2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FSSp パトリックの小技

前の記事でも扱ったFSSp(フライングシットスピン)、パトリック・チャン選手がとても面白い構成でやっています。


こちらをご覧ください。






動画の中の説明通り、レベル構成は

①難フライング(デスドロップ)-②シットフォワード+③8回転-④シットサイドウェイズ

なのですが、④のシットサイドウェイズでなんと! 同時にチェンジエッジをしているんですね。


私は最初これに気づかなくて、ツイッターでやよぷーさん(@yayopooh03)さんに教えていただきました。


ただ、パトリックはこれでレベルを獲っているわけではないのです。


なぜなら、テクニカルパネルハンドブックによると、チェンジエッジでレベルが獲れるのは、


シット姿勢の場合にはバック・インサイドからフォア・アウトサイドのみ


と断り書きがあり、これはバック・アウトサイドからフォア・インサイドという逆のパターンだからなのです。


こちらは、futaba(@futaba_82)さんに教えていただきました。


「スピンを楽しもう」シリーズの「チェンジエッジを見分けるコツ」の記事で、シットのチェンジエッジの断り書きについて、「あまり神経質に考える必要はないと思います(間違ったやり方でチェンジエッジする選手はまずいないので)」と書いてしまいましたが、こうして敢えてレベルの獲れないやり方を加点狙いの技巧として入れてくる選手がいるんですね。

う、うかつだったぜ(´;ω;`)


やよぷーさんさん、futabaさん、改めてありがとうございました。感謝感謝です\(^o^)/






スポンサーサイト
[ 2017/06/29 ] スピンを楽しもう | TB(-) | CM(0)

FSSpを見分けてみよう

ツイッターでやっていたスピンのレベルを見分けてみようシリーズのFSSp(フライングシットスピン)です。
途中で説明を変えたこともあり、そのままモーメントにまとめると初心者の方が混乱するかなと思って、こちらに書き直すことにしました。


いろんなパターンを問題編と解答編に分けて載せています。
問題編の下半分にこのようなヒントを表示させているので、どのレベル特徴を使ってレベルを取っているのか考えてみましょう。

FSSpレベル説明



回転数は無理に数えなくても、だいたいの感覚でOKです。



まずはヒントの中から、3つある難しいフライングの見分け方を知っておきましょう。

難フライングの種類
※バタフライの「どの姿勢でも使う」というのは、シットでもキャメルでもアップライトでも使うという意味です。

フライングシット



デスドロップ



バタフライ




ではさっそくレベル判定ゲームをやってみましょうか。

【問題編】を見て、画面下のヒントをもとに、どのレベル特徴を使ってレベルを4つ獲っているか当ててみてください。

そして、【解答編】の画面上部に使っているレベル特徴を載せていますので、これで答え合わせをしてみましょう。

カッコ内にはレベルを獲るための要件を書いていますが、詳しく知りたい人向けですので無理に覚える必要はありません。

ではスタート♪

【三原舞依 問題編】



【三原舞依 解答編】





【無良崇人 問題編】



【無良崇人 解答編】





【アシュリー・ワグナー 問題編】



【アシュリー・ワグナー 解答編】





【ネイサン・チェン 問題編】



【ネイサン・チェン 解答編】





【白岩優奈 問題編】



【白岩優奈 解答編】




【デニス・ヴァシリエフス 問題編】



【デニス・ヴァシリエフス 解答編】



どうでしたか?
同じレベル特徴を使っていても選手によって個性がありますね。
ヒントをもとにして、他の選手のFSSpについても見てみてください。



【おさらい】

どのレベル特徴を使っているか

難フライング
フライングシット→三原舞依、ネイサン・チェン、白岩優奈、デニス・ヴァシリエフス
デスドロップ→アシュリー・ワグナー
バタフライ→無良崇人

難バリエーション
シットフォワード→三原舞依、ネイサン・チェン、白岩優奈、アシュリー・ワグナー、無良崇人
シットサイドウェイズ→無良崇人、デニス・ヴァシリエフス
シットビハインド→三原舞依、白岩優奈、アシュリー・ワグナー、デニス・ヴァシリエフス
※アシュリーのシットフォワードはフリーレッグの先が横に出ていますが、前で交差しているのでフォワードと見なされます。
※白岩選手のシットフォワードは手でフリーレッグをつかむまでは難しい姿勢とは見なされず、よってチェンジエッジと同時にレベルを獲っていることになります。

