2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いつのまにか秋

ゆづがフィンランド杯に出場。

現地で観戦していた海外のファンが動画をYoutubeに次々アップしてくれている。それをファンブログの管理人さんたちが紹介してくれてる。リザルトもつけてと至れり尽くせり。ありがたや。
6分間練習や直前練習の動画もあり。何種類かあるけど、SPもFSもキスクラつきの動画がおすすめ。

SPはクワド失敗して転倒。でも、受け身(?)がちゃんと取れてて、すぐ起き上がった。今までみたいな怖い転倒の仕方じゃない。これもオーサー直伝?
同門のフェルナンデスが1位で、ゆづは2位。

FSでは4T、4Sを成功させて、ここで逆転1位。
衣装がやっとばっちり見られたな~。ひらひら系で、曲と合わせて全体的にナイーブな感じで、とても合ってると思う。

キスクラでは、SPのときはプーさんなしだったけど、FSではちゃんとオーサーがプーを抱えてたのがワロタ。

同じ日、日本ではジャパン・オープンがあって、日本チーム(高橋、小塚、浅田、鈴木)が優勝。やったね!

浅田真央は3A回避したようで、相変わらずマスコミには3Aのことばっか言われてるけど、女子は10代がピークといわれるフィギュアで、21の彼女に3A復活の日は来るんだろうか。もういっそ他の女子みたいに3-3で攻めてったほうがいいんじゃないのか。

しかぁし、フィンランディア杯はともかく、なんで日本でやってるものを全国ネットで放送しないのだ。
なんで、テレビ東京でしかやらないのだ。

おもしろいアニメもテレビ東京が多いしな~。

そういや、ネットで「神様はじめました」の1話を見たよ。
巴衛が神使になるまでの1~3話を1話に押し込めてるもんだから、奈々生がミカゲ社に来るまでの展開がはしょりまくりだし、山姥のくだりもはしょりまくり。

このマンガは昔話や神話のモチーフを散りばめてるんだから、「三枚のお札」を彷彿とさせる山姥のエピソードで山姥の家に泊まるくだりを描かなかったらダメでしょ~。あれをはしょったら意味ないでしょ~。悲しいなあ。

そんで、神使になる契りのキスの長回し・・・(・_・; いや、ここでそんなサービスいらんから。
最初のあれはいきあたりばったりのキスなんだから、さらっと流したほうがいいから。

でもまあ、絵はすごくキレイだし、声優さんもバッチリだし、オープニングの歌もいい感じだし、続きが楽しみだなあ。次は沼皇女じゃなくてクラマが出てくるみたいだけど??

話は180度変わり、今日は娘の成人式の前撮りだった。
着物はレンタルで、髪飾りは自前、写真は2セット+追加3枚。うち1枚は家族写真。
渋るダンナと息子にスーツ姿を強要し、ようやく撮ったよ。何年ぶりだろう家族で写真撮るなんて。
そもそも写真屋さんに撮ってもらうのが初めてだわ。これは年賀状に使わなきゃ。
全部含めて20万円くらいかかったけど、すべてうちの母が出してくれた。ありがとうお母ちゃん。

昨日、「20歳はすぎたけれど」というエッセイマンガを衝動買いした。
同じ作者の「ママはぽよぽよザウルスがお好き」という育児マンガが昔あって、育児雑誌に連載していたのをずっと読んでた。アニメ化されたのもビデオ借りて見てた。

その息子リュウくんがもう24歳、娘アンちゃんは22歳なんだな。早いなあ。歳月が流れるのは。
読んでたらものすごく身につまされる。
子供がお酒を飲む姿を初めて見て、大人になったんだな~ってしみじみ実感するところとか、久しぶりに子供とデートしたら、親より友達の方を優先されちゃって寂しい思いをするところとか。

ああ、でも、作者は息子LOVEだけど、うちは娘と仲良しなんだよな。
ダンナと一緒に遊びに行くことはめったにないけど、娘とはしょっちゅう一緒に出掛けるし、ダンナと遊ぶより娘と遊ぶ方が話が合うし、(オタクな)趣味が合うし楽しいし。

私も、夫とうまくいってない板橋マダムズと同じで、「寂しいから子供が成人してもできるだけ一緒に暮らしていたい」派だなあ。

迷いながら悩みながら、二度とない青春の日々を送っている子供たちを見ていると、自分も青春時代をおさらいしているみたいな気持ちになる。だからもうちょっと子供たちを見ていたいという作者の言葉に共感。



明日は祝日。だけど例によってうちの会社は出勤。はあぁ。

仕事やめて専業主婦していたい。

っていうか家事もやめたい。

るろニート剣心

このとおり言ったらダンナにしばかれました(ゝω・)

そうそう、実写版「るろうに剣心」を8月の公開初日に見に行ったよ。
思ってた以上によかった。剣心役の佐藤健がすごくイメージぴったりで当たり役だった。
薫役の武田咲も熱演してた。この子はちょっと声ががちゃがちゃした感じなのが惜しいけど。

ストーリーは鵜堂刃衛や武田観柳のエピソードのところで、蒼紫やお庭番衆は出てこず、左之助も弥彦もチョイ役扱いだったけど(まあ、いろいろ描いてたら2時間では収まらんわな)、恵もイメージ違うかなと思ったけど、マンガを2時間の実写にする制約の中で、十分健闘してたんじゃないのかなと思う。

このキャストで京都編も作ったら面白そう。
スポンサーサイト
[ 2012/10/07 ] オタクなハハの日常 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。