2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

FaOI 楽日行ってしまいました!

Fantasy on Ice 2012 in 福井、初日の昼で堪能したはずだった。夜の部にまた違う内容のプロやったと聞いても、そーだよねと平静なはず・・・だった。

楽日って絶対、スケーターたちも最後だと思って盛り上がるよね。大サービスだよね。

行きたいなあ・・・。悶々。

朝から時計ばっか気にして、ダンナや娘に「行きたいな」とつぶやいては、#スケオタ頭おかしい の反応をされて。

しまいにゃ、「自分のお金で行くなら好きにしたら」と見放され。

よかった。こんなときのためにヘソクリ貯めといて!(笑) ←いいのか;

そんなわけで12時過ぎ、「こんな豪華なメンバー、二度と拝めない。しかも地元だし」「今日行かんかったら一生後悔する」と勝手に屁理屈こねて、急いで着替えて手抜きメイクして、昼ご飯食べてないので空腹をなだめるための飴をバッグに放り込み、車を飛ばしてサンドーム福井へ。

開演20分前に着きました。当日券あってよかった。一番安い(といっても9000円)のA席を購入。
昨日と同じ南側。北側から見てみたかったな。まあいいか。
サンドーム福井特設リンク


前置き長い? いや、この葛藤を聞いてもらいたくて(笑)

開演前にトイレへ。男子トイレの一部が女子トイレになってる!
やっぱりな。最初からこうすればよかったんだよ。

席はうんと端っこ。ステージの前半分しか見えないが、スケーターを見に来たのでいいや。
やっぱこの席も暑い。ひっきりなしに汗を拭く。

13:00を少し過ぎて開演です。

オープニングはエキストラの男女が中央で群舞。
リンクの上にライトで幾何学模様が描かれている。
上から全体を見るのも結構いいな。


第一部
(1)アルツール・ガチンスキー
ちょっと調子悪いみたいで、ジャンプをことごとく失敗。本人も残念だろうな。
昨日、誰かがツイッターで「アルペンでガチンスキーを見た」とのこと。
アルペンというのはサンドームから少し行ったところの国道8号線沿いにあるスポーツショップ。
何か欲しいものがあったんだろうか。
そういや昨日の帰り、8号線に直で出るのは混んでいるので、逆側に出て、サンドームの裏をぐるりと回ってケーズデンキの交差点から8号線に出たんだけど(このルートの方がスムーズに出られます)、サンドームの裏を通ったら、関係者以外立ち入り禁止のところを外人さんたちが歩いてた。たぶん、エキストラの人じゃないかなと思ったんだけど。いやそれだけだけど(笑)


(2)村上佳菜子
濃い青の衣装でボーカルのないピアノ曲。ジャンプもスピンもステップも完璧にこなして、これはスタオベだと思ってたら、最後の方のジャンプで派手に大コケしてしまった。仰向けになって片足を天井に挙げたまま、しばらく固まってた。本人もあまりのことにショックで動けなかったのかも。
でも、そんなのも佳菜ちゃんらしいっちゃらしいので微笑ましい。

(3)羽生結弦
FS「ノートルダム・ド・パリ」、まさかのフルバージョン!!
衣装は昨日書いたとおり、ツィゴイネみたいな感じで白から赤のグラデーション。袖はアシンメトリーなのか、左だけひらひら広がってたみたい。
曲調は途中でドーン! とドラマティックな感じのに変わる。4Tも4Sも決めてた。昨日より気持ちが入ってずっといい感じ。
ビールマン(もうやらないと思ってた)やレイバックイナを入れてくれたし、コンビネーションジャンプの後の方で両手タノ入れてくれた。
後半になってもこれでもかとジャンプ連発。スピンがあり、これで終わるのかと思いきやさらにジャンプ。鬼プロだ。
ちょっとミスもあったけど、良かったのでスタオベした。
このプロはいいかもしんない! 合ってるかもしんない。そんな予感がする。
でも、私の大好きなツイズルがないのが寂しい。
ゆづ、北側に向かってゴメンナサイしてた(ジャンプミスったから)。

(4)ゲブ・マニキャン
ブレイクダンス。昨日の昼は南側のプレミア席に向かって筋肉を動かす(?)動きを見せてたけど、今日は北側だった。

(5)町田樹
冒頭で女性の民謡調の歌声が一節入る。テクノポップな筝曲から、ピーとかプーとかの電子音が入る、やはりテクノな曲。曲はあんまり好みじゃないけど、演技はとてもよかった。

(5)ブライアン・ジュベール
マントをまとい、その下にはグラディエイター風衣装。冒頭でリンクに落ちている何かを拾って見つめる演技。コンタクトレンズ? ←すみません;しょーもないこと言いました。
途中でマントを脱ぎ捨てる。
剣戟のあと、胸に剣が刺さって「うっ」となったり、ストーリー性のある展開。