8回転→無良崇人、アシュリー・ワグナー、ネイサン・チェン、デニス・ヴァシリエフス

チェンジエッジ→三原舞依、白岩優奈
※「エッジ変更前後に各2回転」というのは、かかと方向へ2回転→つま先方向へ2回転という意味です。
※エッジ変更の際にカクッと腰の位置が上がるのを目印にしてみてください。

スピン中の同じ足でのジャンプ→ネイサン・チェン



[ 2017/06/27 ] スピンを楽しもう | TB(-) | CM(2)

レベル3からレベル4への訂正の謎(2015ロステレコム)

2シーズン前の話になりますが、ずっとわからなかったことが最近解明できたので、ちょっとおつきあいください。


2015年のロステレコム杯、男子の試合結果でびっくりするような番狂わせがありました。

1位 ハビエル・フェルナンデス
2位 アディアン・ピトキーエフ
3位 アダム・リッポン
4位 ロス・マイナー


当初はこの順位だったのが、ロス・マイナーのFSのフライング足換えコンビネーションスピンのレベルが3から4に訂正され、0.5点上積みされたことで、3位のアダム・リッポンとの順位が入れ替わったのです。


試合結果
2015ロステレコム結果


ロス・マイナーのプロトコル。最後のスピンがレベル3からレベル4に訂正になっています。
マイナープロトコル



FCCoSpの基礎点(2015-2016版コミュニケーション第1944号より)
レベル3とレベル4では、このように0.5点の差があります。

FCCoSP基礎点



当時、意外な結果に驚いたのですが、当該スピンを何度見ても、どうやってレベルを4つ獲っているのかわからず、私にとっては“迷宮入り”案件になっていました。


(↓動画をクリックするとスピン部分のみ再生します。スローにするには、いったん再生してからすぐ一時停止し、画面右側の歯車マークから速度を0.5以下にしてください)




ところが、最近、ツイッターのフォロワーさんとこの話をしていて、試しに別の試合の同じスピンも見てみたところ、最後のアップライトストレートの前に足換えをしていることにふと気づき、足換え2回のパターンだとわかったのでした!ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪


こんなふうに、時間を置いて新たな気持ちで見てみると、当時わからなかったことがわかるということが、ままあります。


このスピンのレベル構成はこうです。

バタフライ-キャメル-シット-同じ足でのジャンプ①-シット-ジャンプ足換え②-シット-非基本姿勢③-足換え-アップライトストレート(クロスフット)④


①と④を右足で②と③を左足で獲っています。


バタフライはレベル特徴ではないの? と思われた方、1つ目のスピンFSSp4で既にデスドロップで難フライングエントランスとしてレベルを獲っているので、ここのバタフライではもうレベルは獲れないんです。


フライングキャメルでもいいところを、敢えて難しいフライングのバタフライで入ったのは加点狙いなのでしょう。


また、アップライトストレートはCCoSp3p4でも入れていますが、「スピンを楽しもう」シリーズのアップライトのページでご説明したとおり、アップライトストレートはフリーレッグを前にした形と後にした形でそれぞれレベルが獲れるので、ここでも難バリエーションとしてレベルを獲っています。



では最初、テクニカルパネルはどのレベル特徴を見落としたのでしょうか。



最後のアップライトストレート前の足換えがとてもさりげないので、足換えが2回あるレベル構成だということに気づかなかったのかもしれません。



それで、足換えのあるスピンは一方の足で獲れるレベルは2つまでなので、足換えが1回だとすると、足換え前は①、足換え後は②③のレベル3構成だと見なされたのではないでしょうか(ジャンプ足換えは足換え後の足のレベルとしてカウントされます)。



あるいは、難フライングエントランス(バタフライ)①、同じ足でのジャンプ②、ジャンプ足換え③、非基本姿勢④というレベル4構成で実施したが、難フライングは上でも書いたように既に使っているので却下とされたのかもしれません。



