2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

ミラクルボディ

明日から四大陸ってんで、テレビや新聞などがにぎやかですね。
高橋大輔VS羽生結弦の一騎討ち!(←無良くんは?) ってマスコミのライバル煽りがめんどくさいんだけど。
お互いをどう思うかとか、しつこく訊かれて、ゆづも大ちゃんも困ってる感じ。

羽生「エースの座はもらったぜ。オレがぶっちぎりで勝つ!」

高橋「ふっふっふ、甘いな。くらえ、オレの新SP『月光』!!」

・・・くらい、この際だから言えばいいのにね。←言いません


さて、ちょっと前の話になるけど、元日にキャノンのインタビュー記事を読んでいて、ゆづのジャンプを跳ぶ時の感覚って体操の内村航平の感覚に似てるな~と思った。

キャノンのインタビュー記事
http://web.canon.jp/event/skating/interview/int_hanyu1.html

僕は跳ぶ直前に、バッって頭の中に成功する軌道とかのイメージが湧いて、そこに身体を乗っけていって跳ぶ。だから口で指導されてもダメ。視覚で伝わってくるものが良いんです。ビデオとかを繰り返し見て、イメージを記憶します。

『蒼い炎』にも、イメージすることを大事にしていて、ジャンプでもイメージトレーニングを重視する、調子がいいときは自分が跳ぶ瞬間のフォームが跳びながら3Dで見える、フォームの崩れも自分でわかって直せるということが書かれていたよね。

そして、このインタビュー動画、ゆづ自身の言葉で語られた4回転トウループを跳ぶときの感覚。

http://youtu.be/GPiqXIJ8C3A?t=3m36s


「跳ぶ瞬間に絶対ためなきゃいけない瞬間がある」

「跳ぶ前の、前を向いたときに、ターンする前にここ(左肩付近)にしっかり乗らなきゃいけない」

「壁でというか、手で支えられている感じ。ここ(左肩)だけ。ピタッと」

「そこを重心として、ポールを(軸として)回っていく感じ」

「(回る間に)そのポールがこっち(右肩)に移っていく感じ」



まさにイメージ力と身体能力が融合して力を発揮するアスリート。

体操の内村航平がこのタイプなんだよね。

2012年7月15日に放送された、N○Kスペシャル「ミラクルボディ」
内村航平の身体能力のすごさを、いろんな機器を使い、あらゆる角度から解析するという番組だった。

内村航平には子供のころよりトランポリンで鍛えた優れた空中感覚と視力(目の神経が発達する子供の時期に視力を鍛えると、視力がUPするんだそうな)がある。

そのため、空中で自分の身体がどの高さにあり、どんなスピードで動いているかはっきりわかるという。

さらに、類まれなるイメージ喚起力がある。

14歳のとき、鉄棒のコバチを跳ぶ選手のビデオを繰り返し見るうち、頭の中にコバチを跳んでいるイメージが生まれ、やってみたら成功した、イメージするだけでその通りに体を動かすことができたというエピソードがあった。

彼が競技のイメージをしている間、脳の高次運動野というところの血流が増える。これは運動するときの司令塔で、ふつう、筋肉が動いてないのに高次運動野が働くことはあり得ないんだそうだ。

こんなふうに運動イメージを鮮明にできる人とできない人がいるが、幼い頃からそのトレーニングをやっているとできるようになるという。

ゆづの身体能力もこうやってちょっと解析してもらいたいな~。
ハイスピードカメラで撮った4回転とかスピンとか、脳の血流とかじっくり見てみたい。←ヘンタイですか(笑)
スポンサーサイト
[ 2013/02/07 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(4)

似てますね

内村くんの特番、見てましたよ。
いっしょにボルトもやってましたよね。

内村くんのあの視力って何なんだ!と思いました。
そして、自分を客観視できるんですよ。
別な自分が自分を見ている感覚なんだろうと思います。

私はスポーツではないんですけど、
プレゼンなどでそういう感覚になったことがあります。
そういう感覚になったときは、だいたいうまくいきました。
[ 2013/02/08 09:48 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/08 12:01 ] [ 編集 ]

Re: 似てますね

自分を客観視・・・いっぱいいっぱいにならず、全体を俯瞰できる余裕、冷めた視線ってことかな。スポーツでも何でも、そういうのが大切なのね。

ウサイン・ボルトの回も見てました。完璧な肉体の持ち主かと思いきや、背骨の湾曲というハンデを抱え、それを力に変えていたとは。驚きと共に感動しました。

ボルトにせよ、うっちーにせよ、ゆづにせよ、ものすごいことを簡単にやってしまうから、天才って言葉で簡単に片付けてしまいがちだけど、みんな最初からそれをやれた人はいない。みんな血のにじむような努力を重ねて今の姿があるんですね。

そういや、前コーチの阿部奈々美さんがゆづのことをこう言ってましたね、「天才です。努力する天才です」って。

そして私はやっぱり、ゆづの筋肉の質を解析したのとか脳の血流を見てみたい(笑)
[ 2013/02/09 11:12 ] [ 編集 ]

Re:

○○さん、私も読みましたよ。
そして同じことを思ってたんだなと、やっぱり同じように感じて笑っちゃいました。
[ 2013/02/09 11:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する