2012 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和みゆづ

28日、羽生結弦が地元仙台のTV番組、「てれまさむね」の出演を体調不良によりキャンセルしたとのニュースが。

いいよね? 楽しみにしてたファンの皆さん。
今はゆっくり休んでほしいもんね。

お家でご家族とのんびり楽しいお正月を迎えてほしいです(*^_^*)

一昨日だったか、NHKで今年のスポーツを振り返る番組をやってて、娘に夕食後のお茶をいれながらチラッと見たら、ちょうど花になれ衣裳のゆづが映った。

おお~、ゆづだ。NHK杯? 全日本?
録画してないけど、ほんのちょっとだけだしいいか。

と考えながら、ソファに移動した娘に向かって、

「ゆづ、お茶いれたよ」

と思わず言ってしまい、

「うわ~Σ(゚ロ゚;) 自分の子とか思ってるの!? うわ~、ないわ~∑((((((゚д゚;ノ)ノ」

と、ドン引きされました( ゚∀゚)アハハハハハ


そうだね。

ゆづに対しては、

優れたアスリートに対する尊敬と憧れ+カッコかわいさへの萌え+うちの末っ子(ゆづのお母様ごめんなさい)

という感情が複雑に絡み合・・・って聞けや(゚Д゚)ゴルァ!! ( ̄- ̄) シーン…

好きな音楽やマンガ、アニメは結構かぶるんだけど、フィギュアに関しては娘は相変わらず興味ないみたいで寂し~(⊃д`)


まあ、この全日本での出来事は、私にとって、ファンとはどうあるべきか? みたいなことを考えさせてくれる機会になりましたよ。

応援は力になる。
でも、時としてその熱情が重圧にもなっちゃうよね。

私はゆづファンのコミュニティーに入ってて、お金出し合ってお花贈ったりバナー作ったり応援メッセージ贈ったりしてるんだけど、飽くまで相手はアスリート、その前に高校生ということを事あるごとに思い起こさなあかんなあと思った。

応援してるつもりが自己満足の押しつけにならないように。ゆづの負担にならないように。


では最後に、いろんなブログやツイッターで話題になってたゆづの和む動画を貼っておきます。

指田郁也さんとの「花になれ」舞台裏話。



年齢差あるけど仲良しなんだね~。
「花になれ」はゆづが選曲したんだね。
ゆづって指田さんのブログ、めっちゃ読んでるんだね。

二人でEXの練習してるところまで入ってるのが貴重。ゆづの動きキレキレだな。そして指田さんのアカペラきれい。


次はこれ。



ちっちゃい男の子のファンがゆづにおめでとうを。舌っ足らずなのがまたかわいくてたまらんo(≧▽≦)o
ゆづも相好を崩して応える。

これ見ると、アイスリンク仙台が復活して再びリンクを訪れたゆづの元に、ちっちゃい女の子が「おにいちゃ~ん」と駆け寄ってきて、ゆづが「元気だった?」って抱きしめた、あのシーンを思い出す。

「元気だった?」

同じように災禍を乗り越えた小さき人への、万感こもったあの声のやさしさ、温かさ。


海外のインタビュー記事にこんなことが書かれてあった。

震災が起きたとき、アイスリンク仙台でまさに練習中だったゆづは、建物の下敷きになって死ぬことを覚悟したという。

たった16で死ぬなんて、俺の人生、短かったな。

そんなことを考えていたという。

死を覚悟するほどの恐怖というのを、私は幸いにして体験したことはない。
想像を絶するとは、まさにこのことを言うのだろう。

そんな思いを乗り越えて、波乱万丈のこの1年9ヶ月を走って走って走りぬいて、ゆづの今がある。
スポンサーサイト
[ 2012/12/29 ] フィギュアスケート雑感 | TB(-) | CM(6)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。