2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

プロトコルの数字にはちゃんと理由がある

まずは、羽生結弦、SP1位(非公式ながら世界歴代最高得点をまたも更新)おめでとう!!
もうこのプログラムについては、落ち着いてやれば大丈夫という自信がついたんだろうなあ。余裕すら感じさせる演技だった。スケートアメリカと見比べると、ステップのねっとり感が増したというか(笑)、よりブルースらしくなりましたな。
GPFと比べると、細かい振付がさらに増えたような。

男子SP、個人的には佐々木彰生の演技に魅せられた。
そして、堀之内選手のブレードが折れるという不運に胸が痛んだ。ルールとはいえ、時間内に補修がきかなければ強制的に棄権というのは厳しい。

町田樹が実力を出し切れなかったのも、織田信成が5位に沈んだのも残念。

無良崇人の今季の伸びがすごい。3位の小塚崇彦とわずか0.1ポイント差。
こちらは大波乱があるかどうか。

あと1時間半ほどで始まるテレビ中継が楽しみでしょうがない。
もちろん女子も。鈴木明子、村上佳菜子、浅田真央、宮原知子(しかしまあ、こちらは順位はともかく、世界選手権に出場する選手はほぼ決まりでしょう。男子の戦国無双とは違って)。

最近私はフィギュアスケートをもっと楽しみたくて、プロトコルの見方についても調べている。

「白猫夜話」というブログの主さんはとても詳しくて、説得力がある。

以前、私のブログでも、BS朝日の「GPF1週間前SP」でISUのレフェリーである岡部さんがそれぞれの選手の演技に対して評価したりダメ出ししたりする動画を貼ったけども、これは視聴者をミスリードしてしまうのではないかとブログ主さんは危惧されていた。

そうか、レベル4だすごいすごいとマスコミは煽るけども、レベルというのは要素さえ満たせば誰でも取れるものなのか。
逆にGOE(出来栄え点)はそうじゃないのね。知らなかった。

誰かが見た目よりも高得点を取ると、ファンの間ではすぐ不正疑惑が囁かれる。
フィギュアというのは採点基準がよくわからんスポーツだ。

でも、ルールを知っていれば納得いくこともある。
プロトコルの数字にはちゃんと理由があるんだと、調べているとわかってきた。

テレビ局はもっとルールをわかりやすく伝えるべきなんじゃないだろうか。

「白猫夜話」さんの「徒然猫の憂鬱~メディアの功罪~」
一読の価値ありです。

スポンサーサイト
[ 2012/12/22 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/01/19 22:55 ] [ 編集 ]

Re: プロトコルは面白い

テレビの解説聞いてるだけではわかりませんね。
レベル4っていうと何かすごく得点出そうな感じがするし。
解説者には滑ってるとこ細かくひとつひとつ図解で説明してほしいと思う今日この頃(笑)
[ 2013/01/19 23:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する