いずれにしても、2回目の足換えがわかりづらかったこと、2回目の難フライングを入れたことなどが、テクニカルにとって紛らわしかったのかなと思います。



ご参考までに、他の2つのスピンの構成です。

FSSp4→https://youtu.be/25wHDtR3q94?t=1m48s
難フライングエントランス(デスドロップ)①-シットフォワード②+8回転③-シットビハインド④


CCoSp3p4→https://youtu.be/25wHDtR3q94?t=4m9s
難エントランス①-キャメルアップワード②-足換え-キャメル-シットフォワード-アップライトストレート③(足換え後3基本姿勢④)
※このシットフォワードは難しい姿勢ですが、FSSp4で既にシットフォワードでレベルを獲っているため、ここでは獲れません。


いやぁ、こういう謎解きができると、達成感がありますね。
これだからスピンのレベル判定ゲームはやめられないんですよ(*^。^*)
[ 2017/06/20 ] スピンを楽しもう | TB(-) | CM(0)

~ スピンを楽しもうシリーズ 目次 ~

初心者向けスピンのレベル判定解説記事一覧です。

【2016/10/26追記】-----
競技未経験の素人がハンドブックに書いてあることを悩みながら解釈し、試行錯誤しつつ書いた記事です。
記事を書いた当時とは解釈が変わってきたものもあります。
たとえば、レベル特徴の「レイバックからビールマンへの姿勢変更」は深読みしてそれぞれ難しいバリエーション2つでレベルを獲っているとしていましたが、今は文面通りレイバック→ビールマンの姿勢変更でレベルが獲れると解釈しています。
ただ、記事中の記述はまだ訂正できていなくてそのままになっていますのでご了承ください。
---------------

(1) 三つの基本姿勢を覚えよう

(2) 「SEIMEI」のレベル判定
※ショーバージョンです。

(3) ルール勉強の必携アイテム
※テクニカルパネルとジャッジパネル用のルールブックなど。
 GOEとSOV(価値尺度)。プロトコルの探し方。

(4) さらっと読み流す 求められる構成とレベル特徴

(5) シットスピンの難ポジションを覚えよう

(6) キャメルスピンの難ポジションを覚えよう

(7) アップライトスピンの難ポジションを覚えよう

(8) レイバックスピンの難ポジションを覚えよう

(9) チェンジエッジを見分けるコツ

番外編  羽生結弦「バラード1番」レベル判定
※オータムクラシック

番外編 羽生結弦「SEIMEI」レベル判定

番外編 バラ1の変更点&過去記事の訂正
※NHK杯以降

(10) フライングはこの4パターンを覚えればOK

番外編 四大陸男子SPよりレベル取りこぼしの原因を探る

(11) スピン中のジャンプでレベルGET

(12) 8回転を数えよう

(13) 足換え後3基本姿勢

(14) 難エントランスを見分けよう

(15) ただちに行う両方向スピン

番外編 羽生選手FCSSp3の原因を探る
※2016年ボストン世界選手権FSより

(16) 難しい姿勢変更

(17) 明確な回転速度の増加

(18) レベル判定をしてみよう(例題編:2016ボストン世界選手権男子SPから)

(19) レベル判定をしてみよう(解説編:2016ボストン世界選手権男子SPから)

(20) レベル判定をしてみよう(例題編:2016ボストン世界選手権男子FSから)

(21) レベル判定をしてみよう(解説編:2016ボストン世界選手権男子FSから)

(22) レベル判定をしてみよう(いきなり解説編:2016ボストン世界選手権女子SPから)

(23) レベル判定をしてみよう(解説編:2016ボストン世界選手権女子FSから)

(24) 見た目OKでも減点や0点になるケース

(25) レベルを落とした原因を探る(ボストン世界選手権男子SPより)

(26) レベルを落とした原因を探る(ボストン世界選手権女子SPより)

(27) レベルを落とした原因を探る(ボストン世界選手権男子FSより)

(28) レベルを落とした原因を探る(ボストン世界選手権女子FSより)

(終) 2016-2017シーズンのルール改正のポイント


【連載は終了しましたが、スピン記事は「スピンを楽しもう」カテゴリで細々と書いています。
最近はツイッターでつぶやくことが多いので、そちらをチェックしていただいてもいいかと思います】



