2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

滋賀限定タボくんストラップ

名神高速下り線の賤ヶ岳SAで発見。

滋賀限定タボくん&キティちゃんストラップ。
525円ナリ。

全体像はこちら。
滋賀限定タボくんストラップその1

アップ。
滋賀限定タボくんストラップその2

何の魚を抱いてるのかな?

帰り、多賀SAまで2kmの地点で事故処理してた。
茶色い物体があって、イノシシが轢かれてるのかと思えば立派な角の鹿だった。
びっくりした。
かわいそうに…(⊃д`)
スポンサーサイト
[ 2011/09/25 ] 西川貴教 | TB(-) | CM(0)

野洲なう

三上山(近江富士)
滋賀県野洲市のシンボル、三上山(近江富士)。
あまりにきれいだったのでパチリ☆
この山を見ると、雄大な気分に浸れる。帰って来たなあって思う。

滋賀フリーペーパー貴教の表紙
母が取っといてくれた貴教が表紙の滋賀のフリーペーパー。

イナズマロックカレー
弟が買っといてくれたイナズマロックカレー(レトルト)。
滋賀県産の食材を使っているらしい。

今日は京都の友達んちへ遊びに行った。
母に借りたICOCAカードに驚き、きれいになった車両に感心し、耳になじみのない駅名を聞いては異邦人の気分を味わう。

山科駅近辺もずいぶん変わったな。
昔の面影がない。

滋賀を離れて二十数年。
関西弁も怪しくなり、かといって福井になじんだわけでもなく。
いつまで経っても宙ぶらりんのまま。

明日は祖母の家に行く予定。
[ 2011/09/23 ] 西川貴教 | TB(-) | CM(0)

今年のイナズマ成功祈願

イナズマロックフェスの日に家にいるってヘンな感じ。

昨日は雨だったみたいだけど、今日はなんとか天気も持ち直したようで、みんな楽しんできてね~。

今年参戦しなかったのは、やはり7月に貴教のライブ行ったんで満たされてたのと、出演者に特別好きな人が出てないから。それと大学生になった娘とスケジュールが合わないから。

UVERは毎年出ると思ったんだけど…滋賀出身だし…そういう固定出演者は作らないのかな。
娘はFLOWやAqua Timezが出るなら行ってもよかったかなと言っている。

サプライズでBUMPが出るとかなら、何が何でも行っただろうけど…。
それより今年末から始まるBUMPのツアーチケット取るのに必死な移り気な私であった。許せ貴教。

今日の「新・堂本兄弟」には芸人さんたちが出るようで。
読売新聞のラテ欄の「試写室」で記者さんが、「渡辺直美のダメ女ぶりに関するトークなどは下品に過ぎる」と苦言を呈していた。

こういうところが私がバラエティを嫌いな理由なんだよな。
今やってるバラエティって、出演者だけが楽しんでて、くだらんことをワイワイやって盛り上がってるだけってのが多い気がする。

「新・堂本兄弟」でも、期待した貴教のトークもさほど切れ味のいいものは少なく…まあああいう立ち位置だったら絡むの難しいのかもしれんけど。もうちょっとメインの立場ならね。

AKB48の高橋みなみは面白い子だけども、やっぱり若いから考えが足りないというか、女子トイレの不可解な場所に落ちているウンコの話なんて、やり過ぎでドン引きだった。

客席の女性は「あるある~」なんてノリだったけど、みんな自分はそういうことしないから第三者の立場で面白がれると思ってるの?

女子トイレの事情を男性の前で暴露する神経が私には理解できんけどな。

同じ女性を売る行為というか、内幕を暴露してどーすんだって感じ。
きっとあれ聞いた男性は「女って着飾って化粧して澄ました顔してても、隠れて何やってるかわからんな」って思ってると思うよ。
つまりはすべての女性があらぬ疑いをかけられるってことだ。
そこらあたり、言っていいことと悪いことの区別がつかんのはほんとガキっていうか。

まあもうどうでもいいけど。そういうのがテレビのノリなんでしょ。だからテレビ離れが進むんだよ。

最後の歌の場面で、貴教はずっと出てなくて、どうしてなんだろうと思ってたら最近はコーラスで参加するようになったよね。どういう事情なんだろう?