(6)オレクシイ・ポーリシュク & ウラジミール・ベセディン
アクロバット・デュオ。観客の度肝を抜いてた。

(7)フィリップ・キャンデロロ
ダルタニアン。カッコ良かったなあ。また客席入ってサービスしてた(笑)
往年のプロをYoutubeで探して見てみようと思った。
ちなみにロビーでは直筆サイン入りDVDを売ってた。お金に余裕があったら絶対買ってたよ。

(8)マリナ・アニシナ & グウェンダル・ペイゼラ
アイスダンス。クリスタル・ケイの生歌で踊る。女性が男性を抱きかかえてリフトするという珍しい技も。

(9)ジョニー・ウィアー
震災に遭った日本のための「ノクターン」byショパン
すてきだった。感無量。

(10)荒川静香
スケーティング技術がすばらしいと素人でも思った。しっとりと大人の魅力。

(11)ステファン・ランビエール
全身ワインレッドの衣装で、クラシックのヴァイオリンの音色に合わせて。
場内のあちこちでスイス国旗が揺れる。

(12)安藤美姫
クリスタル・ケイの「恋に落ちたら」に合わせて、上は白と黄緑、下は黒スパッツで滑る。    
ジャンプとか安定してるなあ。まだコーチが決まってないみたいだけど、すぐに競技に復帰できそう。

20分間の休憩
ロビーに出て、ゆづあてスタンド花の前でファンクラブの方々と少しお話する。
アイスリンク仙台応援グッズ販売のコーナーも覗く。
ゆづの直筆サインとメッセージがあった。
仙台アイスリンク応援


第二部
(1)羽生結弦
製氷機でつるつるになったきれいなリンクで滑るトップバッターがゆづで嬉しいな。
シンガーソングライター指田郁也の弾き語り「bird」
A席からはピアノしか見えない(^^;)
すごく響くいい声なんだけど、曲もいい感じなんだけど、どうもこっちの体がアイスショー観戦モードに入っているため、目の前のリンクが空っぽで歌だけを聴いているってのが、もったいなくてしょうがない。群舞でもやってくれたらいいのに。

さて、いよいよ次の曲「花になれ」でゆづ登場。
衣装は上の右半分が水色で左半分が白で、白い方の肩から背中にかけてピンクの花びらが散ってるのが見えた。曲のイメージに合わせて衣装を作ったんだろうか。このあとは着ないんだろうか。
今回はちょっとミスがあったけど、歌詞の世界を体中で表現しているプロでいいなと思った。
前を向いて凛として生きて行こうというメッセージを感じさせる。
終わったら指田郁也がステージから降りてきて、ゆづと並んでお辞儀。ゆづよりちっちゃくて意外だった。

(2)鈴木明子
「キル・ビル」。ちょこちょこミスもあったけど、このプロはあっこちゃんに合ってるような気がする。競技会で見るのが楽しみだ。

(3)織田信成
客席から「織田くーん」と次々に声が飛んだ。
「ニューヨーク・ニューヨーク」
自然と手拍子が起こる。両手タノもあったかな。これも磨き抜かれていくのを見るのが楽しみなプロ。

(4)オレクシイ・ポーリシュク & ウラジミール・ベセディン
アクロバットのデュオ再び登場。途中でスケート靴の上に黄色い足ビレをくっつけて、海の中で遊泳しているような演技に。ちっちゃい方の人が仰向けで寝て、背中つけたままくるくると速く回るのがすごかった。

(5)フィリップ・キャンデロロ
「サタディ・ナイトフィーバー」とか、70年代のポップスの曲を3曲ほど。途中で上着脱ぎ捨ててアピール。盛り上げ方がうまい。今回も客席の女性とチークダンスやってた。
今日は二つのプロともジャンプの成功率高かった。
退場の際に入退場口に一番近いプレミア席の女性としっかり抱き合ってた。いいな~(笑)
そのまま、その女性が掲げてたバナーを持って行こうとするので、女性が返して~と両手差し出して返してもらってた(笑)

(6)マリナ・アニシナ & グウェンダル・ペイゼラ
闘牛士とフラメンコ・ダンサー。昨日も見たけどやっぱりかっこよくて痺れる。

(7)ジョニー・ウィアー
マントを着て現れる。ロックなナンバー。fire!!
最後の決めポーズまで目が離せない。見終わってなぜかうるっときた。この人を今後見つめて行こうと決心した+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

(8)アレクサンダー・チェスナ & エカテリーナ・チェスナ
エアリアル。これは昨日より今日の席の方が全景が見られてよかった。男性が腕に巻きつけた布が後ろにたなびいて、まるで天使の羽根のように見える。空中に二人が舞い上がるたびに観客から驚嘆の声が。