トップ記事に固定するために、投稿日付を未来にしてありますヾ(゚-^*)
[ 2017/03/14 ] スピンを楽しもう | TB(-) | CM(0)

【訂正】サモヒン選手のスピンがノーカンになった理由

【間違いをご指摘いただきましたので、元の記載を線で消して訂正しようとしたんですが、ゴチャゴチャしてかえってわかりにくくなってしまったので、書き直しました。2016/10/8】

オータムクラシック
ダニエル・サモヒン選手はSP7位
【リザルトページ】
https://skatecanada.ca/event/2016-autumn-classic-international/
【SPプロトコル】
https://skatecanada.ca/results/2016-ACI/CSCAN2016_SeniorMen_SP_Scores.pdf

1つ目のスピン。
FCCSp2*(フライング足換えキャメルスピン)
https://www.youtube.com/watch?v=7Cnes78uk6g&feature=youtu.be&t=1m3s

構成はこうなっています。☆はレベル特徴で、獲れたものは★です。

難フライングエントランス(トウアラビアンからのバタフライ)★-キャメル基本形+チェンジエッジ☆-キャメルアップワード☆-ジャンプ足換え★-キャメルフォワード☆

レベル特徴が5つもあるのは、本来入れるべきでないジャンプ足換えが入っているからです(これについては後述)。

チェンジエッジで大きくバランスを崩し、キャメルアップワードは1回転しかできていので、これら2つのレベルは獲れていません。

レベル2のうち1つはキャメルフォワードです。
もう1つが難フライングエントランスなのかジャンプ足換えのどちらなのかは、どうしてもわかりませんでした。

【訂正します。10/9】
レベル2は難フライングエントランスとジャンプ足換えです。見返してみて気づきました。
なぜキャメルフォワードでないのかは後述の【追記】をご覧ください。



最初、私はキャメルフォワードを、キャッチフット(フリーレッグのブレードを手でつかむ)して上体を起こして姿勢がしっかりと確立した時点から回転数をカウントし始め、それだと2回転に満たないので、姿勢が認定されていないのだと思っていました。

足換え前にはキャメル基本形で2回転回れている。
でも、最後のキャメルフォワードが2回転できていないということは、足換え後には2回転している基本姿勢がないということ。

それでノーカンになった理由はハンドブックP11「足換えありの単一姿勢のスピン:一方の足が基本姿勢で2回転に満たない」、つまり、足換えの前か後、どちらか一方だけしか基本姿勢がないとダメというルールに引っかかったのだと思ったのでした。

(蛇足ですがこのルール、なんで片方にしか基本姿勢がないとダメかというと、「基本姿勢で連続して2回転以上回る」というのはスピンを成立させる最低条件で、足換えの前後にそれが揃っていてこそ足換えスピンは成立する、片方にしかないと足換えスピンは成立していないということになって無価値になるのだと思います)


というふうに考えていたところ、しろねこさんより次のようなご指摘をいただきました。



↑(FCSSpでなくFCCSpの入力ミスですとご本人より訂正がありました)

そうか、ノーカンになったとはいえ、レベル2の表記があるということは、そもそもスピンとしては認められているということです。

私が考えた理由なら、スピンとして成立しないのでレベルは付かず、FCCSpという表記にならないとおかしいわけです。

【追記 10/9】
よく見ると、膝が伸びてキャメル姿勢になった後、2.5回転していて、基本姿勢で2回転はクリアしていますが、キャメルフォワードの姿勢確立からは2回転回り切る前にやめてしまっているので難ポジとしてのレベルは獲れていないようです。
となると、レベルが獲れたのはバタフライとジャンプ足換えということになりますね。

そうかアスタリスクか~! うっかりしていました。

そうですよね。ジャンプの跳びすぎ違反でも、そのジャンプに「*」マークが付いて無効になりますよね。
「*」が付いたということは、このスピンが規定違反だという意味です。


テクニカルパネルハンドブックP5にショート・プログラムでやらなきゃいけない3つのスピンの説明がありますが、フライングスピンには「1回のみ足換えありの」という表記はありません。ということは、やってはいけないということです。
(男子の場合、単一姿勢のスピンとコンビネーションスピンには表記があるので逆にやらなきゃいけない)。

