2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファンのあり方

青嶋ひろののルポ、
【ルポ 羽生結弦 夢のかなたに (13)】 全日本選手権リポート(下)――羽生への「逆風」
を読んだ。

【ルポ 羽生結弦 夢のかなたに (10)】 全日本選手権リポート(上)――「待ってろ、羽生結弦!」
【ルポ 羽生結弦 夢のかなたに (12)】 全日本選手権リポート(中)――本当のライバル、高橋大輔
と併せて読むと、青嶋氏が伝えたいことがよくわかる。

長年フィギュアスケート選手を見てきた人が思わず取り上げてしまうほど、全日本の雰囲気が異常だったということだ。
(ルポの番号が飛んでいるが、(11)はGPF番外編のソチレポート。(12)(13)だけ執筆が2月。どう書くべきか、それだけ悩んでしまう内容だったのかもしれない。)

有料ページなので引用は控えるが、要は青嶋氏が言いたいことは、ソチ五輪で金メダルを狙えるようなものすごい才能を持った逸材が今の日本フィギュア男子シングルには二人もいる。これがどれくらい素晴らしい奇跡なのか、どれくらい恵まれたことなのか、ファンはもっと自覚してほしい。そして、選手が余計な雑音に心乱されることなく、演技だけに集中できるよう、節度ある態度で見守ってほしい、ということに尽きるのではないか。

もちろん、高橋大輔、羽生結弦、双方の選手に敬意を込め、言葉を慎重に選んでの提言だ。ルポライターにフィギュアスケート界のためにこれだけは書かなくちゃいけないと思わせるほど、全日本の空気は異常だったのだろう。そういう現状を私は憂う。

【追記】
(ゆづが落ち込んでたことを知らない人は、ファンはたくさんいるから、ゆづがそんなこと言うわけないのに、何言ってるの? 青嶋って人はと感じるだろう。世界選手権の時の言葉をそのまま使ったのは誤解を生む元だと思う。)

「表現力」では負けたゆづが大ちゃんに勝ったことで、狂信的な大ちゃんファンは「陰謀」だの「出来レース」だのという言葉で勝者を侮辱し、大ちゃんを審判の不正で正しく評価されない悲劇のヒーローに仕立て上げる。

不正に抗議するという大義名分があるから、彼女たちは努力と才能で急成長した弱冠18歳の高校生をバッシングしても胸が痛まない。むしろ、自分たちは正義のために声を上げているのだと思い込み、見当違いの使命感に燃える。

これは浅田真央の狂信的ファンにも言える。
SOIの特番で浅田真央の姉の浅田舞がキム・ヨナの高得点にほとんど中傷とも言える感想を漏らし、ネットでは彼女を支持する意見が数多く見られた。

テレビ東京のあの番組は意図的なひどい内容だった。キム・ヨナの失敗シーンのみ流し、これで高得点なんておかしいよねと誘導する。視聴者受けを狙ったにしても、あまりにあざとすぎるし、アスリートへの敬意がなさすぎる。

同番組の別のコーナーで、SOIに出演した海外スケーターたちがソチの金メダル予想をしており、そこでは真央よりもヨナの名を挙げる人の方が多かった。はっきりと「キム・ヨナは素晴らしい選手だ」と言った人もいた。彼らの目が節穴とは思えないし、敢えて「どうせ汚い手で勝つんでしょ」との皮肉を込めてヨナの名前を挙げたようにも見えなかった。今の時点で両者を比較した上での、まっとうな評価なのだろう。

浅田舞はちゃんと動画なり何なりでヨナの演技を通して見たのだろうか。見もせずにいい加減なことを言うべきではないし、見ての発言なら、ヨナの技術力を見抜けない彼女のスケーターとしての資質を疑う。

そもそも、自分がああいう発言をしたことで、妹の名に傷をつけるとは思わなかったのだろうか?
見ている人は思うだろう。真央ちゃんて表じゃ殊勝な顔してるけど、裏では姉妹してこんなこと言ってるんだね~。
そういうことも予測できないとは、軽率にもほどがある。

【追記2014/9/3】
(私はプロなのにプロ意識のない人にはとことん批判的なので、スポーツキャスターとしての彼女の姿勢について厳しい意見を書きましたが、今はみんな当たり前にネットをする時代、本人が目にして傷つくような書き方はすべきでないと思ったので、言い過ぎたと思う部分は削除しました。)