槇原敬之もコーラス参加って、時としてボーカルよりコーラスの方がうまかったりするよね。
ああもったいない。
[ 2011/09/18 ] 西川貴教 | TB(-) | CM(0)

知らなかった

T.M.Rのライブから一週間。

福井市文化会館の入り口を入ったときに渡されたいろんな印刷物、鞄に入らなかったので娘の鞄に入れてもらってて忘れてた。

それをもらって見ていたら、FC入会申込書とかミュージカルのチラシとか写真集の宣伝とかの中にこんなのがあった。

ライブのチラシ

ギターの柴崎浩とドラムの長谷川浩二が永井敏己という人と組んで、翌日に福井でライブやってたんだね~。

HALL BEEというのはJR福井駅前にある(確か北陸銀行の横の路地を入ったところだったか)、小さなライブハウスで、息子が以前、バンド仲間とライブをやったので、娘とこっそり見に行ったことがある。穴倉みたいな小さなライブハウスだ。楽屋は2階だったかな。

行った人いるのかな~。ファンの人ならたまらんだろうな。めっちゃ近いし、終わったらサインと握手会なんて。


今、テレビで八幡商と山梨学院の試合を見てます。貴教も注目してるみたいで、ツイッターでつぶやいてた。
がんばれ八商。7回裏で8-1で勝ってる。このまま行ってくれ~。

明日は福井商の試合がある。こっちも勝ってほしいな~。
[ 2011/08/07 ] 西川貴教 | TB(-) | CM(0)

T.M.R. LIVE REVOLUTION'11 -CLOUD NINE in 福井

これからツアーに参加する人は予習しない方がいいですよ。知っちゃうと楽しみ半減するから。
ってことで、すでに他の地方のに参加して、福井はどんなんだったのかな~って人向けにレポを。

7月31日(日)福井市文化会館 
16:30開場 17:00開演 19:30終了予定(実際は20:00前くらい?)

入り口入って正面にグッズ売り場、向かって左にFC入会・継続コーナー、右にSTAND UP JAPANの募金コーナー、入り口入って左にCD売り場。

グッズ売り場は数十人行列ができてる。15分ほど並んで迷彩柄のタオルとカーキ色のTシャツを買ってトイレで着替える。このTシャツ、袖ぐりとか襟ぐりとか裾に、ちっちゃい切り込みがいくつも入ってんのね。いいじゃない♪(最初見たときは不良品だと思った(^^;))

この時点で限定品のディズニーとコラボってるTシャツやワッペンは売り切れ。
売り場は5人の売り子さんがいるので、思ったよりさくさく進んだ。クレジット払いは一番奥。

座席は「け」列のほぼ真正面。こんなに前で見られるのは初めて。いっつも豆粒だもんな(しかもここ、貴教と目線がちょうど合う高さなのよ)。

16:55 「なんでturboコールやらないんだろう」「そろそろ始める?」と、周りでファンの人たちが相談してる。やがておなじみのturboコールが始まる。

前のツアーの時は出てくるのが遅かったけど、今回はすぐにバックのメンバー、続いて貴教が登場。会場は一気にヒートアップ。貴教コールが起こる。

節電仕様でセットは何もなく、バンドの機材のみ。あとはライトの変化のみ(そういやプラカップ投げもやらなかった。水を吹きかけて最後にそのプラカップ投げ入れのみ)。

派手なのがおなじみのT.M.Rがこの地味仕様。「蝶の鱗粉」的なものは衣装のみ。さすがだと思ったよ。それで充分というよりおつりがくるくらいすごいパフォーマンスを見せてくれるんだから、ほんとに貴教はステージに立つべく生まれた人だと思った。

衣装は全身黒で短パン、絶対領域は網タイツ(?)、編み上げブーツ。下半身に短パンを後ろから半分覆うスカートみたいなのをまとってる(ステージが進むにつれて上半身だけ脱いでいき、肩や背中があらわになる。相変わらずまぶしいくらいの白い肌)。

しょっぱなは「Save The One,Save The All」

なんだろう…この曲、パッとしないなと思ってCD買わなかったんだけど、こうやって生で聴くとめっちゃいい。

立て続けにノリのいい曲が続く。

セットリストは「幸せ☆いちご・・・レポ!」さんをご覧ください(注:「SWORD SUMMIT」の後に「FLAGS」が入ります。福井オンリーの曲は私のレポの最後に赤い文字で書いています)。

私は「CLOUD NINE」では「Fortune Maker」が一番好き。

ひと段落ついて長いMC。柴崎さんがアコギでアルペジオ。貴教が私たちに座ってと言い、自らも座る。

以下、貴教のMC(うろ覚えなんで、しゃべった順番はこのとおりじゃないかも)。

昨日、大きな地震があり、東京でも震度3とか4とかで長く揺れて、ライブできないんじゃないかとすごく心配だった。

今日は祭りがあるって聞いたんで、早めに切り上げて祭りを楽しもうかなと…(え~っの声に)一緒に行くんやんか、皆で(みんな大喜び)。
できるわけないやろ(と、いなし、)。そのかわり思い切りライブを楽しもうぜと宣言。

