやあ、ホテルを出る時に自動ドアでぶつけました。ファンの方と握手をしていたんですが…。血がダラーッと出ました。(演技中は)貧血だったのかなあ。まあ、それはないか。

あの怪我はファンの追っかけが原因か(-_-;) ゆづの不注意と言われればそれまでだけど、選手の邪魔はすんなよと思う。

(実は私も自動ドアに挟まれて眉毛のところを切ったことがある。
学生時代、レストランに入ろうとして、外でメニュー見てなかなか決まらない友達に、先入ってるよ~って自動ドアのところで立ち止まって振り返って言ったら、閉まってきたドアが顔に当たったんだ。

頭の中で除夜の鐘が鳴った。ものすごい衝撃だったし痛かった。もちろんゆづみたいにダーッと血が出た。

同じ記事で4Sの失敗について、興味深い箇所があった。

>冒頭の4回転トーループは成功したが「ちょっと早く決まりすぎた」。わずかにずれた音楽との差が続く4回転サルコーに影響した。2回転に終わって「跳んでいる最中にやっちゃったと思った」。その後はジャンプに安定性を欠いて失速した。「試合って難しい。フォーカスしたサルコーを外したのは悔しい。サルコーが抜けて集中力が切れた。響いてしまったかなと思う」。

音楽に合わせて滑るだけでも難しいと誰かが言ってた。彼らのスキルは私たちから見て超次元だから、つい簡単そうに見えてしまって、前できてたものができないと何で? って思っちゃうけど、タイミングを合わせてジャンプ跳ぶって難しいんだなと改めて思った。

ツイッターより
家庭画報編集長 秋山和輝 @KG_akiyama
ヨーロッパ選手権でチャンピオンになったフェルナンデス選手は四大陸選手権に出場する羽生選手のクワドサルコウへのサポートをしていたと。だから、サルコウの失敗と二位という結果にガッカリするだろうとオーサーコーチ。羽生選手はトロントでいい環境といいライバルに恵まれているんだなと痛感した




そのほか、細かい情報としては、

羽生、SPトップ発進もミスに苦笑い
http://www.daily.co.jp/general/2013/02/09/0005728725.shtml

お正月には家族や親せきと手が痛くなるほどゲーム対決という、負けず嫌いエピソードが微笑ましい。


あと、ツイッターで拾った他選手の話題、

トリプルアクセル‏@3axele
今回の四大陸はフィリピンの男子の2選手がとても素敵なんです。多分放送ないんだけど、観客席は盛り上がってスタオベありもらい泣きありなんです。放送したらお茶の間も盛り上がるのになぁ〜。柔軟性、女子力、怒涛のつなぎ…

槙(maki)@4CCは現地‏@maki__meki
真央ちゃんの点数待機中に起こった催促の手拍子中、ジャッジ席の人が客席へサムズアップしてみせた→高得点だった!って逸話だけど、これケヴィンの時も目撃したよ!鳴り止まないとき後列端にいた男性が、後ろの客席へと振り向いてスクリーンのスロー映像を指差してから親指グッと!何回もしてくれた!



日本人を負かすかもしれないのに、レイノルズの採点を早くと促す手拍子、優勝が決まった彼に惜しみない歓声と拍手の日本人観客の成熟度が誇らしかった。

レイノルズも不調のときに日本のファンからいっぱいレターもらって日本語を勉強したそうで、日本語で挨拶してたらしい。うれしい話だね。

まあ、その反面、某選手ファンがゆづの悪口ずっと言い続けてて、演技中拍手しないとかミスしたらうなずいたりとか点数低くしろとか点数低かったらほら~と笑ったりとか、やはり今回もあったようで、そんなに悪口言いたきゃお仲間にしか聞こえないところでやってください。会場はあなたたちだけのものではありません。
こういう人たちには絶対スケオタの称号はやらん。

ゆづは礼儀正しくて自分を冷静に見つめる目も持ってる。ファンへの感謝の気持ちも持ってる。
私たちファンもゆづに恥ずかしくないファンでいたいよ。

再びツイッターより。
a03284micky‏@a03284micky
羽生さんのリンクイン、アウト時の一礼は有名。しかし今日はキスクラで自身の採点終了後、次選手のコールを待ち拍手してお見送り!その後演技会場から退出する際にも再度一礼。ここまで徹底しているとは知らなかった。

mariemot on fs‏@momo_mot
サイモン@英ユロスポも、そこが日本のファンの素晴らしさだって今日の実況で力説してた>RT 自国選手のライバルだろうと、順位を脅かす相手だろうと、苦労してる選手には頑張れの声援を送り、いい演技には心からの拍手と歓声を送る、それが素晴らしいって。
スポンサーサイト
[ 2013/02/10 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する