(9)ブライアン・ジュベール
クリスタル・ケイの歌う「Superman」とのコラボ。ジュベの衣装は黒っぽい上下に襟元や袖口に赤いレースかフリルのようなものがあしらわれている。曲が始まる前にステージ前に立って、手拍子をアピール。

(10)安藤美姫
タイスの瞑想曲をしっとりと。ミスがないのがすごいと思う。

(11)ステファン・ランビエール
冒頭、パンツのポケットに両手を突っ込んで滑る。スケーティング技術のうまさが光るステップ。途中で女性の声と立ち去るヒールのコツコツいう音、雑踏のざわめきが入る。そのあと、苦悩を表すような曲が入って・・・(あと忘れた;)。映画の一シーンを見るような感じ。

(12)荒川静香
滑らかなスケーティング。派手なジャンプがなくても魅せる。代名詞のレイバックイナバウアーもあり、観客も大きな拍手。

フィナーレはクリスタルケイ歌う曲に合わせ、みんなで踊る。観客はほとんどの人が立って手拍子。
スケーター一人ずつ出てきて技を披露。
楽日だけあって、フィナーレ長かった。

ゆづ、リンクに上がる前に一人だけブレードにカバーつけたままで、それに気づいて無造作にリンク入口脇にポイポイッと投げた。拾いに行きてぇぇぇ;(*´д`*)〜з

途中でいつの間にか白Tシャツ1枚になってた。暑かったのかな。佳菜ちゃんもインタビューで暑いって言ってたし。

南側角で4S(4Tかも)-3Aを決めてみせた! すごいわこの子。
高さもキレも超絶美技だった。
あれは他の男子スケーター、心穏やかではいられんのじゃないか。

ゆづとガチンスキーとが佳菜ちゃんの両脇から彼女を支えて足だけ浮かせるリフト。
反対側でも誰かが同じようにやってた。

ロロ様がうさぎ跳びでリンクを横切り、勢い余って北側のプレミア席に突っ込んで倒れて、お客さんたちに助け起こされてた。これもサービスか?(笑)

ゆづ、町田、織田の3人がそろって中央へ。
何するのかと思ったら、なんとロロ様の「うさぎ跳び」を3人でやってみせた。
うわ~(笑)
ゆづは器用だなあ。なんでもやれちゃうのね。

すると、今度はロロ様を先頭に全員がそのあとに続いて滑り出し・・・なんと! 全員でリンクを回りながら次々に「うさぎ跳び」を~!!(笑)
壮観な眺めだった。
うまくできてない人もいたけど、あの動きって鬼みたいな筋力がいるのかな?

最後にリンク奥から前へ向かって横一列に並んだスケーターたちが正面の観客に向かってアピール。

ちょっと前後してるかもしれない。記憶があやふやなので。

そんなわけでフィナーレも終わり、スケーターたちが退場。
ロビーの花をもう一度見て帰った。外国人スケーターたちが、花につけられたメッセージボードに「あいしてます」と日本語でメッセージを書き込んでいた。
ゆづは時間に余裕がなかったらしく、サインはなし。残念だな~。
この花、どうするんだろうね。

入り口近くの花のところで、60代くらいの女性が手にいっぱい百合を束ねてた。
えっ、まさか引っこ抜いたの? お持ち帰りするの? 自分で贈った花なの?
よくわからん光景でした。(・_・;

祭りの後のサンドーム福井。
サンドーム福井9月2日


駐車場から出て、サンドームの裏を回って帰ろうとしたら、出待ちのファンが何人かいた。
よっぽど車をどこかに置いて、私も待とうかと思ったけど、「は~終わった~」と疲れて出てきたところでまたファンに愛想ふりまかなくちゃいけないってのも気の毒だなあと思ってやめた。

帰って、予約録画しといた福井テレビのローカルニュースをチェックしたけど、昨日は昼の部が終わったとたんにやってたのに(そりゃ、チケを売らなくちゃだから)、今日は楽日だからもうやらないのかな。
とりあえず明日までチェックしてみる。

座席はやはり空きが目立った。黒い布がかけてあるブロックがあるって前回書いたけど、ブロック番号が書かれた紙が前に貼ってあったので、やはりあれはそれだけ売れ残ったってことなんだな。
福井は関東から来るには不便なので、どうしてもそうなるのかな。
でもこれで福井開催がなくなっちゃうと困る。
田舎にも、いや田舎だからこそ、こういうイベントをやってほしい。

福井テレビはテレビで放送してほしいな。権利関係とかギャラとか大変なんだろうか。
スポンサーサイト
[ 2012/09/02 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する