いきなり、祭りの花火の代わりにSUNAOさんの乳首を見せますとSUNAOさんにムチャぶり(笑) いつもこうやっていじられてんだろうな~。

福井に来るのは15年間の間で5回目。今までの会場はフェニックスプラザだったり福井市民会館だったり武生だったり。
この福井市文化会館は2年前にも来たけど、めっちゃ舞台裏が狭い。大きなセットは入らないくらい。

福井って一応空港あるねんな。福井空港。でも機能してないんやな(笑)
しょうがないんで小松空港(石川県)から車で来た。

途中、蕎麦を食べた。福井の蕎麦は全国に出荷されてて、一番食べられてる。
(へえ~っという客の声に)知らんかったんかい。なんでオレが教えなあかんねん。

(柴崎さんに向かって)蕎麦食べてないやん。「うんうん」ってうなずいてるけど。

(柴崎さんいわく、「蕎麦食べたねっていう同意の意味の『うん』」。実は柴崎さんは羽田に2時間前に着いちゃって、時間が余ったので御飯お代わりしたそうな。それで蕎麦につきあう余裕もないくらい、おなかいっぱいだったそうです)

大根おろしの辛味がきいた、おろし蕎麦がおいしいよね。

福井にほかに何かある? ソースカツ丼? ソースと御飯は別々に食べたい。御飯はきれいなままで。カツにつけるのはソースとマヨネーズを混ぜたもので。

途中、踏切にさしかかったんやけど、電車が一両しかなくてびっくりした。海沿いとかやったら一両の電車って風情があっていいけど、ここ、ギリ市街やで?

そんで、テレビ見てたら久々にすごいもの見た。止まってるCM!(爆笑が起こる) マリモメガネ? こんなふうに(と、無表情で斜に構えて立つ)、メガネかけた人が立ってんねん。

福井は母方のじいさんとばあさんの故郷で…(ここで通路を隔てて私の斜め左前の女性が「ええっ」と驚いた声を上げたら、それがものすごく響いてしまって、「マスオさんか」とマスオさんのポーズつきでさんざんいじられていた)。

子供のころ、よく福井のばあちゃん(じいちゃん?)の実家に遊びに行った。原発があって砂浜が広がってる、水晶浜っていうの? そこで泳いだり。

家の前の川に沢蟹がいたりとか、自然がいっぱいやった。畳が持ち上がってくるから何やと思ったら竹が生えてきてたり。
五右衛門風呂って知ってる? 釜になってて、火で直接焚くから底が熱くなるんで木の板を沈めるの。妹が板の下につるんと滑って入り込んでしもて溺れたり。

ばあちゃんの家は牛を飼ってて、酪農やってて、餌にとうもろこしがいっぱい積んであって、あるとき、子牛にトウモロコシをやってたら、ちゅっと指先を吸われてん。
子供やからおっぱいみたいに思って吸ってんのかなと思ったら、さらにちゅっと(手首を指す)吸われて、ちゅっ、ちゅっ、ちゅっと(だんだんに肩の方へと)ここまで吸い込まれて(と、腕の付け根を指す)、動かれへんから、「おじいちゃーん!!」って叫んだことがある。

(というような思い出話をしている途中、突然振り返って、ドラムの長谷川さんに向かって、「僕の思い出話、つまらないですか?」、他のメンバーにも「じいさんの話とか、おもしろくないですか?」と絡みだす。さんざん絡んだあとで正面を向いて、「もうちょっとします」と開き直って言うのでワロタ)

MCが終わり、座ったままで「Reload」。ベースのIKUOさんが手に小さな楽器を持って鳴らしながらハモってたんでびっくりした。いい声してるやん。

数曲のバラードの後、舞台が暗くなって曲調が変わる雰囲気に、私たちは椅子に鞄を置いて立ち上がる。
ここからまたノリノリの曲が続く。
「SWORD SUMMIT」で最高潮。

「Thousands Morning Refrain」
最後、長く長く長く、これでもかって声を伸ばしてた。よくそんだけ息が続くな~。

もうね、この曲だけじゃなく、高い声低い声、ありとあらゆる声を出して歌ってくれて、西川貴教の歌唱力、表現力を堪能できました。ごっつあんです。

どの曲でだったか、ギターを無心で引いてるSUNAOさんの服を両手ではだけて、思い切り乳首を見せてた。今に吸いつくんじゃないかと気が気じゃなかったけど、そうか歌ってるからそれはできんなと変なところで安心したり…(笑)