だから、スピンとしてはFCCSp2(フライング足換えキャメルスピンのレベル2)として認定はされたけども、ショート・プログラムの規定違反なので「*」が付いて丸ごと無価値になってしまったということなんですね。

しろねこさん、ご指摘ありがとうございました。教えていただかなければ間違ったまま思い込んでいるところでした。

間違ったツイートは削除しました(´∀`*;)ゞ

サモヒン選手は本来なら足換えのないFCSp(フライングキャメルスピン)をやる予定だったはずです。
それがなんでやってはいけない足換えを入れちゃったのか。
チェンジエッジとキャメルアップワードで続けてミスって焦ったのか。
それは本人に聞かないとわからないですけども、なんとももったいないことをしてしまいました。


さて、2つ目のスピン。
CCoSp2V(足換えコンビネーションスピン)

https://www.youtube.com/watch?v=7Cnes78uk6g&feature=youtu.be&t=1m28s

このスピンはノーカンにはなっていませんが、レベルを落としている理由についてついでに見てみます。

☆がレベル特徴。レベルが獲れたものは★を付けました。

シットフォワード★+8回転☆-足換え-(キャメル基本形-シット基本形-非基本姿勢アップライト基本形アップライトストレート★)☆

シットフォワードは姿勢も定義を満たし、2回転できています。

8回転のところは7回転ほどしかできていません。

キャメル基本形とシット基本形はともに2回転未満で姿勢が認定されず(最初、シットの方はOKかと思ったけど、よく見たら回り切れていないようです)。

非基本姿勢については、ギリギリ2回転回れていると思います。甘めのテクニカルならOKにするかな? 微妙なところですが2回転未満のようです

足換え後、基本姿勢を3つやることでレベルを獲る予定が、キャメル基本形とシット基本形が姿勢認定されなかったため、基本姿勢が3つ揃いませんでした。

最後のアップライト姿勢は難ポジションのアップライトストレートのようにも見えますが、難ポジというには弱いような気がするので基本形だと思います。です。

レベル2は1つ目はシットフォワード、あと1つは非基本姿勢アップライトストレートですね。


【2016/12/13訂正】
空色羊さんより、中国杯FSのサモヒンのCCoSp4について、最後のアップライトはUSですよねとご確認があり、見返してみたらそれでレベル4獲れているので、このアップライト姿勢は難ポジのアップライトストレートですね。訂正したらごちゃごちゃになってすみません。



キャメル姿勢が認定されなかったのでスピン全体に基本姿勢が2つしかないということになり、Vが付いて基礎点が減りました。


最後のスピンです。
CSSp(足換えシットスピン)
https://www.youtube.com/watch?v=7Cnes78uk6g&feature=youtu.be&t=2m15s

☆はレベル特徴です。

難エントランス(イリュージョン)☆-シット基本形-同じ足でのジャンプ☆-シット基本形-足換え-シットサイドウェイズ☆-シットビハインド☆

イリュージョンはきれいにできて最初の2回転以内にシット基本形に達したものの、この姿勢で2回転できていません。

同じ足でのジャンプも着氷後2回転以内にシット基本形に達していますが、ここでも2回転できていません。

足換え後の2つの姿勢もともに2回転未満。

テクニカルパネルハンドブックP5「2回転の基本姿勢を伴わないスピンはレベルがなく無価値であるが、3回転に満たないスピンはスピンでなくスケーティング動作とみなされる」

連続して2回転以上できている姿勢が1つもないので、レベルも獲れず無価値。でもトータルすると3回転以上はあるので一応スピンとみなされるということでしょう。


スピン2つがノーカンで1つはVが付いてレベル2というのはかなり痛いですね。
彼がスピンで得た得点は2.3です。
もしレベル4であったなら、
FCSp4は3.2
CCoSp4は3.5
CSSp4は3.0
基礎点だけで9.7獲れていたはず。
差分の7.4を足すと単純計算で総得点189.9→197.3まで伸ばせていたところです。
今回はそれで順位は変わらなかったにせよ、もったいないですね。

0.01差で勝敗がつく今の時代、減点のないレベル4のスピンを3つ揃えるのは、トップを目指す選手にはもはや必須ではないかと思います。


[ 2016/10/08 ] スピンを楽しもう | TB(-) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。