2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腐女子の見分け方

息子(オタク)に聞いた話。

友達A(オタク)が「腐女子の見分け方、知ってるか?」と聞いてきた。

息子「さあ?」

友達A「『攻めの反対は?』って聞いてみるんや」

息子「あーなるほど」

友達A・B・C(オタク)「おまえの妹、オタクやったな。聞いてみろやw」

息子、娘に電話をかける。

娘「なに?」 ←アニキが好きじゃないので超無愛想

息子「『攻め』の反対は?」

娘「えっ」(テンパる)「ちょっと待って。言わんといて。えーと、えーと……」(熟考)

「……攻撃を受ける?」

電話を切ったあと、「おまえの妹、勉強できんやろ」「日本語が不自由~」と、友達にチョー爆笑されたそうな(恥)

***

息子の友達D(オタク)は自分がオタクであることをバイト先では隠していた。バイト仲間でそっち関係の話題が出ても、ひたすら興味がないようなフリをしていた。

で、ある日。

先輩のEさん(ノーマル)が友達Dに言った。

先輩E「昨日、『ゼロの使い魔』って見たんやけど、あれ、面白いな」

友達D「くぎゅいいですよね!!」 ←思わず

先輩E「くぎゅ……? なにそれ」

友達D「あ」 ←自爆


「『ゼロの使い魔』見てる時点でその先輩ってオタクちゃうん?」と私は懐疑的だったのだが……ってどうでもええわっw

***

オタク話とは関係ないが(わざわざカテゴリ変えて書くのもナニなので)、昨日の「龍馬伝」は加尾の兄、平井収二郎の最期だった。サブタイトルは「収二郎 無念」。

牢に捕らえられた収二郎は、吉田東洋暗殺は土佐勤皇党の仕業であることを吐かせようとする後藤象二郎に凄絶な拷問にかけられる。

ロープで吊るされ、棒でめった打ちにされ、水をぶっかけられる。意識を失ったところで地べたに降ろされて、さらに水。

だが収二郎は口を割らず、ついに山内容堂は切腹を命じる。面会を許された武市に「切腹は武士の誉れじゃ」と言い切る収二郎。

そして最期の時が来る。

そそけた髪、無精髭の浮いた顔に残る生々しい拷問の傷。
静かに刀を手に取ると、収二郎は見事腹を斬って果てる。



「宮迫、演技うまくなったなあ」とダンナ。「そやなあ」と私。

ついに土佐勤皇党も崩壊か……と感慨を胸に「新参者」を見るべくチャンネルを変えると、「バイク王」のCMに雨あがり決死隊が出ていた。

地蔵の着ぐるみを着て笑っているのは、さっき切腹して果てたはずの収二郎。
地蔵宮迫

(^^;)……。


宮迫、仕事選べや!(笑)
つか、感動かえせ!
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rencadiary.blog14.fc2.com/tb.php/30-2a1a3116












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。