2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

やはりルールを知ろう

「フィギュア、これだけは言いたい」にいくつか賛否両論のコメと拍手コメをいただきました。
罵詈雑言を食らうかと思ってたら、皆さん良識のある方ばかりで冷静に意見を述べられていてホッとしています(この後どうなるかわからんが(・_・;)。

ああいうことを書くことでファン同士の対立を煽ることになるのではないかと危惧されているご意見もあり、私もそれは本意ではないのですが、問題提起することで「周りから見たらそうなのか、ちょっとやり過ぎだったな」と気づいてくれないかなと思ったのですが甘いでしょうか。

まあ、ライバル選手のファンから言われたってことでカチンとくる方もいるでしょうし(大ちゃんファンでもあるんだけど・・・今はゆづにウェイト傾いてしまってるしな)。

難しいですね。おかしいことはおかしいと私は言いたい。たとえ大人げない仕打ちをされたのが他の選手であっても、私はあの文章を書いたと思います。

いらん正義感がかえって選手たちの迷惑になるのは困るけど・・・。会場には子供だっていたんだし、そういう大人の姿を見てどう思うかと思うと、スルーするのが正しいのか?・・・悶々。


話変わって、フィギュアの採点のわかりにくさと陰謀論について。

私はジャーナリストの池上彰さんに一目置いてるのですが、彼のすごいところはいつも客観的で公平な立場でものを見るということです。

それは幅広い知識から来ています。新聞だって各紙読み比べてるし。
いろんな方向から幅広い知識を得ると、人は偏見や先入観から自由になることができると思うんです。

反対に自分の見たい情報だけを見て、狭い世界に閉じこもっていると、バイアスのかかったものの見方しかできなくなるんですね。自分が信じたい方向の情報だけに飛びついてしまう。

フィギュアスケートの陰謀論もそうだよね。自分の感想と結果が違えば陰謀論に飛びつく。
生半可な知識しかないと、そういうのに騙されちゃう。

ある元フィギュアスケーターさんのブログやツイッターを最近読み始めているのですが、陰謀論をまき散らしている某ブログのことを、嫌韓の人種差別者が運営する陰謀論の巣窟、本当にフィギュアを良くしようなんて考えてないとばっさり斬り捨てています。

まことに痛快でした。検索していてうっかりあのブログに行き当たった日にゃ、読むと胸にどす黒いものが流れ込んでくるようで、早々に退散していたものですから。

この方のブログはルールなどを詳しく解説してくれているので、じっくり読んでいきたいなと思っています。

ゆづのスタミナのことについても、彼はむしろスタミナがあるんだ、並みの選手だったら後半バテてもたない、それほど濃い内容のプログラムなんだと言ってくれています。

うれしかった。マスコミがやたら「羽生スタミナなし説」を流布するもんだから、視聴者はゆづのあのひょろひょろした体つきからして納得しちゃってるでしょう。

おかしいと思ってたんだよ。だって、「ノートルダム・ド・パリ」は休むところがほとんどない鬼プロだと言われてるのに、スタミナない選手にコーチがそんな振付を授けるか? 自爆ものだよ。

羽生結弦ならできる。彼ならこの濃密なプログラムを演じ切り、高得点を叩きだせる。
そう考えたからこそ授けたプロなんじゃないか。
そしてゆづはいまだ完璧とは言い難いけど、ちゃんと最後まで演じきっているよね。

ファンが詳しいプログラム構成やルールを知らずに演技を楽しんだって、そりゃ構わないけど、マスコミはもっと伝える努力しろよ。勉強しろよって思う。

大晦日の「スポーツ忘年会」って番組でも、ゆづのSPの4Tに「4回転サルコウ」ってでっかいテロップ入れてたくらいだもんね(Youtubeにあるよ)。
野球のピッチャーがカーブ投げてるのに「今のはフォークでした」って言うのと同じくらいお粗末なミスだよね。

そして、ファンも疑問があるなら自分でルールを調べろよって思う。安易に陰謀論に乗っかるんじゃなくて。
選手にもジャッジにも失礼だ(わかってもらう努力をしてない連盟側にも問題あるが)。

私がジャッジって公平だって直観的に思ったのは、BS○日の「GPF1週間前SP」を見たとき。
岡部氏がパッパッパッと見て即座に判定していくさまを見ていると、ジャッジの目線と私たちの目線が全然違うということに気づいた(当たり前ですかそうですか(^^;))。

彼らが見ているのは演技であって演技でない。そりゃもう見事に冷徹に裁いている。あんなんで主観が入るとは考えにくい。

とかく問題視されるのはPCS(Program Component Scores=演技構成点)の方だけど、ルールに詳しい人は口を揃えて、いろんな試合結果の採点は妥当な点だということを言っている。
もちろん根拠を示して。そっちの方が半可通の陰謀論よりはるかに説得力がある。
スポンサーサイト
[ 2013/01/03 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(4)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/01/19 23:54 ] [ 編集 ]

Re: 陰謀説

うんうん。私はほんのちょっとかじっただけですが、人間が採点するという不完全性をなるべく払拭すべく、ちょっとずつ改正されていってるなという気がしました。

小塚選手が「スケートラボ」って番組で言ってましたが、今季からSPも後半1.1倍にすることで、今までは最初に3つジャンプを跳んでたのが後半にもバラけさせるようになり、プログラム全体の流れがきれいになった・・・みたいなことを。そういう、難しいことに挑戦する選手にボーナス点を与えることでプログラム全体のレベルも上げるっていうのはいいやり方ですよね。

羽生選手のFSの構成はなんかもう、目一杯すぎるんじゃないの? って感じで(だから体力不足だと誤解されるんだよ~(>_<))。そうですよね、フィンランディア杯から見てきて、いろいろ増えてますよね。
きつそうなのに、さらに詰め込んでる。それでミスっても次は同じ過ちを繰り返さない。モノにしていってます。恐ろしい子です。

そうですね。ゆったり見守りたいです。エネルギーを建設的な方向に向けて。だから私はフィギュアのことを勉強します。陰謀論に立ち向かえる力をつけられるし、何より楽しいし一石二鳥です♪
[ 2013/01/20 00:39 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/01/20 01:19 ] [ 編集 ]

Re: そーなんです。

そうですね。後半に安定して跳べるなら皆入れますよね。見てると簡単そうだけど、しんどいんだろうな~。
こづ、まっちーはB級大会に派遣してもらえるそうで、ランキングのポイント稼ぎができるという話を聞きました(まだこの辺は理解力がついてってませんが)。リベンジしてほしいですね。

どんな選手のどんなプログラムがお好きか、よければ聞かせてくださいね。
あと、どうやったら詳しい知識が身に着くのかも(´▽`*) やっぱり演技を見まくるしかないですか?
[ 2013/01/20 14:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する