彼女の発言に対し、日本スケート連盟からきついお叱りがあったというが、当たり前だろう。
妹からも怒られたとのことだが(これは週刊誌のネタだからほんとかどうかはわからないけど)、浅田真央の方がよほど大人だし自分の立場をわきまえている。

この出来事は、陰謀論に乗っかりたい人に格好の燃料を与えてしまった。ほんまに余計なことをしてからに。フィギュアスケートを取り巻く環境を良くしたいなら、もっと考えて勉強してしゃべれよ。

狂信的な真央ファンも彼女を審判に不正に貶められた悲劇のヒロインと見たいようだけど、大ちゃんにしても真央ちゃんにしても、そんなふうに憐れまれてうれしいだろうか?

狂信的なファンというのは、フィギュアスケートに対して生半可な知識しかない。ちょっとかじっただけの知識で、PCSが高すぎるだの低すぎるだの言って審判に疑いの目を向ける。

ちゃんと一から勉強して出直してこい。ひいきの選手が人生を賭けて打ち込んでいるスポーツのルールもろくすっぽ知らずに、ライバル選手を攻撃することで応援した気になるなんて、みっともないにもほどがある。そんなファンは選手の方から願い下げだろう。

・・・なんて言ったって、そういう人たちはフィギュアスケートのことを知ろうなんて思ってもみないんだろうな。安易に陰謀論に乗っかってる方が楽だもの。

朝日新聞に市川團十郎の訃報に関連して書いてあったのだが、今の歌舞伎はイベントと化していて、江戸の風俗を知らないで鑑賞するお客もいるんだそうだ。びっくりした。

フィギュアスケートもそういう客が多いんだろうな。

大枚はたいてチケット買って、現地で観戦するくらいだから、みんなフィギュアというスポーツのファンなんだと思い込んでいたが、鍛え抜かれた肉体を持ったアスリートが音楽に合わせて躍動するさまを見て萌えたいだけの人も多いんだろう。

そういう人ははなからフィギュアの技やルールなんて知ろうとは思わない。それどころか、フィギュアを良くするのとは逆の方向へ、力ずくで押し流していこうとする。
そして努力した選手が不当に貶められる。嗚呼。


私はゆづファンのコミュニティに参加して、バナーを作ったり、お花を贈ったりしているけど、これがゆくゆくは今の狂信的な大ちゃんファンみたいなところに行き着きはしないかと最近思うようになってきた。

ゆづが押しも押されもせぬ世界フィギュアスケート界の大スターになり、今の大ちゃんみたいに若手が台頭してきたとき、ゆづファンは果たして節度を守った応援ができるのだろうか?

もう今みたいな醜い争いはこりごりだなあ。

そう思うと、バナー振ったり声を上げたりする応援より、フィギュアスケートのことをもっと知って、ゆづの演技を正しく評価できるファンでいることの方が、私にはずっと価値のあることのようにも思えてくる。

スポンサーサイト
[ 2013/02/06 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(8)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/02/07 01:38 ] [ 編集 ]

お返事ですが

コメントありがとうございます。
ブログの方にお返事しましたよ。よろしくね。
[ 2013/02/07 08:01 ] [ 編集 ]

まさに色々

こんばんは、れんかさん
物事に対するとらえ方って、まさにそれぞれだなぁと思いました。
青嶋さんの記事はあまり好きではないので、わざわざお金出して読む気がしないのでわかりませんが、浅田舞さんの番組は見ていたので。
私が感じたのは、「マスコミってひどいな」ということでした。
舞さんが立場上、キムヨナ選手についてコメントできないことは分かっているだろうに振るなんて。案の定、(一部で)大騒ぎ。「わからない。ノーコメントで」でこれだからあれ以上だったらどんなことになっていたのでしょうか?
収録番組なんだから編集だって、撮り直しだってできるのにとも思いました。
が、これは私が感じたこと。これを誰かに押し付けるつもりはありません。
ただ、マスコミに変なフィルターをかけられないようにしないとなと、選手たちのがんばっている姿をまっさらな心で応援していきたいなと思っています。
[ 2013/02/07 20:28 ] [ 編集 ]

Re: まさに色々

こんばんは、たあたんさん。

> 舞さんが立場上、キムヨナ選手についてコメントできないことは分かっているだろうに振るなんて。案の定、(一部で)大騒ぎ。「わからない。ノーコメントで」でこれだからあれ以上だったらどんなことになっていたのでしょうか?

