2014 081234567891011121314151617181920212223242526272829302014 10

今、思うこと

あの記事にあんなに反響があるとは思いませんでした。

ゆづファンだけでなく、同じような目に遭ってきた他選手のファンからも、共感と応援コメントをいただきました。

選手へのバッシング行為は、それほどファンの心を深く傷つけるものなのだと思いました。


記事を書いた時、最初は先輩選手の名前を出さずに書こうとしました。

しかし、ゆづが直接攻撃を受けていることを示す証拠として、産経新聞の記事だけはどうしても引用しなければならず、そこにはっきりと名前が出てしまっている以上、本文で隠すことにあまり意味があるとは思えませんでした。

「あの選手のファンは嫌い」と一括りにしてしまったのは、褒められたことではなかったと思っています。

震災アクセサリー騒動の際、「○○選手のファン」と十把一からげにすることに批判が出ていたので、こういうことを書けば間違いなく非難を浴びるだろうとわかっていました。

書く寸前に手が止まりましたが、結局書いてしまいました。

今感じていることをすべて吐き出さなくては、いつまでも胸の中にくすぶっているものが消えない、この記事を書く意味がないと思ったからです。


たくさんの方からいだだいたコメントの中に、高橋選手のファンであるMさんからのコメントもありました。悪質な人たちにご自分のメッセージが伝わることを希望されていたので、ここに全文引用します。

----------
突然、失礼いたします。

れんかさん、はじめまして。
ツイッターでこちらのブログを知り数日迷ったのですがはじめてコメントさせていただきます。

私は高橋大輔さんのファンです。
もともとフィギュアスケートが好きでずっとライトファンでした。
全ての選手を応援していますが特に高橋選手を応援しております。

高橋選手がきっかけでツイッターもはじめました。
最初は何もわからず高橋選手のファンのかたをフォローしていましたが
羽生選手への誹謗中傷があまりにも多く、
アスリートである羽生選手に、そして日本代表として国に金メダルをもたらしてくれた彼になんでそんなことが言えるのかととても悲しかったと同時に、
私は高橋選手のファンなので高橋選手を絶賛したそのすぐ後に、高橋選手のアイコンで(もちろんそれ以外の方もいますが)他の選手への悪口をいうことがどういうことか…、それは叩かれた選手本人、そしてその選手を応援するファンに失礼なことはもちろん、
自分が応援している高橋選手の首をしめていることに気付いてほしいということです。

実際、れんかさんのブログのコメント欄でも高橋選手本人が嫌いになりましたと書かれているのをみると本当に悲しくなります。


誹謗中傷も一部の方たちのみなのかなとも思い、他の選手への誹謗中傷をする人をみかけたらリムーブし、RTするときも、その方が他の選手を誹謗中傷されるかたじゃないのか過去発言を辿ったり、本当に神経を使っていました。

このかたは誹謗中傷をしない方だなと思っても
しばらくすると直接的ではないにせよ、羽生選手の活躍や露出があると面白くないんだろうなと思わせるつぶやきをみることもあり本当にがっかりしたり。


ただリムーブしてもどんな事を言っているのか見に行くようになってしまい
同じ選手のファンとして他の選手をさげるのはやめてください!と何度も言いたいと思い書いては消し、書いては消しを繰り返していました。

それらしきことをエアリプのつもりでつぶやいてみたらその結果きづいたら悪質ではないと思っていた方からブロックされていたり…その間も嫌みや誹謗中傷はとまらずもう悲しくて心が痛くて本当に悩みました。

ブロックされたことが悲しいのではなく、このままでは高橋大輔選手のファンはみんな他サゲをしていてその原因をつくるのは高橋選手だ!となってしまうんじゃないか、それが本当に辛かったのです。

どうしても辛くてもうツイッターもやめようと思うのですが、でもやっぱり、どうにかできないことかと毎日、かなりの時間を費やしてツイッターをみては悩みを繰り返していました。

結局何もできず震災をアクセサリー~という発言からおこった騒動もただただ毎日見ているしかできませんでした。
同じファンの人の助言ならきくのでは?と何度も思い悩みましたが集団は大きく、毎日毎日みる誹謗中傷でどんどん心は弱りどうしても勇気がでませんでした。

でも同じ選手を応援するファンの方があんな発言そしてその後も(そのまわりの方も含め)全く反省していないように見えることにいまだに憤りを感じております。

私以上にれんかさんはじめ羽生選手のファンの方達はお辛かった事と思います、本当になにもできず申し訳ありませんでした。

ツイッターをしていてご縁があり羽生選手のファンの方と相互でフォローさせていただいており、
その方から羽生選手の好きなところのお話をきかせていただいたり、私も高橋選手の好きなところを聞いていただいたり。
お互いあ~そんな魅力があるんだな~と発見できたり。