そのあと、自分の乳首を両方とも見せて大サービスしてはりました(笑)


いったん引っ込む貴教&メンバー。

turboコールをしつつ、タオルで流れる汗を拭き(化粧はすべて落ちている)、水分補給してアンコールに備える我ら。

すぐに着替えた貴教とメンバーが出てくる。あっ、貴教は黒い方のTシャツだ。こっちにしとけばよかったかな。

初めての人~と聞かれて、結構な数のお客さんが手を挙げる。うれしい。固定ファンばかりかと思いきや、新規顧客開拓できてるやん。

十代~と聞かれて娘がうれしそうに手を挙げる。いいわなおまえはよう(T_T)

次は友達十人連れてこいと貴教に命じられる(笑)

二十代~、三十代~と順番に聞いていかれる。やだな~(笑)
自分の番の時は思い切り手を挙げたわ。やけくそで。

六十代以上と聞かれて手を挙げた人がいたのには驚いた。うれしかった。
私も体力の続く限り来るからね。

男性にも手を挙げさせてた。野郎率高っ。「97年の時からは想像もつかない」と貴教。

福井のお客さんは他の地方に比べておとなしいみたいだ。「MC始まる前にこんなん(と引きつった顔で体を硬直させて)なるのやめてもらえる? そんな緊張せんでもええからね」

アンコールの余興(笑)は、初めての人向けに古い曲を歌うというもの。それもボックスに入ったチケットの半券を貴教が引き、当たった席の人が違うボックスから曲名の書いてあるボールを引く。

2回やるけど、1回目の人が引いたボールはまた戻すので、同じ曲を2回続けてということもあるらしい。

「え~!?」という声に、「それはそれで盛り上がるもんやねん」と笑う貴教。

1回目ははるばる大野市(岐阜に近い)から来た女性が当たる。彼氏と二人で来たらしく、二人ともファンクラブ未加入(チケットの半券でわかった)。「ファンクラブ入ってる人、近くにいる~?」と貴教が聞き、周りにいるFC会員の子が嬉々として手を挙げると、ちゃんと入会コーナーに案内するようにと用命(笑)

彼氏とはつきあって何ヶ月? と聞き、3ヶ月との答に、勝手に彼女と彼氏の心情をあれこれ推測したあげく、「結婚しなさい!」

(´∀` )オマエモナー

彼女が引いたボールは「Web of Night」。やったー! 好きだあ~。と思ってたら私の好きな日本語ver.じゃなくて英語ver.だった。

続いて2回目。今度はファンクラブ仕様の半券。大阪から来たという女性が当たる。曲は「LOVE SAVER」。

どよめく場内。ライブの最後にこんなハードな曲が当たるとは…とほくそ笑む貴教。覚悟を決める私たち(笑)
おもいっきり跳んではねて両手を前へ前へと振り上げる。明日は仕事だけど、もうどうなってもいいや。


そしてオーラス。貴教が両手に持ったタオルを高く掲げる。この前奏は…「CHASE/THE THRILL」!

みんなでタオルをぶんぶん回す。ああっ、歌詞また覚えてない。私のバカ!

最後の最後、恒例のジャンプをするためにみんなでその場にしゃがむ。その状態で貴教のコールに片手を上げてレスポンスすると、なかなかの眺めだと喜ぶ貴教。

せーのでみんなでジャンプ!

メンバーと手をつなぎ、礼のあと、一足先にメンバー退場。

「貴教~!」「ありがとう」の声に送られて貴教が手を振り、投げキッスをしながら退場。

ロビーに出たら、何人もの人がずらっと並んでFC入会申し込みを書いてた。うれしかった。
グッズは黒のロングTシャツと携帯ストラップが売り切れてた。
SUJの募金箱にもちゃんと募金して帰ったよ。

私は貴教のことはミュージシャンとしてすごく好きだけど、男性としては別になんとも思ってなくて、親戚の子を見守るような、オカンのような気持ちで見てるんだけども、それでも昨夜の貴教はかっこよくて、キュートで、お茶目で、おもろくて、思わず惚れてしまいそうになった。

こんなかわいいオッサンがいていいのか!? もうじき41だというのに? ねえ?(笑)
[ 2011/08/01 ] 西川貴教 | TB(-) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。