立場上コメントできない割には、結構好きなこと言ってませんでした?
「(なぜ高得点なのか)わかりません」は、立場上答えられないという意味じゃなくて、あんな高得点が出るはずないのになんで出るのかわかりません(不正してるからでしょ)という意味に感じましたし、「ジャッジが(キム・ヨナを)好きなんですかね」「これについてはノーコメントで(笑)」に至るまでの意味ありげな言い方は、テレビ局と同じ意図だったように感じました。まさに感じ方は人それぞれですね。
[ 2013/02/07 20:48 ] [ 編集 ]

はじめまして。
共感できる部分や、人それぞれ感じ方があるんだなとか、興味深く読ませていただきました。
人気が出ると、狂信的なファンはどうしても出てきてしまいますよね。
逆にファンではない人やそこまでファンではない人からすれば、その存在を見てが興ざめしてしまうというか。私も大ちゃんが好きですが、正直、あの黄色い歓声を聴くと自分の気持ちが盛り下がってしまいます。
でもそうなってしまうほど高橋選手が魅力的なのもわかります。

中にはルールを勉強して本気で選手のためと思って自分の意見を発信している方もいらっしゃいます。こちらのブログもそのような感じがします。
初心を忘れずに見守っていけたらいいですよね。

これとは関係ないのですが、バンプの大ファンなのでちょっと嬉しく思いました。長々と失礼いたしました。
[ 2013/02/09 14:22 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

りずもさん、こんにちは。
「見たいものしか見ようとしてない」と他人を批判しといて、私も見たいものしか見てないのかもしれません。
視野を広く持たねばと自戒してます。

大ちゃんはね、ほんとに大好きだったんですが、正直あの黄色い声援には私も盛り下がるものがあって・・・大ちゃんの演技と一緒にあの声援を見聞きするたびに、自分の中で気持ちが下がっていってしまいます。
ずっと大好きでいたかったのに。
あの残念な人たちは大ちゃんファンを減らしてると思う(>Д< ;)

ルールは勉強したいです。もっとフィギュアのこと知りたい。
特定の選手に萌えたりもしますが、それ以前にスケートが好きなんです。
シニア教室をやってるリンクもあるらしいですね。シニアの大会(発表会?)もあるらしいですね。
めっちゃうらやましいです。

りずもさんもBUMP好きですか~! 大ファンですか~!o(≧▽≦)o
どんな曲がお好きですか?
私はアップチューンなのが好きなんです。
もうすぐライブDVD出ますよね。わくわくします。
私、5月に石川公演に行ったんですけど・・・って、コメント欄埋め尽くすくらいしゃべってしまいそうなんで、これくらいで(笑)
[ 2013/02/09 14:42 ] [ 編集 ]

お返事ありがとうございます。
自分が好きなのに、気持ちがそうなっていってしまうのは悲しいですよね。
仕方のない気もしますが、いろんな意味で視野を広く持つことはとっても大事だと私も思います。
そのためにはルールを知ったり、努力しなくてはいけないですね。

フィギュアのカテで申し訳ないですが(汗)、藤くんの詩がもう好き過ぎて…「ユグドラシル」のアルバムは今だによく聴いています。あ、でもれんかさんと同じ、ダンデライオンとかアップチューン?なのが好きかもしれないです。選べません(笑)
ライブ、うらやましいです~昔、チケット取るの大変だった覚えがあります。
今はどうなんでしょう?
バンプカテの方にも今度おじゃまさせてください。
[ 2013/02/10 01:41 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

カテ違い、全然気にしないでください(´▽`*)
藤くんの詩、好きすぎてって、一緒です。彼の独創的な言葉の選び方、表現力は素晴らしいですね。
新曲のfireflyは何度聴いても涙がにじんできて困りました。

今、一番好きなアルバムの名を挙げようとして結局選べなかったんですが、ユグドラシルは私も大好きです。
COSMONAUTはそれほどでもないかもしれない(^^;)
そうですね。アップチューン好きと書きましたが、バラードも好きで、選べません(笑)

ライブチケットは、ライブハウスツアーはまったく取れませんでした。ありとあらゆる努力をしたんですが。
アリーナツアーはライブハウスよりは取りやすかったです。
りずもさんも次の機会にはぜひ♪
またBUMPのお話しましょう♪d(´▽`)b♪
[ 2013/02/10 13:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。