なので高橋ファンが羽生選手の悪口を言っているのをみると自然と羽生選手ファンのフォロワーさんの事も浮かぶようになり本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

ただ高橋選手を応援する方のなかにも他サゲは聞きたくない、全ての選手を応援している、そしてあの騒動のときも私はできませんでしたが直接悪質な人にリプはできずとも
心をいためている高橋ファンのフォロワーさんがいたことも知っています。

ツイッターをしなければよかったと何度も思いましたが同じ気持ちの方もいると知れた事は本当に嬉しかったです。

ご理解はいただいていると思いますが全員が高橋ファン全員が悪意を持っているわけではないことだけは知ってほしいと思います。

もちろん、私は高橋選手のファンなのでこの先、羽生選手に限らず他の選手と高橋選手が競技会にでるとしたら、
私は一番に高橋選手の応援をすると思います。

それはどの選手のファンもそうであると思いますが、
高橋大輔のファンです!とご本人にも、他の選手にも、
他の選手を応援するファンの方にも胸をはって言える、
恥ずかしくないファンでありたいので
私もれんかさんと同じく全てのスケーターにスケートファンとして拍手をおくりたいと思っております。


スケートファンは誰を応援していても本来お互いの気持ちがとてもわかるはずと思っているんです。
れんかさんは羽生選手、私は高橋選手、対象の選手が違っても頑張ってほしい、好き!と思う気持ちはきっと同じはずだと思うのです。

それを悪質と呼ばれる彼女たちにも理解してほしいです。
高橋選手と同じように羽生選手も努力をしている、
高橋ファンと同様、羽生ファンも選手を心から大切に思っているということを。


また、今回のブログ、書くにはたくさんの勇気と覚悟がいったと思います。
れんかさんがご紹介してくださった

「ファンが選手を守れるなんて思ってはいけない。ファンができるのは応援することだけ」

という言葉がとても胸に響きました、その通りですよね。
自戒もこめて私も常にこの言葉を忘れないようにしていきたいです。



ずっともやもやとして今現在もそれは続いておりますが
自分の気持ちを改めて整理するきっかけを与えて頂きました。
ありがとうございます。


もしこのコメントを高橋選手の悪質とよばれるファンの方がみていたら少しでも理解いただけたらと思っております。
自分たちのしていることは他の選手にも失礼と共に高橋選手の悪いイメージしかうまないことを。


これからもスケート界が盛り上がっていくこと、同じスケートが好きなファン同士が憎しみ合わない事、
そして一番は選手たちに悪影響が無い事を願っています。


なかなか気持ちがまとまらず、長々と失礼いたしました。

----------


読んでいるうちに涙が出てきて、ささくれだった心が凪いでいくのを感じました。
ああ、私は彼のファンに、ずっとこういう言葉をかけてもらいたかったんだと思いました。

Mさん、ありがとうございます。

この方のような良心的なファンまで一括りにして高橋ファンとして非難してしまったことをお詫びします。申し訳ありませんでした。


ですが、これで完全に偏見がなくなるかというと、今すぐには無理だと思うのです。
残念ながら、人間の心はそんなに簡単に切り替わるものではありません。
2年以上にもわたって刻み付けられた負の感情は、そう容易くは消えないでしょう。

やっぱり高橋ファンなんて、と怒る日もあると思います。
でも、そうやって何度でも揺り戻しをしながら、少しずつ自分の気持ちがいい方向へ変わっていけたらと思っています。



私はファン同士の対立を煽りたいわけではありません。
できるならば、この方が言われるように、スケートファンみんなで和気あいあいとすべての選手を応援したい。

もちろん、好きな選手には特別心のこもった応援を。
そしてライバル選手にも温かい応援を。



ちょっと前から、私はフィギュアスケートの技術とルールの勉強をしています。
好きな選手の演技を深く味わいたいから。そして、正しく評価したいから。

正しい知識を身に着けることは、競技や選手を貶める陰謀論に染まらないことにつながります。
それが一番の応援になると、そう信じています。



***

読んでくださってありがとうございました。
これでこの話は終わりにしたいと思います。

「あの騒動に思うこと」とこの記事へのコメントは、今後ご遠慮ください。
よろしくお願いします。


今度こそ、前へ進もうと思います。
スポンサーサイト
[ 2014/09/22 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(29)